Elric-マニア向けファンタジーの古典オンライン無料購読

Elric of Melniboné(メルニボネのエルリック)と聞いてすぐにピンとくる人は、相当なファンタジーファンでしょう。
fantasyの中でも1960年くらいまでに作られた、剣や魔法が出てくるジャンルはhight fantasyと呼ばれています。1961年から書かれたElricサーガもそのひとつで、英語圏では「これを読んで育った」というマニアックなファンがけっこう存在するようです。もちろんコミックや映画化が試みられましたが、コミックはすぐに中止、映画化も実現せずにこれまできました。

ところがようやく別の製作者で映画化が実現することになりました。今回はたぶん本当です。なぜならランダムハウスがこうして第1巻のe-bookを無料提供しているのですから。

主人公のElricは人類の前に1万年にわたって世界を支配したメルニボネ帝国の最後の皇帝で、先天性白皮症(アルビノ)のアンチヒーロー。パワフルな魔力を持つものの、生まれつき虚弱体質のために薬と魔剣Stormbringerの助けがないと生存できない。Elricは、自分の存在の意味を探索しようとするが、破壊と悲劇をくりかえす。Stormbringerの力に頼るElricだが、この剣は吸血鬼のように人の命を奪うことでパワーを得る邪悪な存在でもある。このサーガではElricとStormbringerとの複雑な関係が主軸になっている。

アルビノでニヒルで悲劇的な主人公のElricは絵になる存在ですから私も中学生のころであれば漫画的に楽しめたと思います。現在の私の好みではありませんが、熱狂的ファンが多いのも事実です。日本では80年代~90年代に邦訳版がされているようですが、原作で読むチャンスはなかなかないと思います。ご興味ある方はぜひこの機会にどうぞ。でも、60年代のオリジナルからは抜けている箇所があるようで、状況がつかめにくいかもしれません(私は少々混乱しました)。その他の情報はWikipediaでどうぞ。

(注:本ブログでご紹介するのは、著者または出版社のキャンペーンとして無料になっているもの、あるいは著作権が消失したものですキャンペーンが終了するとこのページでも読めなくなりますので、ご了承ください)

flairスクリーンの右肩の□でフルスクリーンにすると読みやすくなります

Elric: The Stealer of Souls by Michael Moorcock (full book)http://d.scribd.com/ScribdViewer.swf?document_id=14771943&access_key=key-qbcmerdxby32qw1vkbn&page=1&version=1&viewMode=

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0345498623&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0345498623&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

*KindleとiPhoneのStanzaでも限定期間中、無料でダウンロードできます。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中