時代を先取りしていた女流作家にあらためて脱帽する古典『North and South』

著者:Elizabeth Gaskell
出版年(国):1855年(英国)
ペーパーバック: 480ページ(Penguin Classics Revised版)
ISBN-10: 0140434240(キンドル版は米国で無料、日本では99円)
ジャンル:古典、文芸(『ジャンル別 洋書ベスト500』の古典ジャンルでご紹介)
適正年齢:PG12(中学生以上)
難易度:上級(ネイティブの普通レベル)
キーワード:ビクトリア時代、階級、資本主義、社会問題、ラブストーリー

あらためておすすめしたい古典シリーズ

 

ビクトリア時代の英国では、貴族や地主の階級が住む南部と、工業が盛んになっている北部には、環境だけでなく、社会経済的な差が作りあげた文化や習慣、考え方の差があった。裕福な叔母のロンドンの邸宅でしばらく暮らしていたMargaret Haleは、姉妹のように親しくしていた従妹の結婚後、両親が住む南部の田舎町に戻った。ロンドンの社交生活が苦手で自然を愛するMargaretは、ようやく戻ることができた南部の生活に満足していたが、倫理を重んじる牧師の父親が教会と縁を切り、家族は北部に移住することになる。

(さらに…)

『Anne of Green Gables』のプリンスエドワード島を(ようやく)訪問

私が赤毛のアンに出会ったのは、母が私たち姉妹のために購入してくれた『少年少女世界の名作文学』を通じてのことで、小学校1年か2年生の時でした。このシリーズは小学生向けに簡約されているもので、私が本格的にアンに夢中になったのは、詳しいほうの翻訳作品を読んだ中学生のときでした。中学校の図書館にあったモンゴメリの作品をすべて読み尽くしたのもこのときです。



(さらに…)

映画でおなじみのクラシックを読み直してみよう

相当な本好きでも、映画でしか知らないクラシック文学はけっこうあるのではないでしょうか。

または、映画の題名は知っているけれども、観たことも、読んだこともない、というケースも。私にも、そんな本がけっこうあります。(日本ではnot availableだそうです)、キンドルで無料で読めるものも沢山あります。著作権が切れているものもありますが、期間限定で無料の作品をいくつか見つけましたのでご紹介します。ここでご紹介する作品には期間限定のものがありますから、購入前に必ず料金をチェックしてください

(さらに…)

懐かしさがこみあげるクラシック-Daddy Long Legs

今日は、YAのクラシックを。

音楽のように、ある作品が過去のある時期の思い出に重なり、タイトルを耳にするだけで懐かしく、そして切なくなることってありますよね。私にとってはDaddy Long Legsがそんな本です。今日、偶然このタイトルにぶつかって、子どものころ胸をときめかせた感覚が蘇りました。赤毛のアンのように、「いっしょうけんめい勉強して、心優しく、前向きで、けれどもユーモアのセンスがあって他人とはちょっと違う女性になったら、いつか素敵な人が現れて愛してくれる」と夢見させてくれた本です。今の子にもこういうロマンスを読んで育ってほしい、なんて思うのは年寄りになった証拠でしょうか。

著作権が消滅していますので、無料で読むことができます。アニメや日本語版でしかDaddy Long Legsを知らない方にぜひ原語で読んでいただきたい作品です。チャーミングなJerusha Abbotの語り口につい引き込まれてしまうでしょう。今読み返しても、ドキドキするエンディングです。

ヤングアダルトから大人向けに書かれた本ですが、小学生にもおすすめできます(私は小学校高学年のときに虜になりました)。

●読みやすさ ★★★☆☆

現代の口調とほとんど変わらず、しかも現代のようなスラングがないので、★4つに近い読みやすさです。

オンラインで読むのが面倒な方は、コンピューターにダウンロードしてごゆっくりどうぞ。

daddy_long_legs.pdfをダウンロード

本のほうが好きな方には、続編の「Dear Enemy」も入っているこちらをおすすめします。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0143039067&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0143039067&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Daddy Long Legs (Eng)http://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=7449033&access_key=key-2ov8y47uqcr223v18087&page=1&version=1&viewMode=

オースティンのゾンビ版-Pride and Prejudice and Zombies

Jane Austen と Seth Grahame-Smith

2009年4月4日

パロディ/ゾンビ/クラシック

発売前からAmazon.comで売り切れ状態のゴアで爆笑のパロディ

Quirkというインディ出版社からの小品がこれほど売れているのは、まさにインターネットの「クチコミ」パワーです。私が存在を知ったのも、The Name of the Windの作者Patrick Rothfussの2月のブログでした。発売前からAmazon.comでは売切れていて、仕方がないので(Amazon.comの2倍の値段なのだけれど)Barns & Nobleに出かけることにしました。

次は私とB & Nの中年女性店員(声にふてぶてしさが滲み出ているから)との電話での会話です。

私「行く前に在庫があることを確認したいのですが、Pride and Prejudice and Zombies あります?」
B & N「Pride and Prejudiceなら…(あるに決まっているでしょうが、という態度)」
私「(それをさえぎって)じゃなくて、Pride and Prejudice and Zombiesです」
B & N「Pride and Prejudice, and…. What?」
私「(ちょっと恥じ入りながら小声で)Zombies
B & N「(耳が遠い老人に話しかけるように大声で)What?
私「(耳が遠い老人に答えるように大声で)Zombies!
B & N「ZebraのZで始まり、O, M, B, I, E, Sと綴るZombies?」
私「(開き直り落ち着き払った態度で)そう、そのZombies」
B & N(しばし無言になる)
B & N「あるかどうか、調べてきます」

こうして入手し、深夜まで読んで読了したPride and Prejudice and Zombiesの内容。

ゾンビになる疫病が蔓延している英国では、それらunmentionablesと闘うために東洋の武術を身につけることが尊敬される紳士の条件であった。特に京都の忍者の術が上流階級の間では尊敬されていたが、貧乏で変わり者(そして日本嫌い)のMeryton村のMr. Bennetは五人の娘を中国に送り少林寺拳法と剣術を身につけさせていた。ロンドンの上流階級に属す独身のMr. BingleyがMeryton村に別荘を買い、彼を歓迎するためのBall(舞踏会)でMr. DarcyはElizabeth Bennetを侮辱する(かの有名な場面です)。その直後に舞踏会はゾンビの襲撃に遭い、見事な闘いの術を披露したElizabethにMr. Darcyは惹かれるものを感じる。
上品で奥ゆかしいオースティンのロマンスとグロで下品でバイオレントなゾンビものを合わせたところがこの作品の最大の魅力である。すべての章が原作と一致するように書かれていて、会話もほぼオースティンそのもの。それゆえつい吹き出す場面がある。女性ファンが多いオースティンの作品を男性が書き直すとどうなるのか、というところも興味深い。女性が書いた二次創作(スピンオフ)ではMr. Darcyが「こんな男いるわけない」という女々しい感じになりがちだが、この作品で若い男性が描くヒロインのElizabethを分析するのも面白い。
Amazon.comでのアメリカ人読者の評価は高いが、私はMixed Bag だと思う。

この作品について私が感じたGoodとBadを挙げてみよう。

Good:

  • 原作をちょっと変えただけで突如下品になるジョーク。例えば21ページ(下線部分に注目のこと。分かる人は分かるはず)

Mr. Darcy approached them soon afterwards. Elizabeth turned to him and said, “Did you not think, Mr. Darcy, that I expressed myself uncommonly well just now, when I was teasing Colonel Forster to give us a ball at Meryton?”
“With great energy; but balls are always a subject which makes a lady energetic.”
“It depends on who’s throwing them, Mr. Darcy.”
“Well,” said Miss Lucas, her faced suddenly flushed, “I am going to open the instrument, Eliza, and you know what to follows.”

  • グロい場面でもElizabethとMr. Darcyがオースティンらしい上品な会話を交わす可笑しさ。
  • 気骨あるElizabethのキャラ。
  • 女性用の本によくある読書クラブ用の「A Reader’s Discussion Guide」のパロディで自嘲しているところ。

Bad:

  • 同じジョークが繰り返される(Vomit, balls, etc.,)。最初面白くても、だんだん飽きる。
  • 原作に忠実な進行はちっともかまわないのだが、ゾンビや忍者との戦いの部分がただの繰り返しに感じる。もっと意外性が欲しい。
  • 人物表現が薄い。もっと複雑で魅力的な個性がほしいところ。

読まずに「品がわるい」、「侮辱だ」と批判するオースティンファンがいるようだが、それはお門違いだと思う。私はオースティンファンだが、嘔吐や脳みそが飛び散るパロディが、主人公の性格をめちゃくちゃに変えたハーレークイン式ロマンスよりも侮辱だとは思わない。主人公の性格に注目すれば、女性が書いた多くの二次創作よりも原作に近いかもしれない(私はどっちも違うと思うが)。
大学の授業で、原作とあわせてこの作品とハーレークイン式ロマンス版オースティンを比較すると面白いのではないかと思う。原作は本ブログのここをどうぞ。

●読みやすさ ★☆☆☆☆
Pride and Prejudiceと同程度。加えて、この可笑しさを理解するためには原作を読んでおく必要があります。

●アダルト度 ★☆☆☆☆
性的コンテントはゼロですがグロい場面が多いのでご注意を。

●その他のオースティンの二次創作・スピンオフ

永遠のロマンス最高作-Pride and Prejudice

現代のロマンス作品はすべてこの作品のパクリである、と言ってよいほどロマンスのお手本になっているのがジェーン・オースティンのPride and Prejudiceです。
著作権が消滅していますので、どうぞごゆっくりお読みください。
オンラインで読むのが面倒な方は、pride_and_prejudice.pdfをダウンロード してお読みください(出典はProject Gutenberg)。

●読みやすさ ★★☆☆☆(訂正   → ★☆☆☆☆(慣れた人向け)

Pride & Prejudicehttp://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=2511626&access_key=key-ee5vtkoxit8l0y6x9ty&page=1&version=1&viewMode=

Jane Eyre

作者:Charlotte Brontë

1847年刊

ジャンル:英国文学/クラシック/ロマンス/ゴシックロマンス

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0141441143&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

孤児のJaneは叔母や従兄から虐待され、10歳で慈善施設の学校Lowoodに送り込まれる。Lowoodで慢性的な餓えと学校の管理者による不条理な抑圧に耐える8年を過ごしたJaneは、外の世界を夢見て家庭教師の個人広告を新聞に載せる。

Janeが見つけたのは、Thornfield屋敷の主Mr. Rochesterが元愛人のフランス人オペラ歌手から引き取った少女の家庭教師の職だった。Mr. RochesterJaneの2倍ほど年上で容貌は醜く毒舌だ。しかもときおり暗い気分になり他人を寄せ付けない。けれども、JaneRochesterは互いだけが理解し合える知性や真摯さに惹かれる。

友情が恋愛感情に変わる兆しが見えたとき、心をかき乱す出来事が次々と起こる。夜中に不気味な笑い声が響き、誰かが眠るRochesterのベッドに火をつける。そしてJaneに秘密を打ち明けないRochesterは他の女性と結婚することをほのめかす。

●読みやすさ ★★☆☆☆

まず、クラシックは現代の小説に比べて読みにくい、ということをご承知ください。

けれども、これはクラシックな文芸作品のなかでは、もっとも読みやすい小説のひとつです。第一人称であることと、物語があちこちに飛ばないことが読みやすさに繋がっています。

“presentiment”, “effervesce”といった18世紀、19世紀特有の表現にときどき出くわすのとフランス語やドイツ語の会話が英語で説明されていないことに戸惑うかもしれませんが、だいたいの意味が想像できれば飛ばしても大丈夫です。

文章としては簡潔で現代の文法とあまり変わりません。Janeに感情移入もしやすいので、退屈することなく読み進むことができます。ふつうは「会話が多いと読みやすい」というのが常識ですが、この本では会話の部分のほうが(まわりくどくて)わかりにくいようです。でも、JaneRochesterの会話が醍醐味ですから、他を飛ばしても、そこだけはじっくり読んでくださいね。

●ここが魅力!

まずヒロインの個性。栄養失調で成長が止まり子供のような体型で平凡な顔立ち(plainと表現されている)のジェインは、どんなにつらい環境下でも他人の影響を退け、「自分らしさ」を失わないよう内面の戦いを続けます。常に「私はどういう人間なのか、どんな生き方をしたいのか」と問いかけるジェインは、彼女の倍の年齢のロチェスターよりもはるかに芯の強い人間として描かれています。異なる階級間の愛情が結婚にはつながらないのが常識で女性には対等の人権がなかった19世紀半ばに、こんなヒロインとロマンスを作り上げたシャーロット・ブロンテには脱帽です。

ヒロインだけでなく、ヒーローのロチェスターもこの時代には珍しいキャラクター。

二人の運命は永遠に引き裂かれるのかどうか、はらはらしながら読み進めるうちに英語で読んでいることすら忘れて目頭を熱くすることでしょう。

最初の3分の1、ロチェスターに出会うまでの部分は緩慢に感じるかもしれませんが、作者自身が慈善施設や家庭教師の体験をしていることを知って読むと、この部分も興味深く読むことができます。

●アダルト度 ★★☆☆☆

中・高校生以上向け。

私が始めてこの本に触れたのは小学校低学年のときで、「少年少女世界の名作文学」に載っていたものですが、ちっとも意味がわかりませんでした。ラブシーンはキス程度で非常にプラトニックで、そこが良いところです。でも、この本のよさを理解するためには多少の人生経験が必要かと思います。

●この本を楽しんだ方にはこんな本も……

Rebecca」 by Daphne Du Maurier

Pride and Prejudice   by Jane Austen

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ