文芸小説(商業的作品を含む)

感受性が強すぎる詩人の悲劇的な未来を予告するような小説-The Bell Jar

Sylvia Plath初刊:1963年文芸小説 http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0061148512&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0571226167&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 ボストン近郊で生まれ育ったEstherは、夏休みの間ニューヨーク市で(1950年代の)若い女性の憧れであった雑誌社のインターンを体験する。しかし、楽しいはずの体験にEstherは違和感を覚える。貧しいEstherは文学の才能と努力で奨学金を得てきたが、マサチューセッツに戻ると望んでいた創作講座から拒絶され、小説を書こうと思うが、自分にはその体験が欠けていると感じる。エール大学の医学生Buddyはいわゆるボーイフレンド(ほぼフィアンセ)だが、Estherは彼の精神的な裏切りに落胆して離れてゆく。だが、Estherは失恋したわけではなく、最初から自分たちの関係をどこか遠い場所から客観的に観察していたようなところがある。周囲の若者との社会経済的な差異や、不安定な未来、自分の才能への疑問などから、Estherはだんだん病的な鬱状態になってゆき、ついに精神科に入院する。… Read More »感受性が強すぎる詩人の悲劇的な未来を予告するような小説-The Bell Jar

図書館司書ジェンが選んだ「今年出版されたおすすめ本5冊」

私の元義理の妹で図書館司書をしているジェンは、昔から本の虫。図書館のために本を選ぶ役割もつとめていますから、本が出版される前から多くの本をすでに読める立場にいます。とくに、文芸小説のなかでも、商業的にも成功するものを選ぶのが得意です。 というわけで、ちょっと前にジェンに尋ねた「今年出版されたおすすめの本」を5冊後紹介します。 1. Reliable Wife… Read More »図書館司書ジェンが選んだ「今年出版されたおすすめ本5冊」