映画公開中のフクロウが主人公のファンタジーシリーズ Gurdians of Ga’Hoole1話 The Capture

Kathryn Lasky
240ページ(ソフトカバー)
2006年10月発売
動物が主人公のファンタジー/小学校高学年から中学生向け

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0545253063
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0545253063

Forest Kingdom of Tytoに住むBarn Owl(右の写真)のSorenは、両親の留守中、彼を邪魔者に思う兄のKluddに巣から蹴落とされる。飛ぶ事を覚える前に巣から落ちたフクロウは他の動物の餌食にな

Barn Owl Tyto alba - Picture 2 of 18 in alba

る運命だが、Sorenは見知らぬフクロウたちに攫われ、St. Aegolius Academyに連れて行かれる。

Elf1_gl-1 「Orphanage(孤児院)」という建前だが、実はフクロウの世界の征服を企むグループの軍事機関だった。飛ぶことを覚える前に誘拐されてきた若いフクロウたちは、特殊な方法で洗脳され、記憶や意思を失い、飛ぶ意欲と機能も失ってしまう。Sorenは、もう一人それに気付いたElf Owl(左の写真)のGylfieと一緒に脱出を計画する。洗脳されるのを避け、希望を失わずにいるために2人がよりどころにしたのは、Sorenが父親から聞かされた Guardian of Ga’Hoole の伝説だった。

現在17歳になった娘が小学生のときに好きだったシリーズで、昨日(10月24日)に映画の公開が始まった。

●ここが魅力!

米国の多くの小学校では、理科の授業でフクロウが消化したあとに吐き出すPelletを分解して生態を学びます。殺菌して清潔にしたものを供給する会社がちゃんとあるのです。
都市の近くの近郊でもフクロウは生息していますが、夜しか現れない肉食の彼らは、身近でしかも神秘的な存在なのです。

いろいろなフクロウが出てくるこのシリーズでは、フクロウの生態についても知ることができ、小学生にとってはそれも魅力的です。

このファンタジーは男子も女子も好きなシリーズで、しかも大人が読んでも楽しめます。

●読みやすさ

難しい単語はあまりなく、文法も簡単です。
けれども、例えば、「His life wasn’t worth two pellets」といった造語のフクロウ的言い回しがあります。日常会話に慣れている人であれば、「これは、こういう意味だな」とすぐに分かりますが、教科書だけで英語を学んだ人には(調べようもないし)、障壁になるかもしれません。
わからない表現が出て来たら、無視して読み続けてください。

●アダルト度

小学校高学年向けですが、戦いのシーンや、兄弟が食べられてしまう話とか、親が殺されるとか、残酷な部分はあります。そういった話が苦手なお子さんにはおすすめできません。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中