科学・医療・健康(ノンフィクション)

インターネットビリオネアが率先する21世紀の宇宙事業

The Space Barons

作者:Christian Davenport
ハードカバー: 320ページ
出版社: PublicAffairs
ISBN-10: 1610398297
発売日: 2018/3/20
難易度:中級+(単語さえ調べれば、日本の高校英語教育を終えたレベルで読める文章)
ジャンル:ノンフィクション

Rocket Billionaires

作者:Tim Fernholz
ハードカバー: 304ページ
出版社: Houghton Mifflin Harcourt
ISBN-10: 1328662233
発売日: 2018/3/20
難易度:中級+
ジャンル:ノンフィクション

Read More »インターネットビリオネアが率先する21世紀の宇宙事業

脳科学者が自分自身の生活を根こそぎ変えて学んだハッピーな脳の作り方 Healthy Brain, Happy Life

著者:Wendy Suzuki
ハードカバー: 320ページ
出版社: Dey Street Books
ISBN-10: 0062366785
発売日: 2015/5/19
適正年齢:PG12(内容としては高校生以上のほうがわかりやすい)
難易度:中級(医学用語も出てくるので英語ネイティブには難しく感じるかもしれないが、受験英語を学んでいる日本人にはかえって読みやすい英語)
ジャンル:ノンフィクション(医療、健康、ライフサイエンス)/回想録/自己啓発
キーワード:脳科学、エクササイズ、家族愛、恋愛、健康、記憶、海馬、クリエイティビティ、幸福

Read More »脳科学者が自分自身の生活を根こそぎ変えて学んだハッピーな脳の作り方 Healthy Brain, Happy Life

人生の終わりはどうあるべきか? Being Motal

著者:Atul Gawande
ハードカバー: 282ページ
出版社: Metropolitan Books; 1版 (2014/10/7)
ISBN-10: 0805095152
発売日: 2014/10/7
適正年齢:PG15
難易度:中級(日本の学校英語でよくわかる英語)
ジャンル:ノンフィクション/エッセイ
キーワード:高齢者医療、終末期医療、エンドオブライフケア、死、老人ホーム, Nursing Home
媒体について:オーディオブックに適している本(ゆったりとしたわかりやすい発音)キンドルでも読みやすい。

Read More »人生の終わりはどうあるべきか? Being Motal

トンデモ質問に大真面目に答えた(まったく実用性がない)科学本 What If?

著者:Randall Munroe
ハードカバー: 320ページ
出版社: Houghton Mifflin Harcourt
ISBN-10: 0544272994
発売日: 2014/9/2
適正年齡:PG(何歳でも読めることができればOK)
難易度:中級(日本で英語を学んだ人には一番読みやすいタイプの文章)
ジャンル:ノンフィクション(科学)/ユーモア/漫画(イラスト)
キーワード:Hypothetical Questions

私は、小型の飛行機に乗る時に反対側に体格が大きなアメリカ人が座ると、「あっちに傾いてバランスがとれなくて危ないんじゃないか。誰か重そうな人を私の前に乗せてくれ」と不安になる。バスや船で窓の外にある何かを見るために乗客がひとつのサイドに押し寄せると、外を見るよりも「バランスを取るために反対側に行かなくては」と焦ってしまう。

そういった不安には根拠があるけれども、それを延長させていった「地球上の人類が一箇所に集まったらどうなるんだろう? 地球の回転速度が変わっちゃうんじゃないかな? 」というのはありえない疑問である。
けれども、考え始めたら気になるものである。

そのありえない仮説の「もしこうなったら、どうなるだろう?」という質問に、大真面目に科学的に答えるのがこの本「What If」である。

(実際に、地球上の人類がいっせいにジャンプして着地したらどうなるのか?」という質問もあった。)

Read More »トンデモ質問に大真面目に答えた(まったく実用性がない)科学本 What If?

パラノイアになりがちな母の視点からスタートして予防接種の重要さに辿り着いた本 On Immunity

著者:Eula Biss
ハードカバー: 205ページ
出版社: Graywolf Pr
ISBN-10: 1555976891
発売日: 2014/9/30
適正年齡:PG12(どの年齡でも興味があれば読んで良い内容。理解できるようになるのは中学生以上)
難易度:中〜上級レベル(大学入試に出てきそうで読みやすい文章も多いが、文学的で難しい箇所もある)
ジャンル:ノンフィクション/医療ルポ/一般科学/歴史(医療)
キーワード:予防接種、免疫、天然痘、アンチ予防接種、ナチュラル志向、沈黙の春、代替医療


邦訳版が出ました!

 

 

日本で最近風疹が増えて問題化している

風疹の問題はは疾病にかかった本人だけではない。
表面上は症状が出ていない感染者が増えることで、妊婦に感染させる確率も増えるのが問題なのだ。妊娠初期に妊婦が感染すると赤ちゃんの目、耳、心臓に障害が出る「先天性風しん症候群」にかかる可能性がある。

日本の風疹だけではない。人類が克服したとみなされていた伝染性疾患が世界中でまた増え始めている。その大きな原因は、予防接種拒否だ。

しかも、学歴が高く、社会経済的に恵まれている層の女性に予防接種拒否をする人が多い。

Read More »パラノイアになりがちな母の視点からスタートして予防接種の重要さに辿り着いた本 On Immunity