もし犬がミステリーを書いたとしたら… Dog On It

著者:Spencer Quinn
発売日:2009年2月10日
カテゴリー:ミステリー/サスペンス

犬好きによる犬好きのためのミステリー登場!

ナレーターのChetは跳躍力にかけては誰にも負けない大型の雑種犬。警察犬学校の卒業寸前にその跳躍力(と彼が敵視する猫)のおかげでとある“事故(これについては謎のまま)”を起こし、警察犬になれなかったという過去がある。Chetが誰よりも愛するご主人のBernieも、エリート陸軍士官学校のWest Pointを卒業したにもかかわらずさえない私立探偵で、離婚した元妻からの嫌がらせに耐えつつ、大嫌いな浮気、離婚ケースを引き受けている。そんなとき、彼らは女子高校生の失跡事件の捜査を依頼される。これがまた、失跡なのか失跡でないのか、誘拐なのか家出なのかはっきりわからない。だが、少なくともこれは浮気や離婚ケースではない。本物の探偵業だ。

犬がナレーターなもので、人間の会話の言い回しがわからなくて混乱したり、テーブルの下に落ちている食べ物に気が散ったり、突然穴を掘り始めたり、普通のミステリーのようなわけにはゆかない。そこがまたリアルで面白い。ときに腹を抱えて笑い、ときにしんみりし、気がついたらChetさえ無事でハッピーであれば消えた少女やその両親なんかどうでもいい、と思っている。ミステリーを求める人はプロットに不満を抱くかもしれないが、犬がミステリーを書いたとしたら、これ以上の傑作はない。シリーズになることが期待される。
なお、この本に関するブログもChetが書いている。

●ここが魅力!
これまで動物がナレーターの映画や本は沢山ありましたが、動物の姿を借りているだけで、人間の思考回路を離れることができないものばかり。それ(特にディズニーの子供向け映画)に辟易してきた方はDog On Itに拍手喝采することでしょう。
ともかくChetの思考回路が犬らしくて面白いのです。犬といっても、チワワのようなペットではなく、警察犬としてトレーニングされてきたエネルギーレベルの高い大型犬ですから、気に入らない状況になると吠えたり、牙をむいたりします。犬が苦手な人間をすぐに見抜いて見下げるところもあれば、おやつをくれる人に即座に好意を抱く単純さもあります。Chetの思考を追うだけでも十分読む価値がある楽しい本です。

●読みやすさ 中〜やや簡単
犬がナレーターですから、難しい言葉はあまり出てきません。
高校生レベルの英語で十分理解できるでしょう。
どの程度の英語かを試すには、Chetが書いているブログを読むと良いかもしれません。

シリーズ第2作Thereby Hangs a Tail も好調!

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

もし犬がミステリーを書いたとしたら… Dog On It」への7件のフィードバック

  1. ペーパーバックになったので。

    Dog on It: A Chet and Bernie Mystery (Chet and Bernie Mysteries) (ペーパーバック)洋書ファンクラブさんで紹介されていた作品「Dog on It」。
    ずっと気にはなって…

    いいね

  2. どんな時もご主人様のことを考えているChetに切なくなりました。第二弾、三弾も是非読みすすめてみたいです。警察学校を卒業できなかった理由が解明されるのかな?

    いいね

  3. dearaiさん、こんにちは。
    Chetの愛情って、心に滲みますよね。
    2部も3部も面白いですよ。警察学校を卒業できなかった理由は、少しずつ明らかになってゆく、という感じです。

    いいね

  4. Dog On It読みました~!
    もう、Chetかわいすぎます!いちいちBernieの自慢をしてて、Bernieを好きすぎる感じが何ともいえずほほえましい…♡
    続きも絶対読みますね!
    Chetのブログを見ると、4作目ももうすぐ出版されそうなのでうれしいですね。楽しみ^m^
    1つだけ気になることが…
    タイトルの意味がよくわからないんですけど、このItって事件のことを指すんでしょうか?「捜査中」みたいな…?

    いいね

  5. あぁ。すごく癒されました。
    なんでもっと早く読まなかったのかしら。
    2作目と3作目は元気のないときに大事に読みます。
    Chetさえハッピーだったらあとはどうでもいいやというのにとても共感。かと言ってその他に不満があるわけではなく、
    Chetの魅力が強すぎると言うか。
    お気に入りの一冊になりました☆

    いいね

  6. Karimama12さま、
    なぜかコメント見逃していて申し訳ありませんでした。
    そうですon itってそんな感じです。
    Bernie自慢が忠犬の可愛いらしさですよねえ。ほんと、こんなドギー欲しいです(^^)

    いいね

  7. ちょこさま
    私も夏の初めにはスペンサーから3冊目のARCをいただいておきながら、読んだのは発売直前です。というのは、面倒な本を読んだ後のご褒美にとっておきたかったから。
    温かい気分にさせてくれること間違いなしの本ですからね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中