Battle of the Kids’ Books 第1ラウンド第4マッチ予告編

Battle of Kids Books 明日の取り組みです.

対戦Lips Touch vs. The Lost Conspiracy

Lips Touch:Three Times

対象:ヤングアダルト(高校生以上。中学生以下には全然おすすめできません)

3つの短編小説で構成されているダークファンタジー。以下のような賞にノミネートされており、注目の作品なので何度か読もうとしたのですが、表紙を見るたびにげんなりして今まで読まなかったのです。

National Book Award Nominee for Young People's Literature(2009)

Cybils Award Nominee for Young Adult Fantasy & Science Fiction(2009)

ALA Best Book for Young Adults for Top Ten (2010)

読者の多くは内部のイラストを褒めてますが、私の好みじゃないのでKindle版を買いました。Kindleでのイラストはいまいちですから、イラストを見たい方はハードカバーにするべきです。

3つの短編は、いずれもGoblin, Demon, witchがなどの魔物がKissに象徴される性的な魔力でイノセントな者を暗い世界に引き込もうとするダークな寓話です。通常のYAファンタジーとの違いは、文章が詩的であることです。ですが、登場人物の薄っぺらさが私にとっては最大の難点でした。運命を他人に明け渡してしまうような女性主人公って嫌いなんですよね〜。また、文章はTwilightなどとは比べ物にならないほど卓越していますが、この本のファンたちが「読み逃すべきではない本」と褒めるほどの「魔力」や、賞にノミネートされるほどの文学性も感じませんでした。また、この内容は高校生から大人(の女性)向けで、YAのジャンルでも児童書って感じでは全然ないです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0545055857
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0545055857

The Lost Conspiracy

対象:小学校高学年〜中学生(高校生や大人でも十分楽しめる)

ジャンル:ファンタジー。

Gullstruck島は約200年前に到着したCavalcasteという民族に植民地化され、現在多くの民族が住んでいる。常に笑顔なのが習慣のLace民族は島の原住民だったが、過去にCavalcasteを怒らせてほぼ壊滅状態になり、今は少数民族となっている。Lost というのは、五感を身体から離し、遠くまで飛ばすことができる特殊な才能を持つ者のことである。これまでlostが生まれたことはなかったLace民族に、初めてArilouというLostが生まれる。だが、Lostと公式に認定されるためには、Lostたちによるテストに受からなければならない。だが、Arilouと妹のHaithinには大きな秘密があった。

ファンタジーだが、植民地問題や差別など根底に複雑な社会的メッセージがある読み応えある作品。だが、特に最初の部分が小学生には入り込みにくいかもしれない。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0060880414
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0060880414

審判は第一次世界大戦中のミシガンの田舎を舞台にしたYAフィクションを書いたHelen Frostです。

Lips Touchのほうが好きだという人がいることは容易に想像できます。商業的にはこちらのほうが成功していますし。また、文学的にも上記のように由緒ある賞にノミネートされていますから、認める人がいるでしょう。けれども、Lips Touchの読者層はあまりにも狭すぎます。その点、The Lost Conspiracyは小学生から大人、男の子と女の子、と誰でも読める本で、また読後に深く考えされられます。「Hardingeの作品ではあまり入り込めないほう」という弱点を指摘する読者が多いので、上に勝ち進んで行く可能性は低いと思いますが、それでもこの2つを児童書として比べたら、私はThe Lost Conspiracyのほうが優れた本だと思います。また、審判も、逆境の中でなんとかしようと努力する少女Haithinを子どもたちに読んで欲しいのではないかと想像します。

したがって私は、

The Lost Conspiracy の勝ち

を予測します

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中