元親友の幽霊につきまとわれる少女のユーモラスで悲しい青春小説 Please Ignore Vera Dietz

A.S. King
ハードカバー: 336ページ
出版社: Knopf Books for Young Readers (2010/10/12)
ヤングアダルト(YA)/青春小説/社会問題
2011年プリンツ賞オナー賞受賞作

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=0375865861 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&asins=0375865861

17才のVera Dietzの人生は悩みだらけだ。17才で妊娠したために父と結婚した母は常に人生に不満をいだき、数年前に家族を捨てて駆け落ちした。その母にはストリッパー、父にはアルコール中毒の過去がある。娘が自分たちと同じ過ちをおかすのを阻止しようとする父親は、Veraに過剰な義務を与える。


ハードワークと収入を得ることの価値を重んじる父の方針で、Veraは毎日深夜までフルタイムでピザ配達の仕事をしている。危ない体験をすることも少なくはない。それでもVeraは優秀な成績を保っているが、精神的重圧に耐えきれなくなっている。

精神的重圧のひとつは元親友Charlieの死だ。Charlieは、以前から反社会的なところがあったが決して悪人ではなかった。なのに、Jenny Flickという意地悪な女子生徒と関わり始めてからすっかり変わってしまった。VeraがCharlieの秘密を漏らしたというJennyの嘘を信じ、Veraの母の秘密を全校にふりまいてしまう。徹底的に嫌がらせをするCharlieとついに決別したのに、Charlieの幽霊がつきまとって離れないのだ。どうやらCharlieはVeraに何かを頼みたいようだ。そのうえ、JennyはCharlieが死んだ後もVeraへの虐めをやめようとはしない。

Charlieの思い出と幽霊、そしてJennyと仲間の虐めに悩まされながらも、Veraは父の教え通りに全てを「無視」することで対処しようとする。無視で消え去らない心の痛みを和らげてくれるのがウォッカだった。

Veraと父のKenは、ある事件をきっかけにようやく心の奥底にしまってきた本音をぶつけあう。そしてVeraは、Charlieの幽霊の要求をかなえてやることにする。

●ここが魅力!

Twilightの成功のおかげで最近のYAには異常にパラノーマルファンタジー溢れています。そのヤングアダルト分野で、非常に新鮮な読書体験を与えてくれるのが、このPlease Ignore Vera Dietzです。

まず、18才の高校生Veraがけなげです。世の中の不条理をひとりで引き受けてがんばっているところが、まるで「じゃりん子チエ」のようです(ちょっと変なたとえですが)。

努力して良い成績を取っている娘を良い大学に入れるよりも、ピザ屋で働かせてコミュニティカレッジで学べばよいと考えている父のKenに対してフラストレーションを覚える読者もいるでしょう。ストリッパーなんかをして、家族を捨てたくせにVeraに説教を試みる母親をどやしつけたくなるでしょう。親友だったくせに、Veraを裏切り続けるCharlieには愛情を与える価値なんかないと思う人もいるでしょう。

けれども、Please Ignore Vera Dietzは、そういった不条理の中にもユーモアのセンスを見いだし、「そういう愛もあるんだ」と納得させてくれます。

難しいテーマを扱いながらも、読後感が清々しい本です。

●読みやすさ やや読みやすい

文法的には簡単です。
米国に住んでいないとピンとこない部分もあるでしょうが、比較的読みやすい本だと思います。

●対象となる年齢

性、ドラッグ、アルコール中毒といったテーマを扱っていますので、高校生以上です。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中