注目の新刊

2021年の新年の抱負

どの文化でも、新年はこれまでたまったミスや怠惰などを捨てて「最初からやり直す機会」ととらえられている。そこで、New Year’s Resolutionsとか新年の抱負とかいう表現ができている。

けれども、たいていの人は5日くらい続けて挫折し、挫折したことに挫折して、すっかりやめてしまう。私くらいの年令になるとそのパターンを知っているので、New Year’s Resolutionsはとてもゆるいものにしている。

私の今年のゆるい目標は、
1)自分の心身の健康を最優先する
2)楽しいことを選ぶ。健康を守りつつ楽しめる自信がなかったら、魅力的な仕事でも断る
3)いったんやると決めたら、楽しめるようにする
4)毎日を大切にする

Read More »2021年の新年の抱負

2020年に書きそびれた本のひとことレビュー Vol. 1

2020年のうちに書こうと思っていた本のレビューが溜まりすぎて不可能になっていました。いつもならそのままにするのですが、今年はシンプルにメモを残しておこうと思います。全部書いたらページが重くなってしまったので、Vol.1、2、3に分けることにします。

Vol.1 は、お薦め度が高いものです。

Hidden Valley Road

Read More »2020年に書きそびれた本のひとことレビュー Vol. 1

歴代の大統領の本を書いてきたボブ・ウッドワードが、トランプに対してこれまでの大統領に対して決して書かなかったことを書いた Rage

作者:Bob Woodward
ハードカバー: 480 pages
ISBN-10 : 198213173X
ISBN-13 : 978-1982131739
出版社 : Simon & Schuster
適正年齢:PG15(興味がある人ならどの年齢でも)
難易度:上級(7/10、日本の受験英語をマスターした人には読みやすいストレートな文章)
ジャンル:ノンフィクション
キーワード:アメリカ大統領、ドナルド・トランプ、独裁者、国政、トランプ大統領、パンデミック、リーダーシップ

 

Read More »歴代の大統領の本を書いてきたボブ・ウッドワードが、トランプに対してこれまでの大統領に対して決して書かなかったことを書いた Rage

2020年ネビュラ賞長編部門受賞作は現在のパンデミックを予言したかのような近未来SF A Song for a New Day

作者:Sarah Pinsker
フォーマット: Kindle版(ペーパーバック版はほとんど入手不可能)
ファイルサイズ: 2986 KB
紙媒体でのページ数: 384 ページ
出版社: Berkley
発売日:2019/9/10
適正年齢:PG15(同性セックスの話題はあるが、露骨な表現はない)
難易度:中級+(新しい難易度で6/10。わからない単語はあると思うが、文章はシンプルで短い)
ジャンル:SF/近未来小説
キーワード:パンデミック、隔離された社会、ライブミュージック、コンサート
文芸賞:2019年ネビュラ賞受賞作(長編部門)

Read More »2020年ネビュラ賞長編部門受賞作は現在のパンデミックを予言したかのような近未来SF A Song for a New Day

アメリカで話題になっている本を読めば、アメリカの過去と現在がわかる! 『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(渡辺由佳里)

ずっと出したいと思っていたレビューエッセイ集をようやく出せることになりました。
ベストセラーで読み解く現代アメリカ』を説明するためには、「はじめに」と「目次」をお読みいただくのが一番良いと思い、亜紀書房さんの許可をいただいて転載させていただきます。目次に入っている65冊のほかにも、文中で多くの本を御紹介していますので、読みたい本が増えて困ることを保証いたします!

Read More »アメリカで話題になっている本を読めば、アメリカの過去と現在がわかる! 『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(渡辺由佳里)