古典

時代を先取りしていた女流作家にあらためて脱帽する古典『North and South』

著者:Elizabeth Gaskell
出版年(国):1855年(英国)
ペーパーバック: 480ページ(Penguin Classics Revised版)
ISBN-10: 0140434240(キンドル版は米国で無料、日本では99円)
ジャンル:古典、文芸(『ジャンル別 洋書ベスト500』の古典ジャンルでご紹介)
適正年齢:PG12(中学生以上)
難易度:上級(ネイティブの普通レベル)
キーワード:ビクトリア時代、階級、資本主義、社会問題、ラブストーリー

あらためておすすめしたい古典シリーズ

 

ビクトリア時代の英国では、貴族や地主の階級が住む南部と、工業が盛んになっている北部には、環境だけでなく、社会経済的な差が作りあげた文化や習慣、考え方の差があった。裕福な叔母のロンドンの邸宅でしばらく暮らしていたMargaret Haleは、姉妹のように親しくしていた従妹の結婚後、両親が住む南部の田舎町に戻った。ロンドンの社交生活が苦手で自然を愛するMargaretは、ようやく戻ることができた南部の生活に満足していたが、倫理を重んじる牧師の父親が教会と縁を切り、家族は北部に移住することになる。

Read More »時代を先取りしていた女流作家にあらためて脱帽する古典『North and South』

『Anne of Green Gables』のプリンスエドワード島を(ようやく)訪問

私が赤毛のアンに出会ったのは、母が私たち姉妹のために購入してくれた『少年少女世界の名作文学』を通じてのことで、小学校1年か2年生の時でした。このシリーズは小学生向けに簡約されているもので、私が本格的にアンに夢中になったのは、詳しいほうの翻訳作品を読んだ中学生のときでした。中学校の図書館にあったモンゴメリの作品をすべて読み尽くしたのもこのときです。



Read More »『Anne of Green Gables』のプリンスエドワード島を(ようやく)訪問

映画でおなじみのクラシックを読み直してみよう

相当な本好きでも、映画でしか知らないクラシック文学はけっこうあるのではないでしょうか。

または、映画の題名は知っているけれども、観たことも、読んだこともない、というケースも。私にも、そんな本がけっこうあります。(日本ではnot availableだそうです)、キンドルで無料で読めるものも沢山あります。著作権が切れているものもありますが、期間限定で無料の作品をいくつか見つけましたのでご紹介します。ここでご紹介する作品には期間限定のものがありますから、購入前に必ず料金をチェックしてください

Read More »映画でおなじみのクラシックを読み直してみよう

懐かしさがこみあげるクラシック-Daddy Long Legs

今日は、YAのクラシックを。 音楽のように、ある作品が過去のある時期の思い出に重なり、タイトルを耳にするだけで懐かしく、そして切なくなることってありますよね。私にとってはDaddy Long Legsがそんな本です。今日、偶然このタイトルにぶつかって、子どものころ胸をときめかせた感覚が蘇りました。赤毛のアンのように、「いっしょうけんめい勉強して、心優しく、前向きで、けれどもユーモアのセンスがあって、他人とはちょっと違う女性になったら、いつか素敵な人が現れて愛してくれる」と夢見させてくれた本です。今の子にもこういうロマンスを読んで育ってほしい、なんて思うのは年寄りになった証拠でしょうか。 著作権が消滅していますので、無料で読むことができます。アニメや日本語版でしかDaddy… Read More »懐かしさがこみあげるクラシック-Daddy Long Legs

永遠のロマンス最高作-Pride and Prejudice

現代のロマンス作品はすべてこの作品のパクリである、と言ってよいほどロマンスのお手本になっているのがジェーン・オースティンのPride and Prejudiceです。著作権が消滅していますので、どうぞごゆっくりお読みください。オンラインで読むのが面倒な方は、pride_and_prejudice.pdfをダウンロード してお読みください(出典はProject Gutenberg)。… Read More »永遠のロマンス最高作-Pride and Prejudice