2016年 ニューベリー賞発表

Screen Shot 2016-01-11 at 8.36.15 AMニューベリー賞など、ALA(アメリカ図書館協会)による児童書の重要な賞がボストンで発表になりました。

その中から代表的な賞の結果をお知らせします(詳しくは、公式サイトをどうぞ)。

(さらに…)

ニューヨークで暮らす多様な人々を集めた人気写真集『Humans of New York』の子供版 Little Humans

著者:Brandon Stanton
ハードカバー: 32ページ
出版社: Farrar Straus & Giroux
ISBN-10: 0374374562
発売日: 2014/10/7
本のサイズ: 23.7 x 1 x 23.4 cm
適正年齡:G(子供から大人まで誰でも)
難易度:初級(文章は少なくて、簡単)
ジャンル:写真集/児童書(4歳〜7歳)
キーワード:ニューヨーク、子供、人種、宗教、ファッション
2014年「これを読まずして年は越せないで賞」候補

著者のBrandon Stantonは、シカゴ商品取引所で3年間トレーダーをやっていた。しばらくは順調にお金儲けをしていたが、失敗して職を失い、その後ニューヨーク市に移って写真を撮り始めた。

何にでも凝ってしまう傾向があるStantonは、ニューヨークを歩きまわって、今までに5000人以上のポートレートを撮り、彼らにまつわる50の逸話を書いた。それを掲載したサイトHumans of New York
が人気になり、昨年2013年にHumans of New Yorkが発売され、ベストセラーになった。

(さらに…)

子どもへのプレゼントにぴったり。今年刊行の新しいクリスマス絵本 The Animals’ Santa

著者:Jan Brett
ハードカバー: 32ページ
出版社: Putnam Juvenile
ISBN-10: 0399257845
発売日: 2014/10/21
適正年齡:G(2ー6歳)
難易度:初心者向け
ジャンル:絵本
キーワード:クリスマス、動物

 

クリスマスになると、毎年この時季に再登場するロングセラーから新顔まで、書店に豪華な絵本がずらりと並びます。

今年の新顔でちょっと目立つのが、ベテラン絵本作家のJan Brettの作品です。

Jan Brettが描く精密な動物のイラストは、日本人が描く精密さとは少し雰囲気が違います。
そして、なぜかほかの精密なイラストよりも子どもたちを惹きつけるのですよね。日本にも彼女の絵本のファンは多いようです。

(さらに…)

BEA報告1 楽しすぎる絵本作家Jon Klassenさん

今年もBEA(BookExpo America)に来ています。詳しい報告は後ほどいたしますが、とりあえずお会いした素敵な作家さんたちをご紹介していこうと思います。

まずは、本ブログで作品をレビューしたJon Klassen(ジョン・クラッセン)さんです。

とっても快活でフレンドリーなクラッセンさんとは、犬や猫の話をしました。

IMG_1100

お喋りしながら、サラサラとイラストを描いてくれるクラッセンさん

(さらに…)

猫好きなら絶対に楽しめる詩集『I Could Pee on This』

著者:Francesco Marciuliano

ハードカバー: 112ページ

出版社: Chronicle Books

ISBN-10: 1452110581

発売日: 2012/8/15

適正年齢:PG10(小さい子どもすぎると分からないシチュエーションがあるから)

難易度:初心者から読めるが、ニュアンスが掴めない場合もあるだろう。

ジャンル:詩、ユーモア

キーワード:猫、犬、動物と飼い主の間の愛情

 

猫に関する新刊ノンフィクションを購入するつもりで、偶然みつけたこちらの虜になってしまった。2012年の発売なので既にご存知の方はいるだろうが、私のように見過ごしていた人もいると思うのでご紹介する。

(さらに…)

私の子供時代を思い出させてくれた絵本『Journey』

著者:Aaron Becker

ハードカバー: 40ページ

出版社: Candlewick

ISBN-10: 0763660531

発売日: 2013/8/6

適正年齢:G(子供から大人まで制限なし)

難易度:文字がないので誰でもOK

ジャンル:絵本

キーワード:空想/想像での旅

 

この絵本を見たとたん、子供時代の思い出で胸がいっぱいになった。

山陰の田舎町で生まれ育った私の人生を変えたのは、私が幼稚園のときに母が購入を始めた『少年少女 世界の名作文学』だった。

(さらに…)

ハロウィーンにぴったりのユーモアホラー絵本『Creepy Carrots!』

著者:Aaron Reynolds(文)、Peter Brown(イラスト)

ハードカバー: 40ページ

出版社: Simon & Schuster Books for Young Readers

ISBN-10: 1442402970

発売日: 2012/8/21

適正年齢:PG6(幼稚園〜小学校低学年)

難易度:初心者向け

ジャンル:絵本/ホラー/パロディ

キーワード:不気味

コールデコット賞オナー作品、ALA(全米図書館協会)Notable Children's Book賞受賞

 


この前にご紹介した『The 13-Story Treehouse』で、「ネットでしか見つけられない隠れた良書もあれば、書店だからこそ遭遇できる本もある」と書いたが、これは大手書店チェーンのバーンズ&ノーブル(しかもボストン界隈では最も大きな店舗)に在庫がなかった絵本である。今年のコールデコット賞オナー作品でありAmazon.comでも人気が高いのだが、児童書部門の書店員は「聞いたことがない」と答えたので驚いた。

ハロウィーン用の絵本ではないが、珍しい「ホラー絵本」なので、ハロウィーンのこの時期にご紹介することにした。

(さらに…)

簡単に学べるアメリカの基本マナー参考書 A Smart Girl’s Guide to Manners

著者:Nancy
Holyoke

ペーパーバック120ページ

出版社:
American Girl

出版日:2013年8月(改訂版発売予定日)

サブジャンル:アドバイス/マナー

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1584859830
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=1584859830

最近加わったスポーツジムには、場所がらアジア人が多い。

先日、見知らぬ白人と入り口で出会ったとき、失礼な態度を取られて驚いた。この地区に越してきて15年以上経つが、こういった経験はほとんどなかったので、「私が何をしたのだ?」と疑問に思い、ちょっと傷ついた。けれども、何度か通ううちに、彼がそういう態度を取った理由が分かってきた。

メンバーのアジア人に、マナーを知らない人が、あまりにも多いのである。

(さらに…)

日系人強制収容の歴史を次世代に教える児童書 Best Friends Forever

著者:Beverly
Patt

ハードカバー 92ページ

出版社:Amazon
Children's Publishing

出版日:2010年4月


サブジャンル:歴史小説/日系人強制収容所/スクラップブック/友情/心温まる本

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0761455779
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0761455779

1941年12月の真珠湾攻撃に引き続く開戦で、アメリカでの反日感情は高まっていた。日系人の忠誠心は母国の日本にあると信じる者は多く、1942年、ついに西海岸に住む日系アメリカ人はワシントン州の強制収容所に送り込まれる。

(さらに…)

友情とヒューマニティについて考えさせられる児童書 One and Only Ivan

著者:Katherine
Applegate

ハードカバー 320ページ

出版社:Harper Collins

出版日:2012年1月

ジャンル:児童書/動物/友情

2013年 ニューベリー賞受賞作品

2013年 これを読まずして年は越せないで賞候補作(渡辺推薦)

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0061992259
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=000745533X

Ivan(アイヴァン)はさびれたショッピングセンターで見世物として飼われているゴリラである。閉じ込められているガラスの檻のことを「domain(領地)」と呼び、故郷のジャングルのことも思い出さない。

Ivanは、毎日ゾウのStellaと野良犬のBobとおしゃべりをし、テレビを観て、絵を描く。描いた絵は、オーナーのMackが店で売る。それがIvanの人生である。

センターの掃除係が連れて来る幼い娘JuliaとIvanは、言葉が通じなくてもアーティスト同士だから分かり合えるものがある。IvanはJuliaの励ましで新しいアートに目覚める。

(さらに…)