Thomas Pynchonの新作はまたも60年代と70年代のカリフォルニア

Thomas Pynchonの新作Inherent Viceが明日(8/4)発売になります。
舞台は彼得意のカリフォルニアで時代は70年代初期。サファーにドラッグ、バイカー、そして登場人物たちのパラノイア…というとどこかで聞いたような…

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1594202249
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1594202249

ニューヨークタイムズ紙の書評によるとPynchon Lite(ビールに例えればアルコール度の薄いライトビール、といった感じ)なのだそうです。
この物語でのPynchon独自のパラノイアは政治的なものというよりもマリファナの吸い過ぎによるもの、みたいで、どっちかというとシンプルな作品のようです。ですが、ボブ・ディランのように、Pynchonであるというだけで価値ある作品ではないかと思います。

コメントを残す