Silent in the Graveのロマンスに決着がつく第3巻-Silence on the Moore

Deanna Raybourn
2009年3月
歴史ミステリー/ロマンス(でもハーレークイン式のロマンスではありません)

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0778326144&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0778326144&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS1=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

BrisbaneはヨークシャーGrimsgraveにある旧家の館を買い取り、改装を助けるというJuliaの姉Portiaの申し出を受け入れるがJuliaは連れてくるなと強調する。その後、Portiaの訪問すら断るBrisbaneの手紙が届き、彼の精神状態を案じたJuliaたちはヨークシャーに向かう。


Juliaらがヨークシャーの館に着いてみると、館の元持ち主のLady Allenbyと娘2人がBrisbaneと同居していた。無一文になっても旧家Allenbyの誇りを捨てない長女のAilithは、Brisbaneとの過去の関係をほのめかしてJuliaを動揺させる。
ジプシーの血が混じるBrisbaneとAllenby一家との過去にはそれよりも重大な過去の秘密があるのだが、Juliaはそれを知らない。Allenby家の死んだ長男が残したエジプトの古美術を記録していたJuliaが偶然双子のミイラを発見した直後、何者かがBrisbaneの命を狙う。

嵐が丘を連想させる暗いヨークシャーのMoor(荒地)を舞台に、旧家の秘密とジプシーの呪いがからみ、階級が異なるために成就不可能なJuliaとBrisbaneのロマンスもクライマックスを迎える(ネタばれになるから結末は秘密)。それには一応の決着がつくが、Lady Julia Grayシリーズは今後も続く予定である。

●ここが魅力
今回はAllenby家の秘密からBrisbaneの過去が明らかになり、ジプシーの呪いも絡んだ謎が興味深いミステリーです。2巻まではゆっくり進行していたJuliaとBrisbaneのロマンスが急速に山場を迎えます。アクションあり、ロマンスあり、となかなか盛りだくさんの第三巻です。

内容の読者評価は非常に良いのですが、表紙は大悪評です。そもそもこのシリーズに惚れ込んだのはミステリーファン。「ひどい。内容と合っていない。恥ずかしくて外で読めない」という苦情が続出。だいたい、ヴィクトリア時代にこんな服は存在しませんangry。出版社は、ファンタジーのPoison Studyも上梓しているハーレークインの子会社Miraで、最近はミステリーでもファンタジーでもハーレークイン式の表紙にすることで読者層を広げようとしているようです。作者のRaybournも嫌がっているみたいですが、出版社の意向ですから仕方ありません。内容も、完璧にミステリーの第1巻に比べるとロマンスが前面に押し出されてきていて、出版社のコントロールを感じます。ゆえに、ミステリーファンとしては今後が少々心配です。

生粋のロマンス本ファンには物足りないと思いますが、オースティン的なロマンスファンにはほどよいロマンスです。

●読みやすさ ★★★☆☆
最初のSilent in the Graveに比べると文章がずいぶん現代的になり、読みやすくなっています。でも、ビクトリア時代の慣わしや当時の表現を使った会話は慣れていない人にはわかりにくいでしょうから、★★と★★★の中間です。すでに2巻を読み終えた方でしたら状況を把握しているので簡単に読めるでしょう。

●アダルト度 ★★☆☆☆
キス程度。ロマンスでもそれ以上の表現はなんとなく匂わせるだけで奥ゆかしいものです。

●この本に興味を持った方はこちらからどうぞ……
Silent in the Grave

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中