洋書のバーゲンブックを狙おう!

Amazon.co.jpのおかげで最近は日本でもけっこう廉価で洋書が入手できるようになったようですね。アメリカの価格とそう変わらないものが多いようで驚きます。

でも、アメリカのAmazon.comを使った安い洋書の入手方法もあるのですよ。

それは、バーゲン価格に値下げした本を注文することです。Amazon.comのバーゲン価格のページはこちらです。

Bargain_books

日本のアマゾンからアメリカに注文すると送料が3000円ほどかかるのでなかなか思い切って注文できませんが、アメリカのアマゾンから日本へはたったの4.99ドルで送ってもらえます。

でも、バーゲン本の在庫の多さではBurns & Nobleにはかないません。Burns & Nobleのバーゲンページを見て下さい。ただし、送料はAmazon.comよりやや高く、5.49ドルです。5.99ドルで準速達便(Priority Mail)になります。私はBurns & Nobleのオンラインを利用したことがないので、それについては評価できません。

バーゲン価格になっているものにはけっこう過去のベストセラーが多いので、それが魅力です。ペーパーバックが発売されるとハードカバーが売れ残るので、バーゲンでハードカバーを処分するのがよくあるパターンです。特にアートや料理の本など、ハードカバーである必要がある本を希望される方は日本のアマゾンで購入するよりも安くなる可能性が高いので、ぜひお試しください。

B_nアメリカにお住まいの方はBurns & Nobleのバーゲン本コーナーをぜひお試しください。特に、ボストン周辺でしたらBurlingtonのBurns & Nobleです。ここは、全国でもバーゲン本の在庫が最も多い書店のひとつとして知られています(B & Nから直接得た情報)。私はしょっちゅうここで5ドル以下のハードカバーを漁っています。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中