ハーレクイン社のMIRAブランドから刊行された本格派心理スリラー The Good Girl

著者:Mary Cubica
ハードカバー: 352ページ
出版社: Harlequin MIRA
ISBN-10: 0778316556
発売日: 2014/7/29
適正年齡:PG15(性描写はないけれど、性的な話題あり)
難易度:中級レベル(登場人物は多いが、すべて一人称の語り)
ジャンル:心理スリラー
キーワード:誘拐、記憶喪失、ストックホルム症候群、ミステリ、ラブストーリー
2014年Goodreads Choice Award ミステリ&スリラー部門最終候補

シカゴの有名な判事James Dennettの末娘Miaは、バーで出会った若者のアパートについていく。Miaにとっては行きずりの情事のつもりだったのに、若者はMiaには手を触れずに車で連れ去る。

OwenとMiaに名乗った若者(本名はColin)は、暗黒組織の男から彼女を誘拐して手渡すために雇われたことを告白する。しかし、実際にMiaに会ったColinは、彼女が殺されることを予想し、命を守るために誰もその存在を知らないミネソタ州の山小屋に二人で籠城する。


Miaの母Eveは、娘が誘拐されたというのにまったく案じていない様子の夫Jamesに落胆し、冷たい父親の仕打ちから娘を守れなかった母としての自分を責める。そんなEveに同情した刑事のGabeは、Miaの事件を解決することを強く決意する。

Mia, Eve, Gabe, Colinの四者の視点から事件を説明していくThe Good Girlは、ハーレクイン社のインプリントMIRA*から出版されているが、本格的な心理スリラーである。ラブストーリーは含まれているが、「ロマンス」ではないし、いわゆるラブシーンもない。今春のBEAでも出版社が派手にPRしていた「イチオシ本」で、実際にGoodreadsのChoice Awardsでミステリとスリラー部門の最終候補にもなった。

一昨年話題になった『Gone Girl』とよく比較されるが、まったく違う。
Gone Girlは本当に予想できない展開だったが、このThe Good Girlでは、どんでん返しはさほど「どんでん返し」ではない。ミステリを読み慣れている人は最初から最期の部分が予想できる。

この作品の優れたところは、そこではなくて、「ストックホルム症候群」が生じていくプロセスをうまく表現していることであろう。その点で、私はGone Girlではなく、Stolenを思い出した。

The Good Girlは、読み始めたら最期まで読みきりたくなるページ・ターナーである。その点では非常にお薦めだが、ひとつだけ気になったのは背後にある人種差別的な発想である。出版社はそこのところにもう少し敏感になるべきではないかと思った。

 

*ハーレクイン社のインプリントMIRAからは、以前から本格的なミステリ、スリラー、ファンタジー、SFなどが刊行されている。また、ウォール・ストリート・ジャーナルのNew Corpが今年ハーレクイン社を購入しており、News Corpが所有する大手出版社Harper Collinsとの今後の展開が興味深い。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 多くの職を体験し、東京で外資系医療用装具会社勤務後、香港を経て1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 100 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中