「クリスチャン・ロマンス」ってどんなロマンスなの?

ブログ読者の方からロマンス分野でよく見かける「Christian Booksとはどういうものか?」という質問をいただきましたので、ここぞとばかりに今日のテーマにさせていただきました。

ロマンスブックの定義については以前にも簡単にご説明しましたが、その中でもアメリカ合衆国独自の存在が「クリスチャン・ロマンス」です。マイナーな分野だと想像されるかもしれませんが、 Book Expo Americaに行くと、専門の大きなブースがあってびっくりします。それほど読者が多く、売れているカテゴリーなのです。この分野だけの出版社もありますし、ハーレクイーンのような大手に属するSteeple Hillといった出版社もあります。

ヒロインとヒーローが障壁を乗り越えて最後にハッピーエンドになるのは他のロマンスブックと共通していますが、「クリスチャン・ロマンス」としての特徴はだいたい次のような感じです。

1)ヒロインが男性との関係を通じて人生と自分の存在意義を見いだす。女性は純粋無垢で男性に尽くすタイプ、男性は高圧的で筋肉もりもりのマッチョが多い。(個人的には、登場人物に深みや意外性がないのがロマンスブックの最大の難点)

2)すべてのストーリーの背景にある重要なテーマ:God’s Redeeming Love(神の贖罪の愛)

3)宗教的な葛藤がプロットの中心になる。多くの場合、主要人物がキリスト教の教義に基づいた愛を受け入れることで過去の罪を贖罪することができる。

4)教義に背く非道徳的な行為は文中に出てこない:例えば、婚前交渉、バイオレンス、罵り言葉(f**k、sh*t, h*ll)、ドラッグ、など。

5)ほとんど「結婚」あるいは「婚約」でハッピーエンドとなる。

6)読者は殆ど中西部に住む白人の中流階級から低所得者階級。大半はキリスト教で、特に保守的な福音主義(evangelicalism)の信者。 生まれつきの男女の役割差を信じており、「クリスチャン・ロマンス」を読むことで「自分がより良い人物になったような気分」になれると語る(The Journal of Religion and Popular Cultureの論文より)。

Francine Riversは、この分野で最もよく売れている作家のひとりらしいです。

彼女の作品に対するアマゾンの感想を読んでいると、まるで宗教的な学びのためにロマンスブックを読んでるみたいなところがあります。マジにGod’s Redeeming Loveを賛美しているのですから…。
こういうの読むと、私は「ただのロマンスブックなんだから、そんな深読みせずに楽しむだけでいいじゃないの」と言いたくなりますが…。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1601420617
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1601420617

お金を出して読む前にどんなものか試してみたい、という方にはハーレクインロマンスから無料ダウンロードしてみてください。

Homespun_bride_2
私はまだ読んでいませんが、 この中で「Homespun Bride」がクリスチャンロマンスに匹敵するようです。

P.S.

まったくの余談ですが、アメリカには「クリスチャンロック」のレーベルもあります。

これもファンはキリスト教福音主義の信者なのですが、このカテゴリーで人気になると大きなコンサートホールが埋まるほど売れます。知人がこれに属するロックバンドをプロデュースしているのですが、レーベルとの契約が切れる前に(違約金を払わずに)手を切る最も手っ取り早い方法はメンバーにセックス&ドラッグのスキャンダルを起こさせることなんだそうです。するとあちらのほうから契約を切ってくれるということです。なるほど〜と思いました。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

「クリスチャン・ロマンス」ってどんなロマンスなの?」への4件のフィードバック

  1. 渡辺さん、こんにちは☆
    偶然にもつい先日、
    goodreads.comで追っていた読者さんのひとりの紹介で
    Redeeming Loveを読みました。
    Christian Romanceだなんて知らずに。
    というかそんな分野があることも知らずに。
    キリスト教色が強いなというのは読んでいて思いましたが、
    なにより普通のロマンス物と比べても
    非道徳的な行為が山のように出てきて
    正直驚きました。
    Riversが伝えたいメッセージのために
    必要だったんだろうと思いますが、
    ただのロマンス本を期待して読むと
    キリスト教の影響の強さだけにでなく
    出てくる残虐な行為にも驚かされると思います。
    ただ言えるのは、
    ヘタなロマンス本なんかよりも
    登場人物にちゃんと深みがあり、
    どこがとは言えないのですが、
    Jennifer DonnellyのThe Winter Roseを読んだときと
    似た読後感を持ちました。
    内容も何もかも全然違うんですが。

    いいね

  2. こんにちは、ちょこさん!
    なるほど。ちゃんと読んだ方の意見を聞いてみるものですね。
    私はどうも宗教色が強いものが苦手なもので、何度か「Rivers読んでみようかな」と思いつつ読んでいなかったのです[E:coldsweats01]。
    そういえば、ご指摘のようにThe Winter Roseの根底には信心深いアイリッシュ・カトリックの文化がありますから、共通点はあるかもしれませんね。
    ただ、他のロマンスよりも非道徳的な行為が沢山出てくる、というのは気になります。ちょこさんがご指摘のように、メッセージを伝えたいために世の悪を誇張して救いを強調するのは、公平な観点のない読者を洗脳する行為だから。。。
    でも、The Winter Roseに似た読後感というのは気になるので今度Rivers試してみますね[E:happy01]。

    いいね

  3. 渡辺さんへ
    Christian Romanceの記事をありがとうございました。
    質問した翌日にブログ上に上梓されていたので、嬉しかったです。
    このジャンルの特徴に挙げられた6項目のうち、最後の項目の「クリスチャンロマンスを読むと自分がより良い人物になったような気分になれる」という一節に驚きました。
    で、参照にされていた論文を読んでさらにびっくり。
    women know the difference between what they read and what they want in real life.
    とあって、それは一般的な読者のフィクションとの距離のとり方でもあってロマンスの読者に限らないだろう?と思っていたら、
    They do, however, use the books to change their individual realities.
    …おっしゃるとおり宗教的なインスピレーションを得るために読んでいる読者が多いみたいですね。
    うーん、how-to本や占い本などからヒントを得て仕事や生活を見直すというのはわからないでもないんですが。
    -heroes and heroines in Christian romance novels prioritize God before their love for each other.
    -what we really need is Jesus’love and a relationship with him.
    -God, not a man, is central to women’s happiness, though the novels do not discount men.
    -Quite a few women share that God leads them to specific books.
    などの記述を読んでいると、もうクリスチャンロマンスがどうのこうのという前に、アメリカに根付く”God”そのものに興味しんしん。
    私自身は宗教的な経験が限りなく少ないので、信教が生活に根付いているとはどういうことかという一つの側面としてこのジャンルの本を読むのも面白いかも…と思いました。すごーく偏ったアプローチですけど。
    まあ、それこそ「ただのロマンスブックなんだから、そんな深読みせずに楽しむだけでいいじゃないの」ですね。
    Homespun Bride、早速ダウンロードして読んでみようと思います。
    ちょこさんが触れていたRedeeming Loveも読んでみようかしら(そもそもが、amazonで星とレビュー数がダントツだったこの本が気になっての質問だったんです)。
    ロマンスに限らず、本に関する質問がまだいろいろあるので、次の機会にでもまたよろしくお願いします!

    いいね

  4. こんにちは、とら次郎さん。
    押し付けがましい宗教的な観念を読みたくないのでこれまでクリスチャンロマンスを避けてきましたが、読まず嫌いもだめですね。
    どんなものなのか暇ができたらRedeeming Loveを読んでみようと思っています。
    無料サンプルの出来がどうなのか不安もありますが、ダメなら途中でやめればいいのですからぜひ試してみてください。
    私は今のところ新刊の山に埋もれているので、すべてそれらが終わってからで〜す。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中