2010年ブッカー賞は「The Finkler Question」に決定!

ということで、ブッカー賞はHoward JacobsonのThe Finkler Questionに決まりました。

ピクチャ 5

愛と喪失と男性の友情、そして今日ユダヤ人であるとはどういうことなのか、を語った可笑しく、哀しい本とのこと。

審査委員長アンドリュー・モーションのコメントは、‘The Finkler Question is a marvellous book: very funny, of course, but also very clever, very sad and very subtle. It is all that it seems to be and much more than it seems to be. A completely worthy winner of this great prize.'で、こういう本がブッカー賞を取るのだということに妙な感動を覚えたりもしました。funnyでcleverでsadというあたりに惹かれるものを感じます。 


http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=B003XRDBMQ http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS1=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1408809109

 

9/7日にチェックしたときには、オンラインカジノのオッズが一番低かったという、穴馬だったのですね。最終候補作はこちらをどうぞ。

今日までにRoomCしか読めなかったのですが、時間がもし余っていても、これは読まなかったでしょう。

コメントを残す