差別が人の心を深く蝕むことを描く文芸スリラー Everything I Never Told You

著者:Celeste Ng
ハードカバー: 304ページ
出版社: Penguin Press HC
ISBN-10: 159420571X
発売日: 2014/6/26
適正年齡:PG12(性の話題はあるが、露骨な表現ではない)
難易度:上級(ネイティブが普通に読むレベル)
ジャンル:スリラー/文芸小説(家族ドラマ)
キーワード:人種差別、男女差別、親の期待、プレッシャー、家族問題

1977年、アメリカ合衆国オハイオ州の田舎町で16歳の少女が行方不明になり、数日後に湖で死体でみつかる。

中国系アメリカ人の父Jamesと南部出身の白人の母Marylinの間に生まれたLydia Leeは、黒髪なのに青い目を持ち、三人兄妹の中で両親の一番のお気に入りだった。

Marylinは誘拐殺人だと信じてLydiaが残したものからヒントを探そうとする。そして、親には言えない秘密の数々を知る兄のNathanは、悪評高い近所の同級生Jackに疑いを抱く。

(さらに…)

人身売買のトピックを若者に考えてもらうための本『Breaking Free』

著者:Abby Sher

ペーパーバック: 160ページ

出版社: Barrons Juveniles

ISBN-10: 1438004532

発売日: 2014/06

適正年齢:PG12(中学生以上。性的話題あり)

難易度:中級レベル(高校で学ぶ英語で理解できる程度)

ジャンル:ルポ

キーワード:人身売買(human trafficing)、性虐待(sexual abuse)

 

自分ではまったく選択の余地がない子どものときに性虐待と人身売買の犠牲者になった3人の女性が、その絶望的な状況から抜けだし、ほかの犠牲者を援助するアドボケイトになった実話を紹介するルポ。レイプや売春などの話題を扱っているし、読むのが辛くなる内容だが、あえて中学生から高校生をターゲットにしている。「人身売買なんて自分には関係ない話」と思っている人や、「売春をしている女性は、好きでやっている」といった先入観を抱いている人は多いと思うが、そういった人々に「自分だったかもしれない」と思わせるきっかけになる内容である。

(さらに…)

倫理のグレーゾーンを語り続けるJodi Picoultが今回挑んだのは、ホロコーストのテーマ『The Storyteller』

著者:Jodi Picoult

ペーパーバック: 480ページ

出版社: Atria/Emily Bestler Books

ISBN-10: 1439102775

発売日: 2013/2/26(オリジナル)、ペーパーバック版は2013/11/05発売

適正年齢:PG15+(性的なシーンや暴力シーンはあるが、高校生にも読んでもらいたいテーマ)

難易度:中級レベル(ときおり難解な表現は出てくるだろうが、入り込みやすく、理解しやすい文章)

ジャンル:現代小説(現代のアメリカ東海岸)/歴史小説(第二次世界大戦前後のポーランドとドイツ)

キーワード:ホロコースト、贖罪、善と悪、倫理

2013年これを読まずして年は越せないで賞候補作(渡辺推薦)


 

25歳のSage Singerは、自分が引き起こした自動車事故で母を失い、顔と心に消えることのない傷跡を残している。元修道女が経営するパン屋でのパン職人の仕事は、夜中にひとりでやるものであり、代々パン職人で孤独を好むSageにはピッタリの仕事だった。既婚者の恋人Adamとの理想的とはいえない関係も、心身の傷が影響しているのだった。

友達と呼べる存在がまったくなかったSageが初めてそれらしい心の繋がりを持ったのは、元数学教師の95歳の老人Josef Weberだった。参加者が自分の悲嘆を打ち明けあうグリーフカウンセリングでのことだったが、なぜかJosefは他人の話を聞くだけで、自分がその会に加わっている理由を具体的に語らないのであった。

だが、この静かな老人がSageに求めたのは、友情以上のものだった。

(さらに…)

プレティーンの家族関係と友情関係をユーモラスに暖かく描いた児童書 Candyfloss

Jacqueline Wilson
ペーパーバック: 352ページ
出版社: Square Fish; Reprint版
ISBN-10: 0312384181
ISBN-13: 978-0312384180
発売日: 2008/9/2
児童書(小学校高学年から中学生)/家族、友情

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312384181 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0312384181

Floss(フロス)は、再婚した母親と義父、異父弟とロンドンで一緒に暮らしているが、義父や赤ん坊の弟のことはあまり好きではない。週末に会うだけの父親が大好きなので、いつか2人がまた元に戻ることを願っている。

義父の仕事の都合で家族一緒にシドニーに引っ越すことになり、 Flossには心配ごとが二つできてしまった。ひとつは、親友のRhiannonと離ればなれになることだ。お金持ちで美人のRhiannonはクラスで一番人気があり、彼女と親友になりたい子たちが虎視眈々とチャンスを狙っている。もうひとつは、心優しいが頼りない父親と会えなくなることである。Flossは、自分が一緒にいたいと思う以上に、父のことが心配だった。

(さらに…)

グレイトフル・デッドと脳神経科学 An Anthropologist On Mars

Oliver Sacks
ペーパーバック: 327ページ
出版社: Vintage
(1995/2/7)

脳神経科学・医学/エッセイ/ノンフィクション

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0679756973 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0679756973 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=415050251X

「An Anthropologist On Mars 」は 16年前に出版され、「火星の人類学者--脳神経科医と7人の奇妙な患者 」として邦訳されたものが既に絶版になっているが、7つのエッセイのひとつ「The Last Hippie」が映画化されたので、新たにご紹介しようと思う。

1950年代にニューヨーク市の中流階級の家庭で育ったグレッグは、音楽の才能がある利発な子どもだったが、ティーンになるとヴレッジに通い、ヒッピームーブメントの影響を強く受けて政府や権威に反抗的になっていた。

(さらに…)

ブラジルのジャングルがビビッドに浮かぶアン・パチェットの新作 State of Wonder

Ann Patchett
ハードカバー: 368ページ
出版社: Harper
(2011/6/7)
文芸小説/アマゾン、医療倫理/医療スリラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062049801 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062049801

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0062072471(←オーディオブック)

 

マリナ・シンは、産科でインターンをしているときに緊急帝王切開に失敗し、そのときの精神的なトラウマで医師になることを断念して製薬会社に研究者として就職した。新薬の開発の進行状況を調査・報告するためにブラジルのアマゾンに行った同僚のアンダース・エックマンが謎めいた死を遂げ、マリナがその代役としてブラジルに向かうことになる。

(さらに…)

狂気産業ワンダーランドでの神経症的なアリスの冒険 The Psychopath Test

Jon Ronson
ハードカバー: 288ページ
出版社: Riverhead Hardcover
(2011/5/12)
ノンフィクション/精神医療

この本を一言で説明するのはとても難しい。

「Psychopath Test」という題名からは、サイコパシー(精神病質)とサイコパスについて分析する本を想像するが、そうではない。どちらかというと、 「A Journey Through the Madness Industry(狂気産業での遍歴)」という副題のほうが、この本の内容をよく表している。
著者は、ジョージ・クルーニー主演で映画化された「The Men Who Stare at Goats (書籍の邦題は「アメリカ超能力部隊」、映画は「ヤギと男と男と壁と」)」で世界的に有名になった英国人ジャーナリストのジョン・ロンスンである。彼は、変人を引寄せる特殊な能力でも知られているようだ。

(さらに…)

中学生の「虐めと自殺」という重いテーマを詩的に問いかける Orchards

Holly Thompson
ハードカバー: 336ページ
出版社: Delacorte Books for Young Readers (2011/2/22)
ヤングアダルト/思春期の心理・社会問題/虐め

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=038573977X http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=038573977X

今月22日発売ですが、早めにご紹介。

母親が日本人で父親がユダヤ人のハーフKanako Goldbergは、ニューヨークに住む”普通の”女子中学生だ。けれども、友達グループがフェイスブックや携帯メールで陰口を言い、意地悪な言葉を投げかけた同級生のRuthが自殺し、少女たちは周囲から非難の目で見られるようになる。事件の後、米国の夏休み(6月)が始まり、少女たちは夏のキャンプなどに送られてバラバラになる。Kanakoは、母の実家である静岡の蜜柑農家に一人で送り込まれる。

(さらに…)