現代文学

混沌とした展開がリアリスティックな世紀末小説『MaddAddam』三部作ついに完結

私にとってマーガレット・アトウッドは、本当に複雑な作家です。

登場人物には感情移入させてもらえないし、読後に「どよよ〜ん」とすることが分かっている。それなのに、なぜか新しい本が出るたびに手に取ってしまい、「これから、悪いことが起きるぞ〜。どんどん悪くなるぞ〜」と思いつつも途中でやめられず、最後まで読んでしまう。そして、ふたたび何日も「どよよ〜ん」としてしまうのであります。

その究極の作品が、10年かけて完結した三部作の『MaddAddam Trilogy』かもしれません。

混沌としたこの三部作を説明するのはとても面倒なのですが、アトウッドがノーベル文学賞を受賞することを期待している私としては、この大作を無視するわけにはゆきません。ちょっと努力してみることにしました。

慣れていない人には理解しにくいと思いますので、少々ネタバレいたします。

 

Read More »混沌とした展開がリアリスティックな世紀末小説『MaddAddam』三部作ついに完結

もし人生を生き直すことができたら… Life After Life

著者:Kate Atkinson
ハードカバー544ページ
出版日:2013/4
SF(Speculative Fiction)/歴史小説
難易度<最上級レベル>
適正年齢:PG 15(高校生以上)
 

1910年の大雪の日に生まれたUrsulaはすぐに死ぬが、また1910年の雪の日に生まれ直し、救命の処置をされて生きるチャンスを与えられる。だが、幼いうちに溺れ死に、再び大雪の朝に生まれる。Ursulaは、あるときにはインフルエンザで死に、あるときは暴力の犠牲になる。でも次の人生ではデジャヴュのような感覚がその選択を避けさせてくれる。個人の選択では変えられないふたつの戦争に影響を受けるが、そこにも彼女自身の選択はある。

Read More »もし人生を生き直すことができたら… Life After Life

「紙媒体vs電子書籍論争」を連想させる軽くて深い風刺小説 Mr. Penumbra’s 24-Hour Bookstore

Robin Sloan
ハードカバー: 288ページ
出版社: Farrar Straus & Giroux
ISBN-10: 0374214913
発売日: 2012/10/2

文芸小説/現代小説/出版業界とIT業界の風刺

『これを読まずして年は越せないで賞』2012年候補作(渡辺推薦)

 


邦訳版

サンフランシスコのトレンディなベーグルショップで広告デザインを担当していたClay Jannonは、不景気のあおりを受けて失業してしまった。たいしたキャリアのない彼は再就職どころか面接にもこぎつけない。「仕事さえあれば何でもいい」という心境になっていたClayがようやくみつけたのが、24時間営業の本屋の「夜勤」の仕事だった。

Read More »「紙媒体vs電子書籍論争」を連想させる軽くて深い風刺小説 Mr. Penumbra’s 24-Hour Bookstore

イラク戦争時代のアメリカを見事に描いた風刺小説 Billy Lynn’s Long Halftime Walk

Ben Fountain

ハードカバー: 320ページ

出版社: Ecco

ISBN-10: 0060885599

ISBN-13: 978-0060885595

発売日: 2012/5/1

風刺小説/現代小説/文芸小説

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0060885599 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0060885599

 

イラクで敵からの攻撃に応戦したところをフォックスニュースが偶然映像にとらえて放映したため、陸軍歩兵隊のBravo隊のメンバーは母国で一躍有名になる。

Bravo隊のメンバーは、(ブッシュ政権のイラク戦争のプロパガンダが目的と思われる)一時帰国をし、ホワイトハウスを訪問したり、選挙で重要な地域を訪問することになる。そのツアーに加わったのが、この事件の映画化を考えついたハリウッドのベテランプロデューサーAlbertであった。彼はBravo隊の軍曹David (Sergeant Dime)と交渉し、映画化が決まったら生き残りのメンバー8人それぞれに10万ドルを払うことを約束していた。

18歳のBilly Lynnは、交通事故で大怪我をした姉との婚約を一方的に破棄した冷酷な男の愛車を破壊し、懲役の代わりに陸軍への入隊を選んだのだった。闘いが好きで加わったわけではないBillyは、部隊で最も親しくしていたShroom(ニックネーム)が殺されたときの自動的なリアクションでSilver Star章を受けとり、ヒーローとして扱われ、映画化されたら主役扱いになるという現状にとまどっている。

Read More »イラク戦争時代のアメリカを見事に描いた風刺小説 Billy Lynn’s Long Halftime Walk

中学生の「虐めと自殺」という重いテーマを詩的に問いかける Orchards

Holly Thompson
ハードカバー: 336ページ
出版社: Delacorte Books for Young Readers (2011/2/22)
ヤングアダルト/思春期の心理・社会問題/虐め

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=038573977X http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=038573977X

今月22日発売ですが、早めにご紹介。

母親が日本人で父親がユダヤ人のハーフKanako Goldbergは、ニューヨークに住む”普通の”女子中学生だ。けれども、友達グループがフェイスブックや携帯メールで陰口を言い、意地悪な言葉を投げかけた同級生のRuthが自殺し、少女たちは周囲から非難の目で見られるようになる。事件の後、米国の夏休み(6月)が始まり、少女たちは夏のキャンプなどに送られてバラバラになる。Kanakoは、母の実家である静岡の蜜柑農家に一人で送り込まれる。

Read More »中学生の「虐めと自殺」という重いテーマを詩的に問いかける Orchards

インディアン保留地を抜け出した作家の泣き笑い自伝的小説 The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian

Sherman Alexie
ペーパーバック: 288ページ
出版社: Little, Brown (2007/9/12)
ヤングアダルト/現代小説/社会・時事問題
2007年全米図書賞 児童書部門受賞作品

インディアン(アメリカ先住民)のreservation(特別保留地)に住む14才の少年アーノルド・スピリット(Arnold Spirit)の日記の形で、米国先住民が抱える社会問題を語る小説。著者Alexieの自伝的小説(autobiographical novel)と言われている。

Read More »インディアン保留地を抜け出した作家の泣き笑い自伝的小説 The Absolutely True Diary of a Part-Time Indian

現代の英国で「ユダヤ人であること」を問いかける2010年ブッカー賞受賞作 The Finkler Question

Howard Jacobson
ペーパーバック: 320ページ
Bloomsbury Pub Plc USA
 (2010/10/12)
文芸小説/現代小説/トピック:ユダヤ人、哲学
2010年ブッカー賞受賞作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1608196119 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1608196119

さえない元BBCラジオ番組プロデューサーのJulian Tresloveには、旧知の2人のユダヤ人の友がいる。ベストセラー作家で有名な哲学者の Sam Finklerとは学校時代からの親友だが、その友情は複雑なライバル意識に支えられている。もう1人は、JulianとSamの学校時代の教師Libor Sevcikである。

Read More »現代の英国で「ユダヤ人であること」を問いかける2010年ブッカー賞受賞作 The Finkler Question

ある中流階級の家族を通じて自由の国アメリカ合衆国の現代を描いた大作 Freedom

Jonathan Franzen
576ページ(ハードカバー)
Farrar Straus & Giroux
2010/8/31刊行

●筋書きをあまり知りたくない方への短いバージョン

Patty, Walter, Richardの3人は、大学時代に知り合う。バスケットボールの花形選手で競争心が強いのに自己評価が低いPatty、Pattyに惚れ込む善良なWalter、Walterの善良さを愛する親友のくせに彼が好きになった女の子に手を出しては捨てるロックミュージシャンのRichard。愛情と競争心で繋がる3人の複雑な関係は、PattyとWalterが結婚した後もくすぶり続けている。

Read More »ある中流階級の家族を通じて自由の国アメリカ合衆国の現代を描いた大作 Freedom