洋書の難易度レベル(2021年新バージョン 10段階)

2008年末にスタートしたときから難易度を5段階にしていましたが、それでは無理があることがわかってきましたので、10段階評価に変えることにしました。1が最も簡単で、10が最も難解です。これまでの5段階レベルをすべて修正することはできませんので、それぞれが適当にこの10段階にあてはめてください。

それぞれのレベルの説明と、本の例を下記にリストしました。

語彙や文法、ページ数は考慮に入れていますが、上のレベルになるほど「入り込みやすいかどうか」「理解しやすいかどうか」を重視しています。

また、これは一般的なレベルの判断であり、それぞれの人の好みのジャンル、本の内容に関連した知識があるかどうかによって読みやすいかどうかは大きく変わります。たとえば、SFが好きな人であればSFの設定はすぐに理解できるけれどそうでない人にはまったく理解できない、医学の専門家なら英語がさほど得意でなくても医学に関した書類はほぼ理解できる、といったことです。

それらをご考慮のうえでリストを参考にしてください。

 

また、本選びの参考にしやすいようにそれぞれのレベルを説明することにしました。ただし、これらは私が自分の体験から得た主観がかなり入っているので、みなさんのご意見などを反映して修正していくつもりです。

自分にあった英語の本の選び方については、「初めての本選びのコツ」を参考にしてください。

 

レベル1(1/10)

英語ネイティブの幼児が言葉を習い始めるレベル
(親が読み聞かせるという前提)

First 100 Words

Richard Scarry’s Lowly Worm Word Book

 

レベル2(2/10)

アメリカの幼稚園から1年生
Lean to Read Books

Level1

Level 2

 

レベル3(3/10)

アメリカの1年生後半
Chapter Books

Magic Tree House

Ramona

 

レベル4(4/10)

アメリカの小学校2から3年生

Matilda

 

Charlotte’s Web

 

レベル5(5/10)

アメリカの小学校高学年から中学生
Middle Grade Children’s Books

Holes

Nevermoorシリーズ

 

レベル6(6/10)

アメリカの中学生から高校生
YA(ヤングアダルト)

The Hate U Give

A Good Girl’s Guide to Murder

 

レベル7(7/10)

英語ネイティブの大人が気晴らしや娯楽でさらりと読めるレベル

Born A Crime

Big Little Lies

 

レベル8(8/10)

英語ネイティブでも、文脈やプロットに注意を払わなければならないレベル

A Gentleman in Moscow

Once Upon a River

 

レベル9(9/10)

英語ネイティブでも、理解するために努力する必要があるレベル

Call Them by Their True Names

The Fifth Season

 

レベル10(10/10)

英語ネイティブでも難解だと思うレベル

Lincoln In The Bardo

Milkman

The Luminaries