Twilightファンにおすすめ-「City of Bones」(The Mortal Instruments シリーズ第一部)

著者:Cassandra Clare
発売日:2007年3月
ジャンル:ヤングアダルト/ファンタジー/パラノーマルロマンス

Twilightの次に何を読もうか迷っているファンタジーファンにおすすめ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416955070&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

女子高校生のClary は、幼馴なじみで親友のSimonと行ったナイトクラブで男女3人のティーンが少年を殺す場面に立ち会うが、Simonには彼らが見えない。魔物を退治するシャドーハンターだと名乗るJaceにClaryは詩の朗読会で再び出会う。見えないはずのシャドーハンターが見えるClaryにシャドーハンターの血が流れていることを推察したJaceは、シャドーハンターの大使館のようなInstituteに連れてゆくという。そこに母親のJocelynから携帯に「家に戻ってはいけない」という取り乱した電話がかかり、Claryが家に駆け戻ると母は姿を消していて魔物に襲われる。解毒をしないと1時間で死ぬとJaceに告げられたClaryはInstituteに行き、どうやら自分には母が知らせていない秘密の過去があるらしいことを学ぶ。ClaryとSimonは、ニューヨーク市の闇でくりひろげられているシャドーハンター対魔界の生物たちの戦いにまきこまれてゆく。

●ここが魅力!
先日お話したように、著者のClareはハリー・ポッターと指輪物語のFan Fic(二次創作)作家としてファンがつくほど有名になり、それで作家として発掘されたといういきさつがあります。
ファンタジーとしては、「Harry Potter」や「The Lord of the Rings」のように根底に深い哲学があるわけではなく、「The Name of the Wind」のように文芸作品として美しい文体を楽しむこともできません。微妙な感情表現はなく、会話もお定まりになりがちです。

けれどもClare のお得意は、読者が虜になるようなソープオペラ的な感情のローラーコースターをちゃんと用意していることです。まずは、主人公の十代のClaryは少女が感情移入しやすいキャラクターで、その恋愛対象となるJaceも女の子が虜になりそうなキャラクターです。
魔物だけでなく、バンパイア、狼人間、フェアリー(彼らは意地が悪い)、魔法使い、と盛りだくさんのパラノーマルキャラクターが登場し、バトルあり、ロマンスあり、家族の秘密あり、でTwilightのファン層に圧倒的に人気があります。いったんこの本を読み終えてしまったら、(たとえ理性が邪魔をしても)続編が読みたくなってしまうことでしょう。

●読みやすさ★★★☆☆
Twilightと同様で★★★と★★★★の中間です。感情表現や会話が(普通の高校生らしく)微妙なものではなく、直接的で、したがってあまり単語を知っている必要がない、というのは(文芸作品としては欠点であっても)読みやすさの点では長所です。
分からない単語や表現があっても、それらは造語だったり内輪にしかわからないジョークだったり、で特に大切なものではありません。無視しても大丈夫です。

●アダルト度 ★★☆☆☆
これまでの時点では中学生、高校生にちょうどよいくらいのロマンスです。キスシーン程度までですが、胸ドキ度は高いようです。アクションにともなうバイオレンスもありますが、漫画的でそれほど実感がわかないのでショックは少ないでしょう。Twilightシリーズの第3作、4作に比べるとアダルト度が低いと思います。

●この本を楽しんだ方にはこんな本も...

City of Ashes(The Mortal Instruments シリーズ第2部)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416972242&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

City of Glass (The Mortal Instruments シリーズ第3部)

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1416914307&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

その他のYA向けパラノーマルシリーズ

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312360266&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=142310126X&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中