出版界のゴシップ

ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingが偽名でミステリを出版していた

…という話だが、それが明らかになったいきさつが興味深い。

英国のThe Sunday TimesのArts部門の編集者Richard Brooksがスクープしたものだが、その発見が推理小説そのものなのである。

同僚がThe Cuckoo’s Callingというミステリについてツイートしていたところ、匿名のツイッターユーザーから「それはJ.K.Rowlingの作品だ」というリプライを受けたらしい。(その後、そのリプライは消去されてしまっているようだ)。そのいきさつについては、Business Insiderの記事が詳しい。

Read More »ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingが偽名でミステリを出版していた

書店の生き残り術、ナンタケットスタイル

ピクチャ 1別荘を購入して20年以上になるので思い入れはたっぷりあるのですが、ナンタケット島というのは複雑な場所です。

自家用ジェット機で別荘に来るのは世界でもトップクラスの大富豪(マイクロソフトのビル・ゲイツやグーグルのエリック・シュミットなど)で、一年中島に住んでいるのは庭師、配管工、大工、といった豪邸を支えるワーキングクラスが大部分です。富豪の別荘からの税金や寄付があるから年中住んでいる住民の固定資産税の割合は低く、公立学校の設備ときたら有名私立なみです。けれども、富豪に対する心境が複雑なのは確かです。

高級感が高い観光地ですので、夏は町に美しい人々が溢れ、高級レストランも予約ができないほど混んでいます。けれども、シーズンが終わると、大陸から離れている島は空っぽになります。ですから島にある小さな本屋が生き残るのは以前から難しかったのですが、アマゾンの台頭でほぼ不可能になっていました。

Read More »書店の生き残り術、ナンタケットスタイル

ロマン・ポランスキー赦免の嘆願書に署名した作家とアーティストたち

32年前、44歳のときに13歳の少女をレイプした罪でロサンジェルスで逮捕され、服役前にフランスに逃亡した著名な映画監督Roman Polanski(ロマン・ポランスキー)のことをご存知の方は多いと思います。これまで逮捕の可能性がある国の訪問を避けて来たポランスキーですが、先月29日にスイスのチューリッヒ空港に到着したときにスイス警察に逮捕されました。 ナチスドイツの迫害をいき伸び、妊娠中の妻シャロン・テートを殺害されたポランスキーの精神的なダメージとはどんなものなのか想像もできません。また、当時13歳だった犠牲者のSamantha Geimerは"I have… Read More »ロマン・ポランスキー赦免の嘆願書に署名した作家とアーティストたち

Nick Hornbyは読者を知らない

High Fidelity などで有名なNick Hornbyは、コンテンポラリーな世界であがく心だけ若者の中年男性を描くことでは卓越した才能があると思っていました。でも、最近の作品はがっかりすることが多くて、読むのをやめてしまいました。 そこにこのインタビュー記事。なんとなくそのわけがわかったような。。。… Read More »Nick Hornbyは読者を知らない