トランプ大統領と偽ニュースに翻弄される現在のアメリカは、コロンブスが大陸を発見した500年前からすでに基盤が出来ていた。それを解説するユニークな歴史書  Fantasyland

作者:Kurt Andersen
ハードカバー: 480ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 1400067219
発売日: 2017/9/5
適正年齢:PG12
難易度:上級
ジャンル:ノンフィクション(歴史)
キーワード:ドナルド・トランプ、偽ニュース、ピルグリム、プロテスタント、清教徒、セーレムの魔女裁判、ゴールドラッシュ、ハリウッド、ディズニーランド、ヒッピー、キリスト教原理主義者、キリスト教右派、銃文化

(さらに…)

12歳で体験した集団レイプと、その後遺症としての肥満。『Bad Feminist』の著者が語る率直な苦闘 Hunger

作者:Roxane Gay
ハードカバー: 320ページ
出版社: Harper
ISBN-10: 0062362593
発売日: 2017/6/13
適正年齢:PG15(集団レイプのトピックあり)
難易度:中級+
ジャンル:回想録/エッセイ
キーワード:レイプ、性暴力、肥満、自己嫌悪、バイセクシュアル、gang rape, self-loathing、morbidly obese、obesity


(さらに…)

ナチス・ドイツの「邪悪の正常化」をくりかえさないために精神医学の専門家らがトランプ大統領の危険性を訴えた本 The Dangerous Case of Donald Trump

著者:Bandy Lee(編集)、27人寄稿
ハードカバー: 360ページ
出版社: Thomas Dunne Books
ISBN-10: 1250179459
発売日: 2017/10/3
適正年齢:PG15(特に問題の表現はないが、理解できるとしたら高校生以上)
難易度:中級+(論文式なので、日本で英語を学んだ人にとってはかえってわかりやすいだろう。単語は専門用語が多いので調べる必要あり)
ジャンル:ノンフィクション(精神医学症例集/エッセイ)
キーワード:ドナルド・トランプ、精神医学、自己愛性人格障害、ソシオパス、ナチス・ドイツ、邪悪の正常化、ゴールドウォーター・ルール

(さらに…)

極左から極右に変身した論客が(図らずも)暴くトランプ政権のアジェンダ 『Big Agenda』

著者:David Horowitz
ハードカバー: 188ページ
出版社: Humanics Pub Group
ISBN-10: 1630060879
発売日: 2017/1/17
難易度:中級(ストレートな文章。センテンスが短い。ネイティブなら小学校高学年で理解できるレベル。ただし、単語は調べる必要あり)
適正年齢:PG15
ジャンル:エッセイ(政治)
キーワード:トランプ大統領、Make America Great Again、極右、反リベラル


(さらに…)

ガールパワーの方向性が間違っているんじゃないかと思う啓蒙回想記 Love Warrior

著者:Glennon Doyle Melton
ハードカバー: 263ページ
出版社: Flatiron Books
ISBN-10: 1250128544
発売日: 2016/9/6
適正対象:R(大人の女性向け)
難易度:中級レベル(シンプルな文章)
ジャンル:回想記、自己啓発
キーワード:摂食障害、アルコール依存症、不倫、夫婦関係、フェミニズム、離婚
オプラ・ウィンフリーが推薦した本


(さらに…)

非キリスト教徒にも響くローマ教皇フランシスコのメッセージ The Name of God is Mercy

ハードカバー: 176ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 0399588639
発売日: 2016/1/12
適正年齢:PG12
難易度:中級レベル(非常にシンプルでわかりやすい話し言葉)
ジャンル:インタビュー記録
キーワード:ローマ皇王フランシスコ、カトリック、慈悲、福音書

(さらに…)

輝く将来をがんで奪われた若き脳外科医が遺した言葉 When Breath Becomes Air

著者:Paul Kalanithi
ハードカバー: 256ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 081298840X
発売日: 2016/1/12
適正年齢:PG12(中学生以上)
難易度:上級(文学的な表現があるので、理解しにくいところもあるだろう)
ジャンル:エッセイ
キーワード:がん末期、自分の死、予期悲嘆、グリーフ、夫婦愛、家族愛、生きることの意味。

(さらに…)

「アメリカで黒人であるとはどういうことか」を歯に衣を着せずに語った注目のエッセイ Between the World and Me

著者:Ta-Nehisi Coates
ハードカバー: 176ページ
出版社: Spiegel & Grau
ISBN-10: 0812993543
発売日: 2015/7/14
適正年齢:PG 12
難易度:最上級(詩的かつ婉曲的な文章なので、意図の理解には英語ネイティブでも努力が必要)
ジャンル:エッセイ/回想録
キーワード:アメリカ、人種問題、黒人差別、奴隷制度
文芸賞:全米図書賞受賞
Newsweek掲載

(さらに…)

あまり知られていないノルディック諸国を英国人作家がユーモアたっぷりに紹介 The Almost Nearly Perfect People

著者:Michael Booth
ペーパーバック: 416ページ
出版社: Vintage (2015/2/12)
ISBN-10: 0099546078
発売日: 2015/2/12 (英国では2014/2)
適正年齢:PG15(大人でないとニュアンスはわからないとは思うけど)
難易度:中級+(学校英語だけの人には、小説より読みやすいと思う。ただし、ニュアンスの理解は難しいと思う)
ジャンル:ノンフィクション/エッセイ(ユーモア)
キーワード:北欧、歴史、文化、文化人類学、Scandinavia, Denmark, Norway, Sweden, Finland, Iceland

(さらに…)

医者の卵のトレーニングに関わる珍妙な職業の体験記 『Empathy Exams』

著者:Leslie Jamison 
ペーパーバック: 226ページ
出版社: Graywolf Pr
ISBN-10: 1555976719
発売日: 2014/04 
適正年齢:PG15(高校生以上)
難易度:上級レベル(内容は簡単なのだが、わざと文学的な表現を使っている部分が多いので、本意が伝わりにくいところがある)
ジャンル:エッセイ/体験記
キーワード:メディカルスクール、トレーニング、共感力、変わった職業

 

アメリカのメディカルスクール(大学で医学部に入る日本とは異なり、アメリカの場合には大学を終えてから、大学院のメディカルスクールに入る)では、診察のトレーニングをするときに「偽患者」を使うことがある。健康なアルバイトを雇って、架空の患者のシナリオを渡し、それを演じさせるのである。
シナリオには、その患者の疾患だけでなく、生まれ育った場所と環境、職業、家族まで詳細が書かれている。アルバイトの偽患者は、ちゃんと自分に与えられた役割をこなしつつ、最後に自分を問診した医学生の評価もしなければならない。
そのうちのひとつが「Empathy」つまり、「親身になっている」ということをちゃんと口に出して表現したかどうかというものなのだ。

(さらに…)