ロマンス小説

魔術師のテーマパークで繰り広げられる幻想的で残酷なゲーム  Caraval (Caraval 3部作 第1巻)

作者:Stephanie Garber(デビュー作家)
ハードカバー: 407ページ(ソフトカバーも入手可)
出版社: Flatiron Books
ISBN-10: 1250095255
発売日: 2017/1/31
適正年齢:PG12(ティーン向け、キス程度、露骨な性的場面なし)
難易度:中級+(多読用の児童書からステップアップしたい人にお薦めのレベル)
ジャンル:YAファンタジー
キーワード、サブジャンル:魔法、魔術師、中世的な世界、嘘、幻想、ロマンス、ティーン

Read More »魔術師のテーマパークで繰り広げられる幻想的で残酷なゲーム  Caraval (Caraval 3部作 第1巻)

滑稽で、切なくて、非合理的で…それでも愛は美しい。中年のゲイ作家のミッドライフ・クライシスを描く2018年ピューリッツァー賞受賞作 Less

作者:Andrew Sean Greer
ハードカバー: 272ページ (ソフトカバーも発売されたところ)
出版社: Lee Boudreaux Books
ISBN-10: 0316316121
発売日: 2017/7/18
適正年齢:R(性的なシーンあり)
難易度:上級(面白さがわかるにはボキャブラリーや読解力が必要だが、馴れた人にはとても読みやすい文芸小説)
ジャンル:文芸小説/ロマンス
キーワード:同性愛、ゲイ、恋、浮気、失恋、加齢、ミッドライフ・クライシス、作家
文芸賞:2018年ピューリッツァー賞

Read More »滑稽で、切なくて、非合理的で…それでも愛は美しい。中年のゲイ作家のミッドライフ・クライシスを描く2018年ピューリッツァー賞受賞作 Less

現代アメリカの浅はかな恋愛シーンを風刺するPride and Prejudiceのリメイク Eligible

作者:Curtis Sittenfeld (その他の作品にPrep, American Wifeなど)
ハードカバー: 528ページ
出版社: Random House
ISBN-10: 0007486294
発売日: 2016/4/21
適正年齢:PG15
難易度:上級(文章としては難しくないが、現代アメリカの事情やオースティンの原作を知らないと風刺が理解できないだろう)
ジャンル:現代小説(風刺)/chick lit/恋愛小説
キーワード:Pride and Prejudice、プライドと偏見、Jane Austen, ジェーン・オースティン、デート番組、リアリティ番組、恋愛

Read More »現代アメリカの浅はかな恋愛シーンを風刺するPride and Prejudiceのリメイク Eligible

グリム童話みたいに怖いのにロマンチックなファンタジー Uprooted

作者:Naomi Novik
ペーパーバック: 464ページ
出版社: Del Rey
ISBN-10: 0804179050
発売日: 2015/5
適正年齢:R(成人向け)
難易度:中級+(シンプルな文章だが、ファンタジーに慣れていない人には理解しにくい表現が多いだろう)
ジャンル:ファンタジー/ラブロマンス
キーワード:童話、魔術、魔法使い、魔女、森、妖怪、王国、ロマンス、戦い
賞:2016年ヒューゴー賞最終候補作

Read More »グリム童話みたいに怖いのにロマンチックなファンタジー Uprooted

2015年最も注目されたYAファンタジー Six of Crows

著者:Leigh Bardugo
ハードカバー: 465ページ
出版社: Henry Holt Books for Young Readers
ISBN-10: 1627792120
発売日: 2015/9/29
対象年齢:PG 12(性奴隷や売春宿についての言及はあるけれど、キス程度で際どい描写はない)
難易度:中級〜上級レベル(文章そのものはシンプル。ファンタジーに慣れている人なら簡単だが、慣れていない人には状況がつかみにくくて読みにくいだろう)
ジャンル:YAファンタジー(三部作の第一巻)/スリラー
キーワード:Shadow and Bone(Grisha Trilogy)、魔法、戦い、ギャング、heist

Read More »2015年最も注目されたYAファンタジー Six of Crows

疲れたときには、笑えるドタバタロマンス小説をどうぞ!

疲れを取るための「娯楽」として、ミステリ(とくにコージー・ミステリ)を選ぶ人、ホラーを選ぶ人、ファンタジーを選ぶ人……などいろいろいます。6前にも書いたことなのですが、ロマンス小説作家だけでなくファンのプロファイルもなかなか素敵です。「1日中バリバリ仕事をした後に難しい本は読みたくない」とおっしゃった専門職の方がいましたが、その感覚はわかります。そもそも読書は楽しむべきものですからね!

ロマンスのジャンルの中で私が好きなのはジェイン・オースティンが開発してくれた「リージェンシー(イギリス摂政時代)・ロマンス」を代表とするヒストリカルロマンスです。オースティンの作品は全部好きですが、軽く楽しむとしたらEmmaです。オースティンのヒロインの中では最も欠陥だらけのEmmaと、彼女のおせっかいが引き起こす問題、その解決を助けるヒーロー……と深刻にならずに楽しめるロマンスです。

Read More »疲れたときには、笑えるドタバタロマンス小説をどうぞ!