発売当日に百万部以上売れたDan Brownの新刊 The Lost Symbol

Dan Brown
528ページ(ハードカバー)
2009年9月15日発売
Doubleday Books
スリラー

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385504225
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385504225

(あらすじ)
Angel & Demons The Da Vinci Codeでおなじみのハーバード大学のSymbologist、Robert Langdonが主人公。
長年の友人で有名なフリーメイソンのメンバーPeter Solomonから講演を依頼されたLongdonは、ボストンから急遽ワシントンDCに向かう。だが、ワシントンDCで彼を待ち受けていたのは、フリーメイソンが長年守り続けた危険な秘密とそれを手に入れようとするパワフルな敵だった。

●感想

まず、この本は15日の夜入手したので16日には読了する予定だったのです。それなのに、読み終えるのに4日もかかってしまいました。
その理由は、椅子に座って読み始めると必ず1時間以内に「ぐが〜」っとねむりこけてしまい、なかなか先にすすまなかったから。それも ” To his horror, something was staring back.”といった「はらはらドキドキ」的な章のエンディング(これがまた多いのですよ)でさえ気がつくと「ぐが〜」という恐ろしさ。中・高生のときに悩まされたナルコレプシー的発作がぶりかえしたのかと心配したくらいです。それに、ふだんなら家事を後回しにしても読みたい活字中毒の私が、読書の途中で床を眺めて「掃除機かけなくちゃ」と嫌いな掃除を始めるというのはThe Lost Symbolの謎より深刻な問題なのでは?

内容ですが、扱っているのがフリーメイソンやnoetic scienceと異なるものの、プロットはこれまでと根本的に同一です。謎ときは沢山あるのですが、同じようなパターンで驚きがないから退屈になるのです。たとえば「Melencolia I, 1514」の絵を観た中心人物(賢いことになっている女性)が”…I see nothing —– I give up.”というところ。よほど観察力がない人以外絵の中で真っ先に目につくのがこれなので、つい「どこ見てんのよ?」と本に向かって悪態をついてしまいました。そのうえ誰でもわかるような簡単な謎解きにその後の何ページも割いているのにもうんざり。登場人物が大騒ぎするわりにはそれぞれの謎解きに驚きがなく、ひとつの謎が次の謎を呼ぶというパターンにも斬新さがありません。
最後に驚きが用意されていることを期待していたのですが、これもアンチクライマックスでした。

もうひとつの問題は文章です。
The Da Vinci Codeも文章力はさほどありませんでしたが、スピード感のある展開で、謎解きの楽しさもあり、文章の稚拙さがさほど気になりませんでした。
でも今回はそのスピード感や謎解きの楽しみがあまりないために、表現の陳腐さが目立つのです。例えばmassiveという形容詞です。massiveというと私はすぐに「massive heart attack (非常に重篤な心臓発作)」を連想してしまうのですが、Brownは(特に「やめてくれ」と言いたくなる陳腐な箇所を含め)肉体の部分から扉までなんでもかんでも巨大なものがmassiveらしく(enormousもありましたが)気が散って困りました。他にも学校で学ぶような典型的な表現が多く、ついマーカーを使いたくなったことも…。

私にとっても最も深刻な問題は、登場人物が肉体のある人物として浮かび上がってこないことです。Robert Langdonと今回彼と一緒に走り回るパートナーのKatherine、そしてその他の脇役の会話がすべて同じ人物のもののように個性がないのです。まるで全員がDan Brownのアバターのようでした。

めちゃくちゃに非難しているようですが、以前にレビューしたJames RollinsのThe Judas Strainと同じレベルの本です。つまり、「発売当日に百万部以上売れた超ベストセラー」というタイトルに期待をしなければ普通に楽しめる娯楽作です。
noetic scienceや人類が失った究極の知識とは何か、といったテーマはけっこう興味深いので、528ページを250ページくらいにしていたらもっと面白くなっていたと思います。

余談ですが日系アメリカ人女性ということになっているCIAのDirector、Inoue Satoの名前をなんとかして欲しかったです。サトがファーストネームならかまわないのですが、Inoueがファーストネームなんですよ。1960年代じゃあるまいし…。これは編集の責任ですぜ。

●読むときにおすすめすること

インターネットを活用して謎解きの鍵になるアートや場所を学びましょう。それを加えて自分なりの推測をすると、がぜん面白みが増します。ワシントンDCの旅行ガイドとしても楽しめます。

●読みやすさ ★★★☆☆

文章は簡単です。それだけならば★★★★☆ですが、「ひきこまれる」感じがないので★★★☆☆に減らしています。

●アダルト度 ★☆☆☆☆

昔は肉欲に浸ったが…的な回想はありますが、具体的な描写はまったくゼロです。

コメントを残す