混沌とした19世紀のニューヨーク市を徘徊できる歴史ミステリー The Gods of Gotham

Lyndsay Faye

ハードカバー: 432ページ

出版社: Amy Einhorn Books/Putnam

ISBN-10: 0399158375

ISBN-13: 978-0399158377

発売日: 2012/3/15

歴史小説(19世紀ニューヨーク市)/ミステリー

2012年「これを読まずして年を越せないで賞」候補作(春巻さん推薦)

 

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0399158375 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0399158375

1845年、ニューヨーク市はヨーロッパから毎日のように到着する移民のために混沌とした状態になっていた。ことに、大飢饉が始まっていたアイルランドからの移民が多く、アイルランド系移民がニューヨークの最も貧しい層を形成していた。

バーテンダーのTimothy Wildeは幼なじみのMercy Underhillを密かに慕っており、貯金をためてプロポーズするつもりでいた。けれども、幼いころに両親を失ったときのように、火事で貯金をすっかり失い、顔を火傷してしまう。

Mercyにプロポーズする権利はなくなったと思ったTimothyは、Mercyの前から姿を消し、兄Valentineの紹介でしぶしぶ新しいニューヨーク市警察の警官になった。

(さらに…)