アマゾンのKindle Unlimitedとはどんなサービスか?

Amazonがまた斬新なことを始めました。

月に9.99ドルの会費を払えば登録している本を何冊でも読めるという、Kindle Unlimited(Kindle読み放題)というサービスです。

Screen Shot 2014-07-23 at 5.28.53 AM

公式には昨日7月22日スタートですが、私はその2日前からフリートライアルを始めました。

始まったばかりのサービスのせいか、カスタマーサービスも準備ができていないようで、シンプルな質問に答えられない係が何人もいて、たらい回しにされました。ネットを調べると、私と同じ質問で1時間費やして結局ダメだった人もいるようです。(私は3人目にようやく正解を見つけました)

実際に何冊か読み、オーディオブックも聴いて、現時点でわかったことをご報告します(ときどき追記します)。

(さらに…)

Shiverのシリーズで最もストレートなYAロマンスファンタジー『Sinner』 (The Wolves of Mercy Falls #4)

著者:Maggie Stiefvater

ハードカバー: 357ページ

出版社: Scholastic Press

ISBN-10: 0545654572

発売日: 2014/07/01

適正年齢:PG15(高校生以上、マイルドな性的シーン、ドラッグの話題あり)

難易度:やや難しめの中級(詩的な文章で語彙も多いが、ストーリーはわかりやすい)

ジャンル:ファンタジー(パラノーマル)/YA/ロマンス

キーワード:werewolf(狼人間)、longing、ロック、胸焦がれるラブストーリー

 

音楽と詩を愛する狼少年のSamと、幼い頃に狼に噛まれた少女Graceの哀愁に満ちたYAファンタジー『Shiver』三部作(のちにThe Wolves of Mercy Fallsシリーズになった)は『Forever』で完結したが、これは、シリーズの脇役として登場したColeとIsabelを主人公にした読み切り。

(さらに…)

囚われたジニーの難しい選択 『Exquisite Captive』

著者:Heather Demetrios
ハードカバー: 480ページ
出版社: Balzer + Bray
ISBN-10: 006231856X
発売日: 2014/10/7
適正年齢:PG 15(高校生以上、際どい描写はないが、性的な話題あり)
難易度:中級レベル
ジャンル:YA(ヤングアダルト)/ファンタジー/ロマンチックファンタジー
キーワード:Jinni(ジーニー)、Love triangle(恋愛三角関係)、人身売買、階級制度、革命

 

人間界とは別にあるJinni(イスラム教の魔神)の世界には、強固な階級制度があった。だが、革命が起こり、古代の魔力を持つ支配者階級は一人を覗いて全員が殺害されてしまう。唯一生残った少女のNaliaは、地下組織に捕らえられ、奴隷として人間界に売られてしまう。

Naliaを買った主人のMalekは、政界から暗黒社会まで権力を行き渡らせている残酷な男だ。三つの願いを叶えてやればNaliaは自由になれるのだが、Malekは三つ目の願いをしようとしない。豪邸で美しいドレスを与えられていても、Naliaの身分は奴隷である。Malekに反抗すると、鉄の毒が塗られた小さな壷に何ヶ月も閉じ込められてしまう。手首についた美しい金の腕輪と壷の魔力が、NaliaをMalekに繋いでいて逃げられない。

(さらに…)

読者を利用するクラウドソーシング型の新しい出版スタイル – 「Sw♥♥on Reads」

Screen Shot 2014-06-14 at 6.35.07 AMアメリカではYA(ヤングアダルト)のジャンルでヒット作が続いており、近年のBEAでも大手出版社が力を入れているのが目立ちます。その中でも新しい試みが、老舗Macmillan(マクミラン)出版社の「Sw♥♥on Reads」です。

Sw♥♥on Readsは、14歳以上のティーンを対象にしたロマンス小説の部門で、マクミランの児童書部門のひとつです。そういう部門はまったく珍しくありません。けれども、Sw♥♥on Readsは、ネットを利用し、クラウドソーシングで読者に編集アシスタントをやらせて出版する本を決めるところがユニークなのです。

Sw♥♥on Readsでは、小説を出版したい作家(プロ、アマ無関係)が作品をサイトに投稿し、登録したメンバーが作品を無料で読んで評価します。そして、一定数の読者が高い評価をした作品をSw♥♥on Readsの編集者が読み、「出版に値する作品だ」と評価したら紙媒体と電子書籍の両方で出版されるという流れです。

 

(さらに…)

街と書店ーサンフランシスコ

世界のどの都市に行っても時間があるかぎり書店を訪れることにしています。書店と食材を売っている店は、その土地の人びとを反映しているから見逃せません。

けれども、アマゾンの台頭でアメリカの街からどんどん書店が消えています。書店が生き残るためには、客から「(ディスカウントがある)アマゾンではなく、書店で買いたい!」と思わせなければなりません。生き残っている書店は、どんなアイデンティティを武器にしているのでしょうか?

Mr. Penumbra's 24-Hour Bookstore(ペナンブラ氏の24時間営業書店)』の舞台になっているサンフランシスコに行く機会があったので、まったく異なるタイプの代表的な書店を二つ訪問してみました。

(さらに…)

表紙のそっくりさん集合!

話題の新刊などをあれこれチェックしていたら、見たことがある表紙が目に入りました。以前本ブログでご紹介したノンフィクションの英国版のデザインかと思ってよく見たらタイトルがぜんぜん違います。

なんと、同じ写真を反転させたそっくりさんでした。

左はCareless Peopleというノンフィクションで、右はThe Wife, the Maid, and the Mistressという新刊の小説です。

ひどいのは、発売日がそれぞれ、2014年1月23日と1月28日で、たったの5日しか違わないということです。

こういうことが起きる原因は、簡単に言ってしまえばデザインの怠慢です。

著者たちはさぞかし嫌な思いをしていることでしょう。

(さらに…)

日本で洋書が買える書店リスト(未完成、進行中)

「もっと多くの方に洋書を楽しんでもらいたい!」というのが、このブログを始めたときの動機のひとつでもありました。

アメリカ暮らしなのでご紹介する情報がネット書店に偏りがちですが、書店でいろいろな洋書の表紙を眺めて楽しんだり、偶然の出会いもしていただきたいといつも思っています。私にも、そういう偶然の出会いで好きになった作家が沢山いますから。

そこで、日本で洋書が買えるお店(ある程度充実している必要あり)のリストを作ってみようと思いました。

SNSやブログでの情報を元に少しずつ充実させてゆきたいと思っていますので、「このお店にはこんなものがあるよ!」といった情報のご協力、よろしくお願いいたします。書店の自己推薦も大いに歓迎です。住所がわかるサイトがない場合には、住所や行き方もお教えください。

(さらに…)

ハリー・ポッターの著者J.K. Rowlingが偽名でミステリを出版していた

…という話だが、それが明らかになったいきさつが興味深い。

英国のThe Sunday TimesのArts部門の編集者Richard Brooksがスクープしたものだが、その発見が推理小説そのものなのである。

同僚がThe Cuckoo’s Callingというミステリについてツイートしていたところ、匿名のツイッターユーザーから「それはJ.K.Rowlingの作品だ」というリプライを受けたらしい。(その後、そのリプライは消去されてしまっているようだ)。そのいきさつについては、Business Insiderの記事が詳しい。

(さらに…)

ハリー・ポッターの著者が偽名で出版していたミステリ『The Cuckoo’s Calling』

著者:Robert Galbraith (J.K. Rowling)

ハードカバー:464ージ

出版社:Mulholland Books

発売日:2013年4月30日

難易度:上級レベル(ネイティブ英語スピーカーの普通レベル)

適正年齢:PG15(高校生以上)
ジャンル:探偵小説/ハードボイルド

(今回から、『洋書ベスト500』の体裁にあわせた表示に変えます)

http://rcm-na.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316206849
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316206849

 

有名なロックスターの非嫡子Cormoran Strikeは、オックスフォード大学を中退して従軍し、アフガニスタンで片足を失って私立探偵になった。だが、クライアントに恵まれず、借金で首が回らない状況になっていた。そのうえ、15年もの間運命を狂わせてきた美貌の女性Charotteとついに別れ、住処も失う。

そんな絶望的な日に、Strikeのもとに派遣会社から新しい秘書Robinがやってくる。秘書などを雇う余裕がない彼が戸惑っているときに、新しいクライアントが訪れる。それは、少年時代に亡くなった親友の兄John Bristowで、妹の死の真相を突き止めて欲しいというのだ。Strikeの親友が亡くなった後に養子になった少女Lulaは黒人と白人のハーフで、スーパーモデルとして活躍していたのだが、ある日自宅のバルコニーから飛び降りて亡くなった。いっときは新聞をにぎわせた事件だったが、すでに自殺として落ち着いていた。だが、Johnは他殺だと強く信じていた。

(さらに…)

『ジャンル別 洋書ベスト500』ができるまでのじゃ〜にー

ジャンル別 洋書ベスト500』のアイディアが浮かんだときには、1冊の本にするのがこんなに大変だとは想像もしてみませんでした。

アメリカで本に関わる知人にこの企画のことを話し、好きな本を尋ねたとき、必ず返ってきたのが、「そんな大変なことを!」というリアクションでした。そして、スケジュールを語ると「それは不可能だよ」ときっぱり言われました。

(さらに…)