Kindleでしか読めないキングの新作UR

Kindleが買えないためにURが読めない日本のキングファンのみなさん、読み逃しても後悔するような作品ではありませんからご心配なく。

Ur

AmazonのStephen Kingのページ

Kindle発表記念の作品だからかもしれませんが、あまり怖くなく、軽く読めて、ハッピーエンドです。この物語には、「好きな作家の作品をもっと読みたい」というファン心理が反映しています。それをキングがよくわかっているのは面白いところです。
私が個人的に吹き出したのはKindleを読んでいる主人公とそれに気づいたウエイトレスの会話です。

「それ、Kindleでしょう?」ウエイトレスが尋ねた。「私もクリスマスにもらったんだけれど、とっても気に入ってるわ。Jodi Picoult(作品数が多いので有名)の作品はもうほとんど読みつくしちゃった」
「全部ってことはないと思うな」(この理由はストーリーに関係あり)
「えー。どうしてよ?」
「たぶんもう次の作品ができてるだろうなって、そういう意味だよ」
「それをいうなら、ジェームズ・パターソンは今朝おきてからもう一冊書き終わっているわよね」そう言って彼女はケラケラ笑いながら立ち去った。

私ならここにJoyce Carol Oatesも加えますが。

あらすじはこんな感じですネタばれです)。

*********************************
ケンタッキー州のぱっとしない大学で英文学を教えているWesley Smithは、最近本に対する態度の差が原因で、バスケットボール部のコーチをしているEllen Silverman(私の友達と同姓同名!)と仲たがいする。それがひとつの原因になって、これまで「コンピューターで本を読む」ことに大反対だったWesleyはKindleを購入する。
Wesleyが注文したKindleが届くと、それはピンクだった。Kindleは白しかなかった筈だが...といぶかしがるWesleyは、このKindleには他のKindleにはない機能があることを発見する。
Kindleのメニューにはexperimentalという新しい機能を試す選択がある。そこでWesleyが見つけたのは、Amazon.comだけでなくURから本をダウンロードできるという機能だ。彼がヘミングウェイを検索してみると、間違っていることが明らかな情報があふれている。それだけでなく、ヘミングウェイが書いていないことが明らかな小説もある。好奇心でそのひとつをダウンロードしたWesleyは、文体がヘミングウェイそのものであることにショックを受ける。他の作家でもそうだった。一睡もせずにそれらの作品を読み漁っていたWesleyは自分の頭がおかしくなっていないことを確かめるためにひとりの学生と同僚にKindleを見せる。Wesleyと同じようにこのKindleの虜になった2人と一緒に、彼は他のexperimental機能も試してみる。
URでニューヨークタイムズ紙の過去の記事をいくつかダウンロードしてみると、ヒラリー・クリントンやミット・ロムニーが大統領になっている。それより恐ろしいのは、ローカルニュースだった。町の地方新聞の記事は未来のものしかダウンロードできないし、しかも「パラドックス法が適用される」というのだ。
Wesleyがそこで読んだのは、仲たがいしているがまだ愛しているEllenとバスケットボール部の部員たちが試合後のバスの事故で死亡するという記事だった。バスケットボール部にガールフレンドがいる学生とともに、Wesleyはこの事故を阻止しようとする。しかし、それは「パラドックス法」に違反することではないのか?

1 Comment

  1. スティーブン・キングの作品はどれもとっても長いので、文章は簡潔で読みやすいと聞いていても、なかなか手が出ませんでした。この作品を読もうと思ったのは、「kindleでしか読めない」という部分よりも、「短編」というところに食いついたというのが正直なところです。
    kindleや小説・作家についての話がとても多く、登場人物も少ないので、話の筋を見失わずにさくさく読めました!

コメントを残す