子供の驚きと笑いを描ききった最高の詩集-Where the Sidewalk Ends

Shel Silverstein
1963年初版
イラストつき詩集/保育園程度から小学校高学年向け+子供の世界を懐かしむ大人

「子供向けの詩集でもっとも好きな作品は?」とたずねられたら迷ってしまいますが、「子供向けの詩を書いた最も好きな詩人は?」とたずねられたら、迷わずにShel Silverstein答えます。最初の答えで迷うのは、Silversteinの作品はどれも傑作でひとつだけ選ぶのはほぼ不可能だからです。でも、1冊だけ買って試したい方には、Where the Sidewalk Endsをおすすめします。

Shel Silversteinの詩との出会いは、娘の4歳の誕生日のプレゼントに同級生の両親から贈られたA Giraffe and a Halfでした。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0060256559&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

それはこんな風な詩です(プロダクト説明からの引用なので途中まで)。

If you had a giraffe
and he stretched another half …
you would have a giraffe and a half.

And if you glued a rose
to the tip of his nose …

And … if he put on a shoe
and then stepped in some glue …

And if he used a chair
to comb his hair …

ペンで描いただけの白黒の奇妙なイラストとナンセンスに思える詩に、4歳の娘は何度読んでも笑い転げました。私も娘に読み聞かせているうちにじわじわとその可笑しさがわかってきて、気づいたら2人ともShel中毒になっていました。

Shel Silversteinは、幼いころ「なぜなんだろう?」と大人の世界に疑問を覚えたことや言葉のあやを間違って解釈したことなどを面白く可笑しくイラストと詩にしています。大人になった私たちはそんなことをすっかり忘れてしまっていますが、彼の詩を読んで、「そういえば、変だよね」と思い出させてくれ、心の底から笑わせてくれます。

Falling Upの中の次の作品は解釈の必要なく素直に笑えます。

Falling_up0002

●読みやすさ ★★★★☆
とっても簡単なものから解釈が難しい詩までレベルはいろいろ。
最初わからなくても、イラストを眺めながら何度も読むうちにだんだんわかってきます。
読めば読むほど(するめのように)味が出てくる詩集です。

●この本が気に入った方は、さらにShel Silversteinを!

The Giving Tree
コントラバーシャルな、そして歴史に残る傑作。

http://rcm.amazon.com/e/cm?t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&asins=0060586753&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&asins=0060256656&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=FFFFFF&bg1=FFFFFF&f=ifr&npa=1

Silverstein自身が読んでいるという73年のオリジナルを見つけました。みるたびに涙がでちゃいます….ちょっと音質が悪いのですが、それを差し引いても良いビデオです

その他のSilversteinの本

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

子供の驚きと笑いを描ききった最高の詩集-Where the Sidewalk Ends」への2件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中