これから出る注目の新刊-Play

これまで何度か別のブログで触れてきたことですが、私は「早期英才教育は時間の無駄だけでなく、有害だ」と強く信じてきました。私がこれまで出会った成功者たちは、たいていがり勉をせずに子供らしく遊んできた人々です。大人になってからも、これらの人々は忙しい合間を縫って真剣に遊びます。それこそ「よく遊び、よく学べ」という感じで切り替えがうまいのです。サーフィンをしたり、テニスをしたり、モデルの飛行機を作ったり、と種類こそ異なれ、ちゃんと遊んでいる人はおおむね仕事もできるし、幸せだし、健康なのです。

この私の感覚を裏付けてくれるような本がもうじき出版されます。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1583333339&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

作者は内科と精神科を専門に学んだのちThe National Institute for Playという非営利団体を設立した医師で、「Play: How It Shapes the Brain, Opens the Imagination, and Invigorates the Soul」で、遊びが睡眠や栄養と同等に健康にとって重要なものであることを説いています。遊びこそが人間の「成功」と「幸福」を決める最も重要な要因であるという説には同感せずにはいられません。
出版が待ち遠しく思われます。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中