児童書SFのクラシック-A Wrinkle in Time

Madeleine L'Engle
1962年
SF/児童書(9~12歳対象)

50年近く愛され続けている児童書のSF

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0312367546
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312367546&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

14歳のMeg Murryは、両親が科学者だというのに学校の成績は悪く、教師からは問題児扱いされ、同級生からは馬鹿にされている。双子の弟たちは社会に受け入れられる普通の子どもだが、一番年下の弟Charles Wallace(これ全部がファーストネーム)は、発達障害があるとみなされていて嘲笑の的になっている。
けれども実はMeg もCharles Wallaceも今で言うところのGifted(天賦の才がある子)で、通常の社会にフィットしないだけだったのだ。
Megたちの父親は数年前米国政府の秘密プロジェクトtesseract(a wrinkle in time=時のゆがみを利用したある種のタイムトラベル;つまり当時流行ったコンセプトのワープと思われる)に関わっている途中姿を消した。
父親の不在が家族に暗い影を落としているとき、浮浪者のようなMrs. Whatsitが家にやってくる。どうやらMrs. Whatsitは父親の消息を知っているらしい。
MegとCharles Wallaceは、Mrs. Whatsitを探しに行った場所で同じように他人には理解されない才能を持つ14歳の少年Calvinと出会い、Mrs. Whatsitとその友人(Mrs.WhichとMrs. Who)と一緒にtesseractでMrs.Whatsitの祖国の惑星に旅する。そこから彼らはMegの父親がとらわれている惑星Camazotzに行き、その世界の統率者で悪の権化ITに立ち向かう。

ITは有名なSF、1984のBig Brotherを連想する存在で、当時共産主義がどれほど脅威を与えていたかを感じさせる。

●ここが魅力!
現代では使い古された感のあるメッセージですが、この当時にしてはリベラルな宗教観や社会にフィットしない天賦の才がある子供の例など、児童書のSFとしてはなかなか深い哲学があります。1963年のニューベリー・メダルをはじめ数多くの賞を受賞した作品で、アメリカではSFのクラシックのひとつとみなされています。天使の役割を果たすMrs. Whatsit, Mrs.Which, Mrs. Whoなど親しみのわく異星人などの面白いキャラクターたち。児童書ですが、大人でもけっこう楽しめます。

●読みやすさ ★★★☆☆
基本的には単純な英語です。でも、古典の引用などアメリカで生まれ育っていないと混乱するような引用がときおりあります。わからない部分を飛ばしても、そう困らないと思います。また、場面のチェンジが唐突で混乱する箇所があるかもしれません。
大人の本よりもは読みやすいのですが、今流行っているヤングアダルトのTwilightよりは読みにくさを感じるでしょう。薄いので、読了はしやすいと思います。

●アダルト度 ★☆☆☆☆
9-12歳対象の児童書です。宗教観などのコンセプトが理解できるようになる小学校高学年くらいからをおすすめします。

●この本を気に入った人はこんな本も...

A Wrinkle in Time の4部作です。一番読者に好評なのは15歳になったCharles Wallaceが主人公のA Swiftly Tilting Planetで、一番人気がないのが双子が主人公のMany Watersのようです。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312368542&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312368569&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0312368577&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

その他のおすすめ児童書SF/ファンタジーのクラシック

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0440237688&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0765342294&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0312369816&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

13 Comments

  1. こんにちは。
     子供の頃、(69年か70年ごろ)このお話の翻訳を読んだような気がするのですが、きのせいでしょうか?「五次元世界の冒険」みたいなタイトルで、姉と弟がITと戦う設定だったのですが・・・別の作品でしょうか?アマゾンで検索してみましたが、翻訳本はわかりませんでした。でも英語で読んでみたいです。

  2. 点子さん、こんにちは。
    ご指摘のとおり、「五次元世界の冒険」というタイトルで翻訳されています。でも、もう廃刊になっているようですね。L’EngleはこのほかにもMurry一家が主人公の作品をいくつも書いていて(あとで書き加えます)、そこでは双子の弟たちが活躍するのもあります。でも翻訳版「五次元世界の冒険」は、双子の登場をすっかり削っているようです。
    私は翻訳版を読んでいないのですが、異星人オバサン3人組の名前をどう訳されていたのか、とっても興味があるところです。
    もし覚えていらしたら、教えてください[E:happy01]

  3.  渡辺さん
    ごめんなさい、残念ですが、異星人の名前、全く記憶にありません。ITは「それ」だったと思います。確か弟が知り合いの方にいただいた本だったのですが、もう弟は引越しのときに処分してしまったようです。私だったら置いておくのになあ・・・ラストのあたり、夢中になって読んだ記憶があります。

  4. 点子さん、どうもありがとうございます。
    でも、ちゃんとITを「それ」と覚えていらっしゃるところが偉いですね。私なんか、数ヶ月前に読んだミステリーをまた読み返して、「なるほど...」なんて楽しめるのですから、情けない記憶力です[E:weep]。まあ、何度でも楽しめるのはお得ともいえますが。

  5. こんにちは! 古い記事へのコメントですみません。うちじゅうひっくりかえして別の本を探していたらこの本の翻訳本出てきました!あかね書房 国際児童文学賞全集の9「アメリカ編」ニューベリー賞 とあります。訳は渡辺茂男さんです。娘の本棚にありました。実家を処分したときに児童書は私が確保したようで、子供部屋に運び込んだようでした!オバサン異星人三人組は「ワトシット夫人」「フー夫人」「ウィッチ夫人」でした!悩んだあげくほぼ発音に近くされたのでしょうか?やっぱり ITは傍点つきで「それ」でした。異様な感じをうけたので、記憶があったのでしょうね。ご参考までに!

  6. 点子さん、こんにちは。
    そうだったのですか!今でも子供時代の本を持っていらっしゃるなんて羨ましい!私も子供のころの文学全集を引き取りたかった..。あったら読みふけってしまいそう。そして原文と比べたりして….
    でもWhatsitはWhat’s it(「ほれあれ何だっけ」といった言い回し)だからワッツイットに近いのでしょうね。でも、こういうところ翻訳者の方はきっと大変な苦労されるのでしょう。
    そういえば、スティーブン・キングのITはどう翻訳されているのでしょう?やはり「それ」なのでしょうか。

  7. こんにちは、はじめまして!今回ドライブ旅行に行った時、たまたまこの本の朗読CDが図書館に在ったので、持って行って出会いました。50年も前に出てたなんてびっくりでした!とっても気に入ったので、この本について検索してこのサイトにたどり着きました。本は好きなのですが、英語の本だとなかなかどれがいいのか分かりにくくて。。。だったので、こんな素晴らしいサイトがあったなんて、感激でした!これから活用させて頂きます!

  8. こんにちは、りえこさん。
    バックナンバーにもいろいろありますから、どうぞごゆっくりご覧になってください。
    また、なるべく多くの面白い新刊をご紹介してゆきますので、これからもどうぞ宜しくお願いします。

  9. When You Reach Meを読む前に読んでおこうぐらいにしか思ってなかったのですが、すごくよかったです。スタートの家族の様子にほんわか暖かくなり、そこから最後までなかなかいろいろ詰まった奥深い良書でした。読めてよかったです。

  10. こんにちは、ちょこさん。
    でも、児童書としてはけっこうややこしいと思いませんか?
    読書に慣れている小学生でも「よく分からなかったところがあった」と言います。
    児童書でありながら、大人が楽しめそうな本ですよね。

  11. 児童書としてはかなりややこしいと思います。
    読んでいて全然あきなかったですし、
    実際、「児童書」と意識して読まなかったです。
    子供のころに読んでいる人たちは
    大人になって再読したときに、
    たくさん発見があるんじゃないかなと思います。
    それもまた楽しいですよね。

  12. 多読チャレンジ「D. SFあるいはファンタジー」カテゴリーの一冊として読みました。
    メッセージは確かに今となってはありきたりだし、わくわくどきどきするようなストーリー展開もないけど、すごく楽しめました。読み出すとなぜかどっぷりと話の中に入り込んでしまう不思議な話でした。英語が簡単だったから情景が描きやすかったからなのかもしれませんが、映画にしたら登場人物はあの人だなとか、この場面で吹いている風は旅行で行ったあの場所で吹いた風ときっと同じに違いないっとかそんなことを考えながら読みました。
    ちょっと苦笑したのはAunt BeastとMegのやり取りです。「見える」を説明するMegの的のはずし方は、まるで外国人に何かを説明しているときの自分の姿のようで笑えました。
    それと、今ふと思ったこと。私は a dark and windy night に一人っきりで読んだのですが、これおすすめかもしれません。そのおかげで最初の一文 ‘It was a dark and stormy night.’ からお話に入り込めた気がしてきました。

  13. Fidajapanissaさん、さすがですね。
    「見える」を説明するときのMegの的の外し方…の部分、読んでいて吹き出しちゃいました。
    ほんとですね〜。
    古いのに、こちらの子供達は今でも虜になります。これだけ多くの本が存在するのに。
    それはすごいことなんだなあ、と何度も感心します。

コメントを残す