iPadに対抗するためのKindleへのアドバイス

3秒に1台のiPadが売れているという現状に、このブログで何度かご紹介したSeth Godinが、Kindleへのアドバイスを述べています。それがなかなかのものだったので、ここでご紹介しますね。

ピクチャ 5

1. The paperback Kindle. Don't worry about touchscreens or color or even always available internet to download new books. Make a $49 Kindle. Not so hard if you use available wifi and simplify the device. Make it the only ebook reader in town.

1台49ドルのキンドルのペーパーバック版を出したらどうか、という案です。思い切りシンプルなデザインで廉価なものの需要はある、と私も思っています。これは良い案!

2. The Kindle as razor. Buy any 8 bestselling books on the Kindle ($10 each) and get a paperback Kindle for free.

カミソリのマーケティングと同様にパッケージのオマケにしちゃうって方法ですね。ベストセラー8冊にペーパーバックキンドルをオマケでつけちゃうんです。すると、次に本を買うときにAmazonのキンドルを必ず買ってくれる。これも大いに賛成!

3. Kindle of the month club. In the 1950s, the most powerful person in all publishing was the guy who chose the book for the book of the month club. It didn't pay the author glamorously well, but if your book was chosen, it guaranteed people would talk and it would become a bestseller.

Sign up to get a Kindle book of your choice every month for 12 months and get a free Kindle. Amazon presents you with ten book choices, and since the cost of delivering it is zero, there's plenty of margin for all…

「Book of the month
club」ってのは米国のモデルなのでちょっと日本の読者には分かりにくいでしょうが、会員になると、毎月本が1冊選べるというものです。ですから、「Kindle of the month club」というのは、会員になるとキンドルがオマケでついてきて、毎月1冊キンドルブックが選べるという形です。これも、なかなか良い案。

4. Let publishers, leaders and corporations push PDFs and chosen books directly to their tribes via the Kindle. For example, I could put Kindles in the hands of the 1,000 service techs of my ventilation company and they'd see the new service manual daily. Or an author could create her own version of a book club, collecting a monthly fee and pushing the latest book directly to people who want to read it. Simpler still, how about letting me gift a book directly to anyone I know who has a Kindle? (thanks Lisa, for this idea).

出版社、企業の経営者たちに、キンドルを通してPDFファイルや電子書籍を直接カスタマー、社員、などにプッシュさせる方法です。作者が自分のブッククラブを作り、会費を集めて直接ファンに最新作をデリバーするなど、いろいろ面白いアイディアが可能です。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中