ビジネス・実用書

保守派の若き女性政治専門家が共和党に提案する「ミレニアル世代」対策 The Selfie Vote

著者:Kristen Soltis Anderson
ハードカバー: 272ページ
出版社: Broadside Books
ISBN-10: 0062343106
発売日: 2015/7/7
適正年齢:PG15(政治が理解できる年齢であれば何歳でも)
難易度:中級+〜上級(わかりやすいシンプルな文章。単語は、政治に詳しくない人は調べる必要あり)
ジャンル:ノンフィクション(政治、アメリカ)
キーワード:アメリカ、選挙、大統領選、共和党、ミレニアル世代、セルフィー(自撮り)世代、政治、投票行動

Read More »保守派の若き女性政治専門家が共和党に提案する「ミレニアル世代」対策 The Selfie Vote

起業家が絶賛するナイキ創始者の回想記 Shoe Dog

著者:Phil Knight
ハードカバー: 400ページ
出版社: Simon & Schuster
ISBN-10: 1471146707
発売日: 2016/4/26
適正年齢:PG12
難易度:中級+(ページ数が多く、長めのセンテンスもあるが、基本的に非常にシンプル。日本で英語を学んだ人に読みやすい文章)
ジャンル:回想記・メモワール(ビジネス)
キーワード:ナイキ、創業逸話、フィル・ナイト、オニツカ(現アシックス)、オニツカタイガー、日商岩井

翻訳版が出ました。
Read More »起業家が絶賛するナイキ創始者の回想記 Shoe Dog

2015年前期にアメリカで注目されているビジネス・実用書

今年前半に出版されるビジネス・実用書の中から、注目されているいくつかをご紹介します。
まだ発売されていないものもあります。

抜けている作品もあるかもしれないので、みつけたら随時追加します。

 

Measuring Happiness: The Economics of Well-Being

著者:Joachim Weimann, Andreas Knabe, and Ronnie Schöb.
出版社:MIT Press
出版日:Feb. 6

 

「お金で幸せは買えるのか?」「お金があればあるほど幸せになれるのか?」…大規模なアンケートや歴史的な資料からそういった質問に答えていく本。

Read More »2015年前期にアメリカで注目されているビジネス・実用書

専門外の人間が読むピケティ Capital in the Twenty-First Century

著者:Thomas Pikkety
ハードカバー: 696ページ
出版社: Belknap Press
ISBN-10: 067443000X
発売日: 2014/4/15
(オリジナルはフランス語)
適正年齢:PG(読める人なら誰でも)
難易度:上級〜(翻訳英語なのでシンプル。しかし専門用語が多く、専門外の人には分かりにくい)
ジャンル:ノンフィクション/経済書
キーワード:income inequality, Wealth inequality, r > g, return on capital, economic growth, capitalism, capital

 

フランスの経済学者トマ・ピケティのCapital in the Twenty-First Century(邦訳版『21世紀の資本』)は、700ページにも及ぶ分厚い経済書である。それなのに、日本でもベストセラーになったのには驚いた。

たぶん、『富の格差の拡大』というテーマが今の日本人の心境にぴったりしているからだろう。

Read More »専門外の人間が読むピケティ Capital in the Twenty-First Century

ビジネスをしていない人でも発想の転換に役立つ今年話題の実用書 Zero to One

著者:Peter Thiel(ライターはBlake Masters)
ハードカバー: 224ページ
出版社: Virgin Books
ISBN-10: 0753555182
発売日: 2014/9/18
適正年齡:PG12(仕事や将来に興味を持っている成熟した中学生ならおおいにどうぞ)
難易度:中級(ストレートなので日本の学校で英語を学んだ人には読みやすいタイプの文章)
ジャンル:ビジネス書/実用書
キーワード:起業、スタートアップ、投資、PayPalPalantir、Facebook

 

今年アメリカで非常に話題になったビジネス書である。著者は、PayPalPalantirの共同創始者で、Facebookの初期投資者になったPeter Thiel(文章はプロのライターであるBlake Masters)だ。
Thielは、これまでも他人とは異なる大胆な意見を述べることで知られていた。この本には、そういった彼の言動の背景にある思考回路がしっかりと書かれている。

日本でもNHK出版から邦訳版が刊行されており、すでに多くの方が書評や解説を書いておられるので詳しい内容はそれらを探していただくことにして、私はこの本で最も重要なポイントだけを伝えておこうと思う。

Read More »ビジネスをしていない人でも発想の転換に役立つ今年話題の実用書 Zero to One

現在のアメリカ合衆国が各国をどう捉えているのかがわかる、ヒラリー・クリントンの自伝 『Hard Choices』

著者:Hillary Rodham Clinton

ハードカバー: 688ページ

出版社: Simon & Schuster

ISBN-10: 1476751447

発売日: 2014/6/10

適正年齢:PG12(特に制限はないが、小学生には理解しにくいだろう)

難易度:上級(文章はシンプルだが、地域や政治家などの固有名詞が多く、ページ数も多いので読み切りにくい)

ジャンル:自伝(アメリカ合衆国の国務長官としての体験を綴ったもの)/外交録/時事問題

キーワード:外交、世界情勢、国際紛争、時事問題

 

前アメリカ国務長官ヒラリー・クリントンが国務長官時代を振り返った自伝で、アメリカでは一般的に2016年の大統領選挙に向けての準備と捉えられています。詳しくは、ニューズウィーク誌での冷泉彰彦氏のコラムをお読みください。

Read More »現在のアメリカ合衆国が各国をどう捉えているのかがわかる、ヒラリー・クリントンの自伝 『Hard Choices』