「これを読まずして年は超せないで」賞ノミネート作品紹介その6

「これを読まずして年は越せないで」賞ノミネート作品を、先日から9回にわたって4作ずつ紹介しています。今日はその第6回。公平になるようにアルファベット順です。

でも、せっかく2009年の賞ですから、2008から2009年にかけて出版されたものや今年映画化などで話題になったものにはwinkつけさせていただきます。また長めの推薦文は別ページにリンクいたしましたのでよろしくお願いします。

本日のノミネート作品と推薦者

 

A Painted House by John Grisham
 

Knakaさん



The philosopher and the wolfwink by Mark Rowlands 
 

JUSTさん



Poison Study by Maria V. Snyder
 

ちょこさん
 

monasumiさん



The remains of the day by Kazuo Ishiguro
 

JUSTさん

作品紹介

A Painted House by John Grisham
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0385337930
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0385337930

 弁護士が主人公の法廷スリラーで有名なJohn Grishamによる弁護士が登場しない初めての小説。1950年代のアーカンソーの田舎が舞台の人間ドラマ。映画化もされている。

 推薦者Knakaさんの推薦文

1950年代、アメリカの貧しい家庭の様子、戦争にを送り出している兵士の帰りを今か今かと待ち続けている家庭の様子がよく描写されている。



The philosopher and the wolf by Mark Rowlands 
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1605980331
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1605980331

 wink2009年4月に発売されたノンフィクション。まだ読んでいない本の中で私の好奇心を強くかき立てる作品のひとつ。

 推薦者JUSTさん

の推薦文

ひょんな事から子狼を飼い始め、米国、英国、仏で11年間を共に過ごした若き哲学者の手記。こう書くと、狼の飼育記録のようだが、本質的にはスポーツ、ナンパ、酒に明け暮れていた著者が狼と共に生きることで思索を深め、職業的基盤も確立していく魂の自叙伝。狼育ての超面白エピソードも満載で、動物と屁理屈の好きな人には必読書。

Poison Study by Maria V. Snyder
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0778327116
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0778327116

 推薦者ちょこさん
の推薦文 

主人公の女の子Yelenaが死刑執行か毒見役になるかを選ぶところから始まるこのお話は、設定も魅力的なのですが、なによりYelenaとValekをはじめとした登場人物が私好みなのでした。
助けてもらうのを待つことしかできないような女の子とは相反するYelenaに、コマンダーに忠誠心の厚いchief of securityで暗殺者のValek。プロットも中身も濃いファンタジーです。どうしてもっと読まれてないのか不思議でしょうがない!

 推薦者monasumiさん

の推薦文

間一髪で死刑を免れた少女イェレーナは、国を治める総司令官の毒見役を命じられる。冷徹なヴァレクの指導のもと、毎日命がけで仕事にあたる彼女。果たして彼女の秘密とは?
「トワイライト」を読みながら「ベラ、しっかりしろよ」と思ったあなたにお勧めのヒロインが登場する、ヤングアダルトファンタジーです。

 私のレビュー

The remains of the day by Kazuo Ishiguro
 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0679731725
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0679731725

 ここでご説明する必要もないほど有名な映画化もされているカズオ・イシグロの傑作です。

 推薦者JUSTさん

の推薦文

第2次世界大戦前後の英国で執事をしていた人が語り手。秩序が崩壊しようとするなかで、秩序に忠実にしか生きられない男。規を越える機会があったのに越えることが出来なかった事の秘められた悔恨が切ない。Kazuo Ishiguroの端正な英語が男の端正な生き様に重なる。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中