60年後のHolden Caulfield?Are you kidding?

60_years_later_2 新人作家による60 Years Later: Coming Through the Rye という作品が、アメリカより一足先に英国で発売されました。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=9185869546&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=9185869546&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

60年後のHolden Caulfieldが主人公ということですが、J.D. Salinger まだ生きてるんですよ。わが家からそう遠くないニューハンプシャー州に住んでいて、ダートマス大学の図書館をうろついているという噂を耳にします。Pride and Prejudice and Zombiesのようなパロディとして読むべきなのかもしれませんが、作者が生きてる間に許可もなく続編なんて書いていいのかな?作者の名前(仮名に決まってますが)がJohn David Californiaというのもふざけています。「ほら、ぜんぶ冗談ですよ。可笑しいでしょ、ははは」という作者の声が聞こえてきそうですが、あんまり可笑しくないです。

まあ私はもともとHoldenのファンではないので、どっちでも良いのですが…。

コメントを残す