面白そうな科学分野の新刊

科学分野のノンフィクションについてのお問い合わせをいただきましたので、今月発売の新刊あるいはこれから出る新刊のうち、私が興味を抱いている本をご紹介します。いくつかは今月末に参加するBook Expo Americaで入手できると思いますので、おいおい書評のほうも。

1. Wicked Plants: The Weed That Killed Lincoln’s Mother and Other Botanical Atrocities

Algonquin Books (May 21, 2009)

邪悪な植物、というタイトルからお分かりのように毒のある植物に関する本です。アガサ・クリスティが言っていたように、女性は毒が好き。私の夫は、「変な奴」といいますが、私は奇妙な植物やキノコの本が大好きなのです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=1565126831&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=1565126831&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

2. One Hundred Essential Things You Didn’t Know You Didn’t Know: Math Explains Your World

W.W. Norton & Co. (May 18, 2009)

ケンブリッジ大学の数学の教授が「なぜいつも一番長い行列に並んでいるような気がするのか?」「籤に当たる確率は?」など日常の現象を数学的に説明する本。こういうのは私の娘とその友人たち好み。興味しんしん。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0393070077&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0393070077&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

3. How Sex Works: Why We Look, Smell, Taste, Feel, and Act the Way We Do

Harper (April 28, 2009)

「なぜ人により異なる異性のタイプに惹かれるのか?」とか誰でも興味を抱きそうな話題を科学的に説明している本です。セックスに関する本というと、やたら生々しいか、生物学的すぎる傾向がありますが、生理学者のSharon Moalem(「迷惑な進化」の作者)が書いたこの本は、生理学的観点と心理学的観点の両方をとらえていて、脳神経分野の本や、上記の日常の現象を数学的に説明する本のように「どうしてこんなことが起きるのか?」と知りたい人に向いているようです。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0061479659&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0061479659&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

面白そうな科学分野の新刊」への2件のフィードバック

  1. ほんとうに面白そうな科学書をご紹介くださいまして
    ありがとうございます。「迷惑な進化」は、昨年
    翻訳で読みました。もう、新刊がでるんですねー。
    さすがに原書は早い! うれしいです。
    「One Hundred ・・」は、こういうのが好きなんです。
    9日の記事を拝読いたしまして、SFを読んでない
    事に気づき、昨日 アマゾンに注文しました。
    未読がどんどん増えていく予感がします。
    先週、手にいれた「The Hunger Games」も
    これから読みます。 あら~
    お忙しいところ、ありがとうございました。

    いいね

  2. 私も読みかけと未読の本の山がどんどん高くなり、ときおり崩れ落ちてきます。それなのに昨日はまたAmazonで注文していた本が6冊どっと届いてしまい、どれも読みたくて心が揺れ動いています。少し前までは「遺伝子」がブームでしたが、今は「脳科学」と「行動心理学」のコンビネーションがブームのようです。
    昨日入手したのは、ペーパーバックになったものなのでやや古いのですが、どちらも音楽と脳科学についての本です。読んだ後で、音楽と科学が好きな娘やその友達と意見を交わすのも楽しみです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中