自閉症の子の兄弟姉妹たちの意見-Autism and Me: Sibling Stories

著者:Ouisie Shapiro
出版社:Albert Whitman & Company
発売日:March 1, 2009
児童書
(Amazon.comによると9~12歳用だが、私が読むかぎりでは小学校低学年向け)/写真ルポ

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0807504874&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0807504874&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Amazon Vine™ Programで得た本(それについてはこちらを)。
「自閉症や難病にかかっている子供と親も大変だが、その子の健康な兄弟(姉妹)がその犠牲になることが多い。親が手のかかる子=かわいそうな子に全力を尽くしているために、健康な兄弟たちは無視されているか常に『良い子』であることを強要される。そのために深刻な心理的・社会的問題を起こすことがある」と心理学者の友人から聞かされたことがあります。
それゆえ、Autism and Me: Sibling Stories(自閉症と私:自閉症児の兄弟姉妹の体験談)というタイトルと写真を見て「兄弟の視点で書いた本だ」と思いこんで期待していたのです。
送られた本は写真を含めてたったの32ページで、あっという間に読めたのはよいのですが、正直肩すかしをくったような気分でした。
自閉症の子とその兄弟姉妹が自然な笑顔を浮かべて仲よさそうに触れ合っている写真には頬が緩みますし、健康な兄弟姉妹からの「自閉症があるからといって僕の兄/姉/妹/弟は馬鹿ではない」、「弟がいてよかった」といったメッセージも自閉症を知らない子供にとっては役立つものですし、心温まるものです。たとえばこんな感じです。

I feel lucky to have a brother like Ford because I’m exposed to more things. One time we were at the beach, and we saw hermit crabs. Ford called them spiders, and I thought about how they did look like spiders. So he helps me see different points of view.

この語り手Callieは、『良い子』であることを期待されている健康な兄弟姉妹のイメージそのものです。たぶん実生活でもとっても良い子なのでしょう。でも、きっとフラストレーションがたまること、理解してほしいことはあるはずなのです。それを乗り越えたうえで、「それでも私は弟が好き」という結論に達しているのだということが、この本のどの子のケースからもうかがえませんでした。それが残念でなりません。

私がこのように感じたのは、Amazon.comのReading Levelに9-12歳と書かれていたせいもあります。9-12歳を対象にした本であればもっと複雑な心境まで掘り下げるべきですが、どう考えてもこの本は小学校低学年対象です。そう思い直してみれば、この本を学校の図書にすれば、自閉症の兄弟姉妹がいる子が気兼ねせずに自分のケースを紹介するきっかけになりますし、差別をなくすクラスのディスカッションにも使えます。そういう意味で、ぜひ小学校の図書館において欲しい作品です。日本であれば、中学校の英語の授業に使って、英語でのディスカッションに利用すると生きた英語を学ぶことができると思います。

●読みやすさ ★★★★★
★★★★★と★★★★の中間。初心者向け。Reading Levelが9-12歳と書かれていますが、絵本より少々難しい程度です。
中学校3年生くらいの英語力で十分読めると思います。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中