表紙から想像できるとおりSFというよりYAロマンスの『These Broken Stars』

著者:Amie Kaufman & Meagan Spooner

ハードカバー: 384ページ

出版社: Hyperion Book

ISBN-10: 1423171020

発売日: 2013/12/10

適正年齢:PG12(中学生以上、細かい描写はないが性的行為を示唆する部分あり)

難易度:中級レベル(SF特有の科学的表現(造語あり)を無視すれば、後は1人称の平易な文章)

ジャンル:YAロマンス、SF

キーワード:宇宙旅行、惑星、遭難、身分違いの恋

本書をおすすめする読者:描写がマイルドな恋愛小説を読みたい人、簡単な洋書で英語に慣れたい人

本書をおすすめできない読者:本格的なSFやファンタジーが好きな人

 

「hyperspace」という技術を使って光より早く惑星間を旅する豪華宇宙船「Icarus」には、その技術を開発して世界で最も金持ちになった男の16歳の娘Lilac LaRouxが乗船していた。

Icarusには戦地に向かう兵士たちも乗船しており、上流階級は下層階級へのメディア対策として戦争の英雄Tarver Merendsenをパーティに招待していた。奨学金を受けた義務でパーティに顔を出していた18歳のTarverは、Lilacをみかけて心惹かれる。他の出席者は、父親のLaRouxから恐ろしい制裁を受けることを知っていたからLilacには手を出さないが、過去数年を戦地で過ごしたTarverは何も知らすに彼女に声をかける。


父親の制裁を恐れるLilacはTarverに冷たく接し、Tarverも彼女が誰なのかを後で知って後悔する。二度と会うことがない筈だったふたりだが、Icarusの遭難で見知らぬ惑星に不時着し、ふたりきりで残されてしまう。そして、サバイバルのために協力するうちに禁じられた恋に陥る。

 

ティーンと女性読者の間で爆発的に人気のYAジャンルのSFである。だが、表紙が示唆するように、SFよりもロマンスの要素が強い。

SFとしての要素は、1)Icarus遭難の理由 2)不時着した惑星の謎 3)LaRouxの作り出したカンパニーの陰謀、などがあり、興味深くなりそうなのに、いまひとつ深まらないのがSFファンとしては残念だった。

惑星部分はクラシックSFの(ネタバレなのでタイトルは白字)『惑星ソラリス』を連想させる。

ロマンスとして残念だったのは、Lilacのキャラクターである。過去の体験から父の制裁を恐れてTarverに冷たく接するという設定だが、1人称の思考回路にまったく共感できない。世間知らずの金持ちの少女として差し引いても、女性読者すら呆れる性格の悪さである(苦笑)。それに恋をする男性(読者も含めて)は、まずいないだろう。ここに無理がある。まあ、男性としては美人ならそれでいいのかもしれないけれど(笑)、著者たちが「芯の強い女性」としてこのように描いたとしたら問題だと思った。

Tarverは、女性読者が素直に好きになれるキャラクターだ。たくましく、力強く、誠実で、実は知性もあり、詩も書けるし、熱い心を持つ。

本格的なSFやファンタジーが好きな読者には物足りないが、異なる惑星での不思議な場所での、若いロマンチックな恋に胸を焦がしたい読者には最適。また、ロマンス的だが、性的な行為はキス以外は示唆だけなので、濃厚シーンが苦手だけれどロマンスが好きな読者にもおすすめ。

コメントを残す