Battle of the (Kids’) Books 準決勝第二マッチ

引き続きバトルの中間報告です。ここから入った方はこちらを。バトルのサイトはこちら。審判は邦訳もされているホエール・トークなどスポーツ、人種差別、児童虐待を扱う青春小説の第一人者Chris Crutcherです。

Round3match2

いよいよ決勝に勝ち残る最後の本が決まる準決勝第二マッチです。それぞれの本についてはThe Hunger Games第一ラウンド第二ラウンドの取り組みと、The Lincolns第一ラウンド第二ラウンドの取り組みを参考にしてください。

ジャンルが異なるから正確に比較できないことを英語で"comparing apples and oranges"とか "apples to oranges"といいます。でも、審判のCrutcherはりんごとオレンジは少なくともフルーツだ、とファンタジーと歴史ノンフィクションの比較の難しさをぼやいています。

これまでの審判誰もが認めるように、The Lincolnsはすべての子供に読ませたい、読ませるべき本という感じです。ふだんファンタジーを読まないCrutcherにとってThe Hunger Gamesという「ファンタジーを読まねばならない」という義務は負担だったようですが、読後の感想は、「(主人公の)Katnisの語りは完璧。人物描写とアクションのバランスも完璧。人間関係は複雑で説得力があり、常にストーリーを前に進めてゆく。まさにずば抜けた冒険小説」と激賞しています。
興味深いのは、Crutcherが「われわれ作家の仕事は、子供に本を読ませること。The Hunger Gamesは多くの子供に本をよませるだろう」と、児童書と作家について先日の審判とは根本的に異なる姿勢を持っていることです。
社会問題を多く取り入れた作品を書くCrutcherだからこそ、この言葉には重みがあります。

ということで決勝戦に進出したのはこれ(優勝の本命なので決勝戦までに読み終えます)...。

Round_winners_hunger

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0439023483&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1407109081&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0375836187&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0375836187&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

決勝はThe Astonishing Life of Octavian Nothing第二巻The Hunger Gamesです。読者の人気と面白さから判定すれば間違いなくThe Hunger Gamesですが、それは審判しだい。審判は、私が先週末に会った児童書作家の女王Lois Lowryです。
来週はLowryの作品もご紹介します。お楽しみに。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中