過去のハリウッドとマリリン・モンローやエリザベス・テイラーを彷彿とさせる小説 Seven Husbands of Evelyn Hugo

作者:Taylor Jenkins Reid
ペーパーバック: 400ページ
出版社: Atria Books
ISBN-10: 1501161938
発売日: 2017/6/13
適正年齢:R
難易度:中級+〜上級(ページ数が多く、慣れない読者は状況の把握がしにくいかもしれない。だが、文章そのものはシンプルで、フレーズも短いので理解しやすい)
ジャンル:女性小説/歴史小説/ラブストーリー
キーワード/テーマ:ハリウッド、女優、LGBTQ、恋

エヴリン・ヒューゴは、現役時代には7回も結婚したことで知られるグラマラスな女優だった。しかし引退後はスポットライトを離れ、メディアの取材を拒否して謎めいた生活を送っていた。だが、79歳になった現在、ある条件で雑誌社からの取材を受け入れた。

エヴリンの条件とは、若手の女性記者モニーク・グラントの取材だけを受けるというものだった。指名を受けてエヴリンの家を訪れたモニークは、取材が仮の理由だということを知らされる。エヴリンは自分の伝記をモニークに書かせたいというのだ。

エヴリンがモニークに語った過去は、メディアが伝えたイメージとはまったく異なるものだった。エヴリンが愛した対象も。その真実にモニークは引き込まれていく。遠慮がちだったモニークが仕事で成功するために背中を押してくれたエヴリンだが、最後に知らされたある「真実」が二人の関係を変える……。

「恋多き女優」あるいは「何度も結婚した女優」という点、エヴリン・ヒューゴはマリリン・モンローやエリザベス・テイラーを連想させる。ポジションを得るためにセックスを使うというのは現在のハリウッドでも消えていないのだろうが、過去はもっとひどかったのだろうと想像させるような内容だ。

だが、この小説の面白さはそんな現実との類似点ではなく、メディアで知るイメージとは異なる、女優の真実の姿だ。エヴリンは7人の夫と結婚したが、愛した人はその中には含まれていない。それなら、なぜ7回も結婚したのか? その謎が次々と明らかになっていくところにはミステリの要素がある。

作者のTylor Jenkins Reidは興味深い作家だ。これまでの昨日すべてが、いわゆる「女性小説」に属するのだが、典型的な女性小説ではない。大衆小説として楽しめるのだが、どこかに深い問いかけやひねりがあり、余韻を残す。

次の作品では何に挑戦するのか楽しみだ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中