食品産業の問題を子どもに考えさせるゾンビ娯楽小説『Zombie Baseball Beatdown』

著者:Paolo Bacigalupi

ハードカバー:304ぺージ

出版社:Little, Brown Books for Young Readers

発売日:2013年9月10日

難易度:中級レベル(日本の高校英語レベル)

適正年齢:PG8(小学校3年生以上)
ジャンル:児童書SF

キーワード:ゾンビ、風刺、コメディ、冒険、友情

http://rcm-na.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316220787
http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as4&m=amazon&f=ifr&ref=ss_til&asins=0316220787

 

白人の父とインド人の母を持つ少年Rabiは、少年野球チームのいじめっ子に悩まされているが、そのいじめっ子Sammyの父親は町を支えている精肉会社の重役で、チームのコーチも企業の従業員なのでどうしようもない。支えになってくれるのは、親友のMiguelとJoeだけだ。Rabiたち3人がいじめっ子たちを避けて野球の練習をしているとき、工場から異臭が漂う。利潤を上げるための非人道的な牛の取り扱いがエスカレートして、牛がゾンビ化しているのだった。3人は、ゾンビに噛まれる恐怖と戦いながら企業の悪業を暴こうとする。

(さらに…)