ウィキッドのマグワイアがセンダックのイラストを解説する楽しさ ー Making Mischief

208ページ(ハードカバー)
William Morrow
2009/9/1発売
画集/アート本

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0061689165
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0061689165

WickedのGregory MaguireがMaurice Sendakのイラストを解説するアート本」、と聞いて「おお!」と興奮するのは私だけではないでしょう。
Maguireは、以前にもお話しましたが、Wickedで成功するまでは児童書作家でした。児童書といっても、人畜無害な可愛い作品ではなく、Wickedなどの大人用の本と共通するMaguireらしい「mischief(悪戯)」であふれています。そのMaguireが、mischiefの王様と言えるMaxを生み出したSendackのイラストを解説するというのです。ふつうのSendack解説本と異なるのはたやすく想像できます。

どのアーティストも尊敬する巨匠のアートを模倣することで腕を磨きます。また、作品の中にパロディとして拝借するのも尊敬の念を表明する行為です。Mauriceもその例外ではありません。愛するアーティストたち( Randolph Caldecott, William Blake, Phillip Otto Runge, Winsor McCay、など)をふんだんに利用してきました。Mischiefに満ちたMauriceの模倣と拝借を、Mischiefの天才Maguireがこれもまた「悪戯っぽく」解説しています。
通常はアーティストが成長した記録を年代順に提示するものですが、Maguireはテーマごとにまとめており、謎解きのように「なるほど!」と唸らせてくれます。

Mischief1large

Mischief2large

Mischief3large

そしてフィナーレは、Mauriceの別の作品からのイラストを使った Where the Wild Things Are のリメイク、というサービス精神。そのあたりの遊び心がとっても心憎いアート本です。

どっしりと重い208ページもアート本の魅力。これも、わが家のコーヒーテーブルに加わりました。

Coffee_table

●読みやすさ ★★☆☆☆

イラストが中心ですからMaguireの解説は少ないのですが、簡単でわかりやすい文章ではありません。ストレートな解説でわかりやすいところもあるのですが、詩のようにちょっと考えなければならないところもけっこうあります。
でも絵が中心ですから文章が完璧に理解できなくても十分楽しめます。また、何度もイラストと見比べているうちに文章の意味がすっきりわかるようになるかもしれません。

●アダルト度 ★★☆☆☆

児童書作家が児童書イラストレーターの作品を解説した本ですが、子供が対象の児童書ではありません。
あくまで、クレバーな遊び心を愛するセンダック好きの大人向けです。

●Maguireのその他の作品

Leaping Beauty

作品一覧

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

ウィキッドのマグワイアがセンダックのイラストを解説する楽しさ ー Making Mischief」への2件のフィードバック

  1. これはおもしろそうですね。センダックファンとして、リンク先から注文しました! いつも有益な情報ありがとうございます。発送は2週間くらいかかるようですが、楽しみに待ちたいと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中