彼女は加害者なのか被害者なのか?読みごたえある心理ミステリー-Alone

2005年
480ページ(マスマーケット版)336(ハードカバー)
Bantam
心理ミステリー

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0553584537&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0553584537&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

マサチューセッツ州警察特殊部隊スナイパーのBobby Dodgeは、家庭内暴力の人質事件でGagnon家に緊急配置される。一家の主であるJimmyが妻のCatherineと息子のNathanに拳銃を向け発砲する寸前にJimmyを銃殺したBobbyの行動はスナイパーとして正当な行為であったが、Jimmyの父は地元で強い権力を持つJames Gagnon判事である。判事夫妻は、BobbyがCatherineに誘惑されてJimmyを殺害したと信じ、糾弾する。


Catherineは子供のころに誘拐されて性的虐待を受けたという過去があり、結婚した相手のJimmyも家庭内暴力を振るう虐待者だった。
Bobbyは美しく繊細なCatherineに惹かれるが、人質事件に至るまでの状況を知るにつれ、Catherineの意図を疑うようになる。
いっぽう、Catherineとは初対面だと主張していたBobbyが、本人が覚えていなかったものの一度パーティで出あっていた事実も明らかになり、警察の同僚たちもBobbyから距離を置くようになる。
そのうえ周囲の人々が死にはじめ、Bobbyは孤独に真相を突き止めようとする。

●ここが魅力!
女性が書いたものにしてはめずらしく、主人公のBobbyが実際の男性のようにリアルに描かれています。実直で不器用なところがハードボイルドで素敵です。
また、心理サスペンスとしても多くの要素が複雑にからんでいて、まったく飽きさせませんでした。
私はこれをトレッドミルのジョギング用にKindleに入れて読んだのですが、おかげで2時間ぶっとおしで走れました。

●読みやすさ ★★★☆☆
ミステリーとしては平均的な難易度です。
他の警察ものに慣れていたら、特に読みにくいところはないでしょう。
Kindleで読んだのでどのくらいの長さか知らなかったのですが、480ページと知ってびっくり。もっと短いと思っていました。それほどペースが速いストーリーだということでしょうね。

●アダルト度 ★★★☆☆
性的虐待などのテーマを扱っていますしそれなりのラブシーンもありますから大人向けです。

●この本を気に入った方は、続編をどうぞ
Hide
またもBobbyが主人公。廃墟になったかつての精神病院の跡地で、隠された地下壕が見つかる。そこには6つの白骨死体が。死体が身に着けていたロケットからひとりの身元が判明したが、その少女が警察に名乗り出てきて、事件は意外な方向に。心理サスペンスとミステリー度はこちらのほうが高く、これも「読み始めたらやめられない度」が高い。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0553588087&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0553588087&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中