FanFic―アメリカの二次創作の世界

ある本にぞっこん惚れ込むと読み終えてもなかなかその世界から離れなれない、それは全世界共通のファン心理です。それがこうじて二次創作をする、というのも普遍なファン心理です。
アメリカには、そんなファンたちが集まってお互いの二次創作(こちらではFan FictionまたはFan Fic)を読みあうサイトがあります。アニメやテレビ番組のカテゴリーもありますが、やっぱり本の二次創作が一番多いようです。
これは最も有名なサイトです。

投稿数を見ると、ファンが最も執着心を覚える本がすぐに分かります。
投稿数が一番多いのはHarry Potterで、現時点で約40万sign01です。そして二位のTwilightはそれよりもぐっと下がって6万6千、三位のThe Lord of the Rings4万2千です。万単位になっているのはこれら3作だけですから、それからもこれら三シリーズの人気のすごさを感じます。

面白いのは、Fan Ficから誕生する作家がいるということです。
ヤングアダルト向けのファンタジー「City of BonesThe Mortal Instruments シリーズ第一作)」でデビューしたCassandra Clareは、ハリー・ポッターのFan Fic人気作家だったのです。彼女の作品「The Draco Trilogy(Harry PotterのFan Fic)」と「The Very Secret Diaries( The Lord of the RingsのFan Fic)」は、新聞で取り上げられるほど人気が出ました。もちろん二次創作には問題がつきものです。これらの作品ではちょっとした法的な問題に巻き込まれた彼女ですが、力量を示したことで作家として発掘されたわけです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1416955070
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1416955070

Clareの強みは、Fan Fic体験から「何がファンを喜ばせるか」という心理を知り尽くしているところでしょう。
バンパイアなどの闇の魔物たちを退治するシャドーハンターが主人公のThe Mortal Instruments シリーズは、お世辞にも「インスタントクラシック」になるような上等のファンタジーではありません。根底にある哲学も登場人物もハリー・ポッターや指輪物語に比べると薄っぺらな感じです。けれども、「読み始めたらやめられない」ドラマ展開に気づいたときには中毒にさせられていて、シリーズを読み続けたくなる執着心ができあがっています。

読みやすさはTwilight程度(★★★と★★★★の中間)で、とても読みやすい本です。

追記:明日(日本時間25日の夜)あたりにもう少し詳しい書評を載せます。

オンライン無料購読-歴史ファンタジーThe Patriot Witch

私が暮らしているのは、日本では村上春樹さんの「レキシントンの幽霊」の舞台として、アメリカでは「独立戦争勃発の地」として有名なマサチューセッツ州レキシントン町です。
C.C. FinlayThe Patriot Witchは独立戦争の時代のレキシントンを舞台にした歴史ファンタジーということで、個人的に興味を抱いています。
出版社はランダムハウスに属するSFとファンタジー専門のDel Ray。ランダムハウスはアマゾンのkindleでの無料キャンペーンなど他社に比べるとオンラインでのマーケティングに力を注いでいる出版社です。
(注:本ブログは法に触れる無料e-bookやそれらを奨励するサイトはご紹介しませんので、よろしくご了承お願いいたします。ご紹介するのは、著者または出版社のキャンペーンとして無料になっているもの、あるいは著作権が消失したものです。キャンペーンが終了するとこのページでも読めなくなりますので、ご了承ください)

The Patriot Witch by C. C. Finlayhttp://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=12344410&access_key=key-chrqhwud4z43lvk41q9&page=1&version=1&viewMode=list

販売用ではない本のお話し-Uncorrected ProofとAdvance Reader’s Copy

アメリカでは、日本には存在しないUncorrected ProofとかAdvance Reader’s Copyと呼ばれる形の本があります。

これらは、出版の前の段階で作られた販売用ではない本のことです。評論家に渡して書評を書いてもらったり、マーケティングのために使われたりするもので、印刷の時期、装幀、数はそれぞれ異なります。通常の印刷よりも数が少ないためにけっこうコストがかかり、(有名作家のサイン入りなど)本によっては販売されたものよりもコレクションの価値が上がることもたまにあります。

Uncorrected Proofと呼ばれるのはまだ校正が初期の段階で以下のような感じが多いです。

ブックフェアなど大きな催しに間に合うようにとりあえず「今の段階」で作るというものですね。5月に催されるブックエキスポ・アメリカでは、11月出版予定の作品がすでにこんな形で姿を表したりします。まだ校正されていないものですし、表紙もないので、コスト的には次にご紹介するものより廉価です。沢山タイポとかが見つかりますし、これから内容がずいぶん変わることもあります。 

Ruined_books_015

次は出版が近いもので、表紙もできているものです。通常Advanced Reader's Copyと呼ばれるのはこのようなものです。ハードカバーのデザインがついたソフトカバーのような感じですね。たいていの作品はソフトカバーになるとデザインが変わるので、そういう意味では「レアもの」です。少数しか印刷しないので、1冊につきハードカバーよりもコストがかかります。コストがかかりますから、こんなに綺麗に作られている本は、出版社が力を入れているものだとすぐに分かります。

2012年追記:電子書籍が普及してきたので、コストがあまりかからない電子書籍でARCを配布するNetGalleyが流行っています。最近はブロガーの影響力が尊重されていますので、NetGalleyでARCを読む人も増えてきました。けれども、その出版社の利益にならないと判断されるとリクエストしても拒否されますので、ご留意ください。

Ruined_books_010

こんなふうに裏側に本の情報とマーケティング戦略などが書かれています。

Ruined_books_011

他にもいろいろな呼び方があり、Uncorrected Advanced Proofなんてのもあります。Ruined_books_013

 

Ruined_books_012

全世界に激賞を広めるルールを教える書-World Wide Rave

本ブログでご紹介したマーケティングとPRの実践ネット戦略 」の著者David Meerman Scott(私の夫です)の5冊めにして最新作の「World Wide Rave」がWiley社から発売されました。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0470395001&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0470395001&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

「Dummiesシリーズ」でおなじみのWiley社の春季いちおしビジネス本です。
World Wide Raveというタイトルは、World Wide Wave(インターネットのwww.)と一字違い。静かな水面に小石を投げるように、ひとりが発信したメッセージ、アイディア、プロダクトがネット上で多くの人のRave(激賞)となって広がってゆくことを表現した(彼がある日flairと考え付いた)造語です。

この本には、WWRを引き起こすための6つのルールとこのルールに従ってマーケティングに成功した企業や個人の事例、そしてそこから学ぶマーケティングの心得が載っています。

私が個人的に「なるほど!」と思って実行した心得がp125のThink Like A Venture Capitalistです。ベンチャーキャピタリストは、投資した事業がすべて成功するとは思っていません。というよりそのうちいくつかはポシャることを計算に入れています。また、マジョリティが「元が取れる」程度の成功であっても、1つが大ヒットすればそれで儲かるわけです。ソーシャルメディアを使ったマーケティングの素晴らしさは元手がそんなにかからないことです。ですから、「これをやって本当にうまくゆくのだろうか?時間の無駄ではないか」と最初から尻込みせず、「10やって1つでもうまくゆけばそれでいいや」くらいに気楽に飛び込めばいいのです。マーケティングだけでなく、人生のいろんな場面に使えそうな心得ですね(ガールフレンド/ボーイフレンドに使うのはあまりおすすめできませんがcoldsweats01)。

これはそれをビジュアルに表現したビデオです。「World Wide Rave」に登場する“WWR成功者”を含め全世界から100人以上の人が参加しています。その詳細はDavid Meerman Scottのブログをご覧ください

>

World Wide Raveは、個人のみならず企業や公共機関のマーケティングとPR関係者も対象にしています。前回の「The New Rules of Marketing and PR」とはことなり、今回のWWRは薄めですから原書でも読みやすいと思います。ぜひお試しを!

不況の時代だから売れるベストセラー

これからの不況の時代に売れる分野は、たぶん「経済」と現実逃避のための「娯楽作品」でしょう。
ということで、現在よく売れている経済関係の本ですが、それらは以下の二つの分野に分かれます。

A:現在と未来の国内外の経済状況を理解するための本
B:個人の経済状況を改善するハウツー本

まずは、

A:現在と未来の国内外の経済状況を理解するための本

1.Melt Down
 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1596985879&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

先日ご紹介したこの本は、22日現在でアマゾン27位。この分野で最も売れている本です。読者評価も現在のところこの分野では最も良いようです。

2.When Giants Fall
 

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=047031043X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

これもMelt Downと同じく2月9日に発売されたもの。米国というジャイアンツが崩壊するとどうなるか、という未来を予測する内容。
作者はイギリスHSBC、ソロスファンド、オランダABNアムロ銀行、ドイツドレスナー銀行、アメリカJPモルガン・チェースなどで25年間勤務した投資専門家のマイケル・パンズナー。現在の金融崩壊が起こる前に著書Financial Armageddon(翻訳版「金融ハルマゲドン」)でそれを予告したことで知られています。けれども、両書とも、読者は狭い情報から結論を導きだしていることや表層的な分析を批判しているようです。Melt Downほど良い反応は得ていません。

3.The Return of Depression Economics and the Crisis of 2008

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0393071014&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

プリンストン大学の教授でノーベル賞受賞者のPaul Krugmanの最新作。2008年12月に発売されたものですが、現在でもベストセラーを続けています。通常の不況と恐慌での対応策の差などを説明したものです。90年代に日本が体験した不況についても分析しています。現在の恐慌への対応策については、それぞれの作家が非常に異なる提言をしていますので、1冊だけで判断することはできないでしょう。

4.Lords of Finance

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=159420182X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

これは現在の経済ではなく、過去の大恐慌を解説した作品です。世界銀行の元エコノミストでファンドマネジャーのLiaquat Ahamedが、ニューヨークのFederal ReserveのBenjamin Strong、 英国Bank of England のMontagu Norman、 仏国Banque de France のEmile Morceau、独国ReichsbankのHjalmer Schachtの4人の銀行家の決断がいかに大恐慌とそれに続く金融の混乱を引き起こし、それが第二次世界大戦に影響を及ぼしたかを語っています。
現在の不況が問題化する前に書かれた作品ですが、絶妙のタイミングで出版されました。タイムリーだというだけでなく、歴史ものとしてなかなか読み応えがある作品のようです。これはベストセラーのみならず、ロングセラーになる可能性があります。読者の評価も高いようです。

B:個人の経済状況を改善するハウツー本

1.Get Motivated!

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0385524692&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

タイトルどおり、やる気を奮起させるための本です。分かっていてもその気になれないのが人間の性。不況の時代だからこそ、こういう本が売れるのでしょう。

2.Suze Orman’s 2009 Action Plan

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=073932859X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

スージー・オーマンの優れたところは、経済や金融にまったく無知な中流からワーキングクラスの人々の心理をよく理解しているところです。そして、彼らにできることを、彼らの言葉で語ることでしょう。毎年似たような本を何冊も出版していますが、それでも必ずベストセラーになるのは、どのような経済状況にあっても「ふつうの人々」が常に同じような過ちを繰り返すからです。これは現在の不況にあわせた行動プランです。

Educating Peter-簡単にワインを学ぶ本

作者:Lettie Teaque
出版日:2007年3月
カテゴリー:ノンフィクション/ワイン

お金をかけずにワイン通のフリができるようになる本

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0743286782&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

本当のワイン通になろうと思ったら、ビンテージワインを含めて有名なワインを全部飲んでおく必要がありますし、何度も飲み比べる経験を積まなければなりません。ですから相当お金がかかります。ワインに凝るようになると貯金ができない、というのは私の義弟の過去20年の行いからも事実です。
そのようなわけで通を目指すつもりは毛頭ない私ですが、レストランでワインを注文するときなどに恥をかかない程度の知識はほしいと思ってきました。アメリカのレストランで恥をかくことはほとんどありませんが、フランスを旅行したときには高級レストランのウエイターの値踏みするような視線がちょっとつらかったです。
「お金をかけずに最低限度のワインの知識を得るためにはどうしたらよいのか?」という私の悩みに答えてくれたのが「Food & Wine」誌のワイン担当編集者のLettie TeaqueによるEducating Peterです。Teaqueに会ったのは、私の夫の大学の同窓会でのこと(こちらは家族で参加するのですよ)。彼女の友人でローリングストーン誌の映画評論家であるPeter Traversは私のように「10ドルくらいで美味しい赤ワインを教えてちょうだい」程度のワイン通で、「このワインはまずい」とか「このカバルネはメルロみたいな味だ」といった大雑把なワイン評価しかできなかったとのこと。この本は、その無知なPeterにワインを教えるために書いたというので手にしたところ、そのとおりに簡潔で読みやすい本でした。

この本を読んだからといってワイン通になることはできませんが、レストランでワインを注文するときに(無知なときと同じワインを注文するにしても)堂々と胸を張ってできるような気がしてきました。
また、即座に役立った情報は「良いワインは古くなるほど良くなるけれど、私がお店で買う程度のワインの場合は数ヶ月以内に飲まないと駄目になる」、ということです。それを読んで大慌てで何年も大事に取っておいた40ドルのワインを開けたところ、やっぱり駄目になっていました。トホホ。。。これからはすぐに飲むようにします。
それと、各国のワインの紹介も簡単で覚えやすく、旅行のときには必ず予習をして地方のワインを試そうと思いました。

●ここが魅力!
ワイン通には恥ずかしくて質問できないような基礎の基礎を学べるところです。
高みを目指していないこと、そして実際に役立つ知識だということも魅力です。
それから最後にFinal Exam(修了試験)があります。これに合格したら、あなたもワイン通!

●読みやすさ ★★★☆☆
非常に読みやすい本です。難しい単語はすべてワインに関する固有名詞か表現です。

Wicked- ミュージカルとは異なる原作

著者: Gregory Maguire
初刊:1995年9月
ジャンル:純文学/ファンタジー/SF/社会風刺

「考える」ことを強要する読書体験を求める読者におすすめ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0061350966&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4797342706&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

今は人気ミュージカル「Wicked」の原作者として有名なMaguireですが、それまではさほど有名ではない児童作家で、6年前まで私の娘が通っている小学校に創作を教えに来てくれていました。彼は茶目っ気がある人物で、教え方もちょっとWickedで可笑しいのです。子供たちはMaguireが自分たちと同じ視点で語ることを肌で感じ、すっかり彼に魅了されていました。

そのようなわけで、私がWickedを読んだのはずいぶん昔のことです。一緒にボランティアで企画に関わっていた先生方はニューヨーク市までミュージカルを観に行ったのですが、私は見逃しています。ただ、観た人の話から判断すると、相当トーンが異なるようです。原作は複雑で暗く、私は、「軽い気持ちでは読めない本だけれど、読み応えがある」という感想を抱きました。私がこの本に好感を抱いたのは、それまでにMaguireの社会観に触れていたからかもしれません。この本は、彼のように取り付きやすい外面にもかかわらず、中身が非常に複雑なのです。

まず、これは誰でも知っている「オズの魔法使い」をドロシーではなく、彼女が殺すことになったWickedな西の魔女Elphabaが主人公の物語です。これだけの説明だと「あら、面白そう」と軽く読めそうな気になりますが、そうはいきません。緑の肌と鋭い牙を持つ危険な赤ん坊のElphabaが学問好きでシリアスな少女に育ち、そしてアンダーグラウンドの革命家や動物の人権運動家になり、ついにWickedな統率者として死を迎えるまでの人生を、相当複雑な宗教・社会・政治的観点から描いています。簡単にElphabを善か悪のカテゴリーに入れることはできないので、それも読者にとってはチャレンジです。
この物語を嫌う読者の心情も容易に想像できます。
主人公のElphabaに同情を覚える読者はいるかもしれませんが、感情移入は困難です。また、読後に暖かい気分になれる「feel good」なストーリーでもありません。
けれども、もし私がこれを学生時代に読んでいたら、「これほどすばらしい本を読んだことはない」と言ったと思うのです。

ミュージカルの原作、という先入観で読むとがっかりするかもしれないので、それとは異なる作品として読んでいただきたいと思います。

●ここが魅力
単純なハッピーエンドや勧善懲悪、倫理観を押し付ける作品、などに辟易している方にとっては非常に面白く感じる娯楽作品でしょう。
ゲイで、パートナーとともに多くの子供を外国から養子に迎えているMaguireだからこそ描ける複雑な社会観を感じます。ともかく、いろいろと考えさせられる本です。

●読みやすさ ★☆☆☆☆
ざっと読み飛ばすことはできませんし、読み飛ばすと良いところが失われます。
最初の展開がスローなので、入り込みにくく感じるかと思います。また、長編で、しかも登場人物が多く、名前も覚えにくいのが難点です。
ネイティブでも最後まで読みきることができずに投げ出す者がけっこういるようです。

●アダルト度 ★★★☆☆

セックスシーンはありますが、Twilightシリーズと比べるとさほどでもないという感じです。ただし、政治・宗教など複雑なコンセプトは小学生や中学生にはなかなか理解できないし、面白くもないと思います。高校生以上が対象です。

今週のニューヨークタイムズ紙ベストセラー(ノンフィクション・ハードカバー編)

今週のNYタイムズ紙ベストセラーのノンフィクション・ハードカバーにはあまり動きがないので、今週16位に入った注目の作品のみご紹介します。

Meltdown: A Free-Market Look at Why the Stock Market Collapsed, the Economy Tanked, and Government Bailouts Will Make Things Worse

経済学者ではなく、歴史学者のTom Woodsによる現在米国が直面している不況がなぜ起こったのか、Bailoutが状況を悪化させると考える理由などを説明した本です。Amazon.comではニューヨークタイムズのベストセラー上位の作品よりも売れていますし、読者評価も高いようです。ただし、Tom Woodsがカトリックに改宗した保守派であることを念頭に読む必要はあるでしょう。政治経済に関する本はすべて著者の政治的な立場を理解してから読まないと公平な視点を失う危険があります。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1596985879&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

今週のニューヨークタイムズ紙ベストセラー(フィクション・ハードカバー編3月1日)

今週のNYタイムズ紙ベストセラーベストセラーのリストでは、おなじみのベストセラー作家の新作とシリーズものが多く、個人的に注目の作品はChristopher MooreのFoolだけです。

いつも腹立たしく思うのですが、どうして読者評価がこれほど低い作品ばかりニューヨークタイムズのベストセラーに入るのでしょう?それと、質の低いシリーズものばかり。なぜならば、書店がこういう本ばかり山積みするからです。読者は山積みされている本に手を伸ばしますが、置いていない優れた本は買えません。すでに経営が困難になりつつある書店がこういう態度を続けていると、(私のように)読者は書店を捨ててAmazonに移ってゆくでしょう。
新登場のものだけリンクを載せています。その他の作品は過去の「ベストセラーリスト」をご参照ください。

1. The Associate by John Grisham
弁護士モノで有名なジョン・グリシャムの新作。読者評価は非常に低い。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0385517831&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

2. Run For Your Life by James Patterson and Michael Ledwidge
新登場。1年に数冊出版する多作で有名なジェームズ・パターソンが共著のミステリー・サスペンス。読者の評価は、つい最近までベストセラーに入っていたパターソンの作品「Cross County」よりましだが、決して「良い」とはいえない。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1846052653&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

3. The Host by Stephenie Meyer
ヤングアダルト向けロマンスTwilightの作者ステファニー・マイヤーが大人を対象に書いた初めてのSF。Twilightシリーズを読み終えたファンがこちらに移動してきているよう。詳しくは洋書ファンクラブをどうぞ。

4. Fool: A Novel  by Christopher Moore
シェークスピアの「リア王」の道化師がナレーター。ムーア独自のユーモアある語りが魅力。読者の評価は他のベストセラー作品よりも高い。期待はずれではないということだろう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0060590319&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

5. Bone Crossed by Patricia Briggs
シェープシフターやバンパイアが出てくるパラノーマル+ロマンスもの「Mercy Thompsonシリーズ」の第4作。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1841496863&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

6. True Colors by Kristin Hannah
ベストセラー作家Kristin Hannahによる三姉妹のライバル心、裏切り、許しを描くドラマチックなドラマ。読者の評価は高い。期待どおりの作品ということだろう。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1602854114&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

7. The Story of Edgar Sawtelle byDavid Wroblewski
オプラ・ウィンフリーがOprah’s Book Clubの作品に選んで以来ずっとベストセラー。言葉をしゃべることはできないが犬が理解できる少年エドガーが主人公で、ハムレットのテーマが根底にあるとのこと。読者の感想を読むと、すばらしい部分とそうではない部分が混在する作品のようである。好き嫌いが分かれている。

8. The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society by Mary Ann Shaffer and Annie Barrows
ジャーナリストのジュリエットは、Guernsey島に渡り、第二次大戦中ナチスドイツに抵抗した住民たちに会う。Feel Good Story(心温まるお話)というのが読者に一致する感想。批判する者は、物語がスムーズにまとまっていないことや、登場人物の描き方が典型的すぎて本物らしくないことを挙げている。まとまりについては、作者の死が影響しているかもしれない。

9. Plum Spooky by Janet Evanovich
女性バウンティ・ハンター(保釈中に逃亡した者を探し出して連れ戻す職業)のプラムが主人公のシリーズ最新作。軽くてユーモアがあり、読みやすいのがこのシリーズの魅了のよう。だが、この本に関しては、Amazonの読者レビューを読むと、このシリーズをずっと読み続けたファンでも「可笑しい(Funny)というよりも馬鹿げている(Silly)だ」と「これがPlumシリーズを読む最後」と怒っている。また、その数が多い。約4割はあまり良い感想を抱いていない。

10. Very Valentine by Adriana Trigiani
マンハッタンを舞台にしたイタリア系アメリカ人一家のサガを描く三部作の第一部。
Adriana Trigianiの作品は、Lucia, Luciaだけしか読んだことがないが、個人的な感想は「この本がなぜ売れるのか理解できない」というもの。特にドラマチックな展開があるわけでもなく、文章が美しいというわけでもなく、テーマが新しいというわけでもない、普通の人生ドラマ。かといって、悪い本ではない。バイオレンスやホラーを避けたい人が安心して読める作家。中高年の女性に人気があるよう。

Graceling-ヤングアダルトのファンタジーファンに大人気

著者: Kristin Cashore
発売日:2008年10月1日
ジャンル:ファンタジー/ヤングアダルト/ロマンス(やや)

強くて美しく、けれども非社交的で怒りっぽいヒロインの自分探しの冒険

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0547258305
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0547258305

中世を思わせる架空の王国では、右と左の目の色が異なる「Graceling」にはある特定の才能がある。青い目と緑の目を持つKatsaの才能は「殺し」。幼いときに自己防衛で叔父を殺して以来、王子であるいとこ以外に友と呼べる者も心を許せる者もいない。この才能ゆえに王から脅しの使徒として使われているKatsaは、命令に背く選択が許されない立場とはいえ自分の行動を恥じ、平和のための秘密組織を運営している。
隣国の王の年老いた父が誘拐されるが、どの国の王が命じたことなのか誰にもわからない。その国の末っ子の王子で金と銀の目を持つGracelingのPoとKatsaは、この謎を解くために危険な旅に出る。

ヒロインのKatsaは他人の怠慢や弱音が我慢ならず、すぐに苛立ち、けんか腰になる癖がある。心の奥底では友人や友情を求めているくせに、それを得るためにどうしたらよいのかは分からない。そもそも他人の心境を理解することができないし、したいとも思わないのだ。こういうところは、アスペルガー患者の回想記を読んでいるような感じがしないでもない。
彼女に他人を信頼することを教えたのが、Poである。Poのキャラクターは、たぶん娘や彼女の友人たちの理想の男性像に近いだろう。強い戦士だが、女性のKatsaに劣ることは平然と認めるし、欠陥だらけのヒロインを受け入れる懐の深さがある。つまり、真に自信がある男性なのだ。唯一困った特徴は彼のGracelingとしての才能である(これは内緒)。

私の娘やその友達、そしてAmazon.comの読者の評価からは、女子中学生から高校生に長く愛されるロングセラーになることが予測される良質のファンタジーである。

●ここが魅力!
これも高校生の娘とその友人たちのために探してきたヤングアダルト向けのファンタジー+ロマンス本です。ロマンスの要素はあるのですが、普通のロマンスと異なるのはヒロイン自身が普通のロマンスを拒否するところです。つまり、王子様に愛されて、結婚して、めでたし、めでたし、というエンディングではなく、ヒロインが自分を見失わずに成長する物語なのです。
娘とその友人たちのお気に入りの本のひとつになりました。
また、本を読んだ後で母娘であれこれ感想を話し合えるのもよいところです。

●読みやすさ ★★★☆☆
ファンタジー特有の造語が多いために読みにくい印象を受けるかもしれませんが、基本的には簡潔で読みやすい文です。Twilightが読めた人であれば難なく読めるでしょう。

●アダルト度 ★★★☆☆
マイルドですがセックスシーンがありますので、小学生向けではありません。
14歳以上のヤングアダルトが対象です。

●これが気に入った方はぜひ続編(前編)Fireをどうぞ

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0803734611
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0803734611