どうせなら、楽しく生きよう – A book about life and happiness


生きるのがつらくてたまらないとき。
「うまくいっている人」と自分をつい比べてしまうとき。
「束縛する親」から逃れられないとき――。
きっとあなたの助けになる、絶望からの救いのエッセイ。

 

いろんな方の援助でできた本です。

考えついたときに相談したのがアポロ宇宙飛行士のアラン・ビーンさんでした。

執筆後は、ミュージシャンの矢野顕子さんには紹介文を書いていただきました。

そして、刊行後にはボストンで初めて出会った音楽プロデューサーの亀田誠治さんと東京で再会して対談もしました。

超素敵な方々に助けていただいた、特別な本です。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

This is a book about life and happiness, and it was originally published as Kindle version.


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中