レベル8 (8/10)

2020年に書きそびれた本のひとことレビュー Vol. 1

2020年のうちに書こうと思っていた本のレビューが溜まりすぎて不可能になっていました。いつもならそのままにするのですが、今年はシンプルにメモを残しておこうと思います。全部書いたらページが重くなってしまったので、Vol.1、2、3に分けることにします。

Vol.1 は、お薦め度が高いものです。

Hidden Valley Road

Read More »2020年に書きそびれた本のひとことレビュー Vol. 1

貧困、アルコール依存症、性暴力、虐待、有害な男らしさが蔓延るサッチャー時代のグラスゴーを描き、デビュー作でありながら最も有名な文芸賞であるブッカー賞を受賞。Shuggie Bain

作者:Douglas Stuart
ハードカバー : 448 pages
ISBN-10 : 0802148042
ISBN-13 : 978-0802148049
Publisher : Grove Press
発売日:February 11, 2020
適正年齢:PG15+
難易度:8/10(スコットランドのグラスゴー訛りなどが難しく感じるかもしれない。文字で頭に入ってこない場合には、オーディオブックをおすすめ)
ジャンル:文芸小説(歴史小説)
キーワード/テーマ:サッチャー時代のグラスゴー(スコットランド)、労働者階級、貧困、アルコール依存症、性暴力、虐待、有害な男らしさ(toxic masculinity)、アダルトチルドレン
文芸賞:ブッカー賞受賞作、全米図書賞最終候補
2020年これを読まずして年は越せないで賞候補作

Read More »貧困、アルコール依存症、性暴力、虐待、有害な男らしさが蔓延るサッチャー時代のグラスゴーを描き、デビュー作でありながら最も有名な文芸賞であるブッカー賞を受賞。Shuggie Bain

ノーベル文学賞受賞者のオルガ・トカルチュクを英語で読み比べた感想 Flights / Drive Your Plow Over the Bones of the Dead

作者:Olga Tokarczuk
原作の言語:ポーランド語
ジャンル:文芸小説
難易度(英語):8/10
賞:ノーベル文学賞受賞、ブッカー国際賞受賞(2018年)など

Flights

Drive Your Plow Over the Bones of the Dead

2018年にブッカー賞の国際賞とノーベル文学賞という大きな賞を連続で受賞したオルガ・トカルチュクは、日本でもファンが多く、読者評価も高いようだ。

しかし、アメリカではブッカー賞を受賞したFlights(邦訳版のタイトルは『逃亡派』)の読者評価は「高い」とは言えない。褒めている人はもちろんいるが、「がっかりした」という意見がかなりある。私もどちらかというと後者のほうだ。

Read More »ノーベル文学賞受賞者のオルガ・トカルチュクを英語で読み比べた感想 Flights / Drive Your Plow Over the Bones of the Dead