SFファンなら胸キュン間違いなしの青春小説的ファンタジー『Among Others』

著者:Jo Walton

ペーパーバック: 304 ページ

出版社: Tor Books

出版日:2012年1月

ISBN-10: 0765331721

適正年齢:PG13 (中学校高学年以上。性の話題あり。)

難易度:中級〜上級(主人公Moriの日記形式なので読みやすいが、難しい表現もある)

ジャンル:ファンタジー/青春小説

キーワード:SF、図書館、ブッククラブ、魔法、妖精、擬似回想録

賞:ヒューゴ賞受賞作/『ジャンル別 洋書ベスト500』収納作品

(なぜか日本のアマゾンでは紙媒体が買えないようなので、紙媒体をご希望の方は洋書を取り扱っている書店リストをどうぞ)

 

ウェールズで生まれ育ったMorwenna(Mori)は、邪悪な母の魔法のために14歳のときに一卵性双生児の妹(姉?)を亡くし、片足が不自由になる。母から逃れるために15歳で家出をしたMoriは、赤ん坊のときから会ったことのない父親の家族の意向で、イギリスにある寄宿制女子校に通うことになる。


上流階級やお金持ちの子どもが集まるその学校でMoriは虐められ、孤独だった。心を通わせる者がいない学校で、母が送ってくる邪な魔術や悪夢から身を守るためにMoriは魔法を使って身を守るしかなかった。母のようにならないためにも魔法は防衛にしか使わないと決意したMoriだが、友だちを作りたくて、ちょっとした魔法を使ってしまう。その後、Moriは学校や町の図書館司書を通じてSFのブッククラブに参加し、友だちを作ることができる。同士に出会えた嬉しさを噛みしめる一方で、騙しているようなやましさも感じてしまうのだった。

 

双子の片割れを失った悲しみや、母の虐待、学校での露骨ないじめ、気弱で頼りにならない父、孤独……。そういった心の痛みを、Moriはすべて本を読むことで和らげる。Moriの日記形式の『Among Others』には、SF好きには懐かしくてたまらないSFやファンタジー小説の題名が次々と登場する。それらについて、SFブッククラブの参加者たちが討論しあうのも面白い。だが、この小説を楽しめるのはクラシックSF小説のファンだけではない。Moriが子どもの頃から親しんできたウェールズの妖精たちは、日本の森に住んでいる者たちとも似ていると思えてくる。著者もMoriのように杖をついているし、寄宿制私立学校にも通っていた。自伝的な要素はあるようだが、妖精の部分は「ケルトの妖精ではないものにしたかった」と全面的に創作を楽しんだことを語っている。また、普通の女の子の青春小説としても面白い。

邦訳版『図書室の魔法』も最近刊行されたので、原書で難しく感じる方はぜひそちらをお読みいただきたい。

 

今年5月末のBEAで著者のJo Waltonさんにお会いできたので、『ジャンル別 洋書ベスト500』に本作品を収めたことを伝えた。「日本の田舎出身の私でもノスタルジックで、いつまでも心に残る作品だった」と話すと、「そう言っていただけるのが、一番嬉しい。書いたときには『45歳のウェールズ出身の女性でないと共感出来ない』という人がいたけれど、それ以外の人にも共感してもらえると思っていたから」と笑顔で答えてくれた。

ジョー・ウォルトンさんはウェールズ出身(現在はカナダ在住)だが、作品はずっと米国の出版社(Tor)から刊行されている。数々の賞も米国で受賞しており、英国ではなく米国で成功していることについて「奇妙に感じない か?」と質問するガーディアン紙に、「米国のほうが女流SF作家やジャンル作品への偏見が少ない」といった内容の返答をしている。この日、私に「ほかの人にも共感してもらえると思っていた」と力説していたのは、ガーディアン紙のこのインタビュー記事のことではないかとちらりと思った。

IMG_1084

笑顔が素敵なジョー・ウォルトンさん

この日にサインしていただいた次の新作を読むのが、楽しみである。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。