子どもたちからのサンタクロースへのお手紙 Letters to Santa Claus

著者:The Elves(サンタのお手伝いのエルフたち)
ハードカバー: 203ページ
出版社: Indiana Univ Pr
ISBN-10: 0253017939
発売日: 2015/10/5
適正年齢:G(サンタを信じている子どもと、信じていなくてもユーモアが好きな大人)
難易度:中学校で習う英語程度で理解できるものが多い。
ジャンル:手紙集
キーワード:クリスマス、サンタ、手紙、プレゼント

アメリカのインディアナ州にSanta Claus(サンタクロース)という名前の町がある。
1854年に町ができたときには、Santa Fe(サンタ・フェではなく、サンタ・フィーと読む)だったが、郵便局を申請したときに「すでにこの名前は別の場所で使われている」と拒否され、Santa Clausと名前を変更したという。

世界でこのSanta Clausという名前を持つ郵便局は、インディアナ州のこの町の郵便局だけらしく、世界中の子どもたちからサンタ宛ての手紙が届くようになり、住民ボランティアが全員に返事を書くのが町の伝統になった。
少なくとも、1914年から、つまり100年以上続いているという。

この本は、1943年に創設されたSanta Claus Museum & Villageが子どもたちから受け取ったサンタへの手紙をそのまま掲載したものだ。夥しい数の手紙の中から選ばれただけあって、頬が緩むもの、吹き出すもの、腹を抱えて笑えるもの、呆れるもの、涙が出るもの、とバラエティたっぷりだ。

1940年代から現在まで年次順になっており、時代での子どもたちの変遷(あるいは変わらぬ子どもの発想)が読めて面白い。

7歳の甥にプレゼントしたところ、その場で声を出して読み始めた。
子どもだけでなく、集まりでは話のタネになるし、大人も楽しめるお得なクリスマスプレゼントだ。

日本ではもう間に合わないかもしれないが、アメリカならまだ大丈夫だから、プレゼントに困っている人におすすめ。

子どもたちからのサンタクロースへのお手紙 Letters to Santa Claus” への2件のフィードバック

追加

  1. 楽しそうな本ですね。住民ボランティアの方々が全員に返事を書くというのもすてきです(英語以外の言語で書かれた手紙が届いたりすることもあるのかしら)。

    サンタへの手紙といえば、10日ほど前のイギリスのテレビニュースでこういうのがありました。建築業者の一家が作業中に、70年以上前に書かれたサンタへの手紙が煙突の中に残っているのを見つけ、手紙を書いた本人を探し出してプレゼントを渡した、というものです。暗いニュースが多い中で、少しほっこりした気分になりました。
    http://www.bbc.co.uk/news/uk-england-berkshire-35063353

    いいね: 1人

  2. Sparkyさん、

    笑えるのもあるし、思わずもらい泣き、というのもあります。
    そういう意味で、大人のほうが楽しめるかもしれない本ですw

    イギリスのニュース、すごいですね!こういうニュース好きです。
    お知らせありがとうございます。

    渡辺

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。