次期医務総監候補の書いた本-今後売れそうな本

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0446698180&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

次期大統領のバラク・オバマがCNNの医療担当レポーターで神経外科科医師のサンジェイ・グプタ(Sanjay Gupta)氏を医務総監(Surgeon General )に起用するつもりであることが報道された。グプタ氏は両親がインドから移民したインド系アメリカ人であり、大統領夫人時代のヒラリー・クリントンのアドバイザーだったこともある。

通常医務総監という地位はあまり注目されないものだが、39歳という若さとハンサムな容貌、エネルギーに満ちたカリスマ性で人気があるグプタが就任すれば、この地位そのものが注目されるであろうと見られている。

彼が2007年4月に出したこの本には、沖縄人の長寿についても書かれている。もし彼が医務総監に就任すれば、ニュース性があるために日本でも興味を抱く者が出てくるだろう。

コメントを残す