The Hunger Gamesのエキサイティングな第二巻ーCatching Fire

400ページ
Suzanne Collins
Scholastic Press
2009 年9月1日発売予定
SF・ファンタジー/YA(ヤングアダルト)

The Hunger Gamesを読んでいない方はあらすじを飛ばしてください
(あらすじ-反転しています)
前回の悲劇の恋人を演じることで奇跡的に生き延びたKatnissとPeetaだが、Capitolにとってはそれは反逆のシンボルだった。Capitolに敵視されていることを知るKatnissとPeetaは家族たちを守るために恋人の演技を続けることを選んだが、既にほかの地方(districts)では謀反の動きが起こりつつあった。謀反に参加することよりも自分と家族が生き延びることだけを考えていたKatnissだが、Capitolは謀反を押さえるために歴史上異例のHunger gamesを企画してシンボル化しているKatnissを排除することを企む。このHunger gamesはこれまでに増して残酷なものだったが、そこにはKatnissすら知らない秘密の動きがあった。

●ここが魅力!
ともかくYA(ヤングアダルト)ものとして扱うのはもったいないファンタジーです。
第1巻のHunger Gamesもすごいと思いましたが、第2巻のCatching Fireもそれに負けない作品です。
オーウェルの1984, ローリーのThe Giver, といったクラシックなSFを連想させるテーマですが、それに加えて鋭い現代風刺があり、しかも手に汗を握る展開です。
Katniss, Peeta, Galeのロマンスも、他のYAに出てくるロマンスとは異なり、この三部作が扱う社会問題や人間性といったテーマに深く関わっています。

今年5月のBook Expo AmericaでAdvanced Readers’ Copy(ARC)を入手して喜んでいたのですが、「ええええ〜っ!」という場面で「次回に続く」となり、娘に「他の人よりも次の本を待つ時間が長くなっちゃったじゃないの!」と責められました。まあ、それほど面白いということです。まだThe Hunger Games を読んでいない方はぜひそこからはじめてください。

●読みやすさ ★★★☆☆
YAですから大人用の本よりも難しい単語が少なく、読みやすいです。400ページというと分厚く感じますが、フォントが大きいので200ページ程度の大人用の本と同じくらいです。読むのが速い人であれば1日以内に読み切ることができます。

●アダルト度 ★★★☆☆
YAの(ロマンスが含まれている)本の中では性的表現はキス程度まででごく少ないほうですが、人が殺し合うというバイオレンスの点で★の数が多くなっています。テーマを理解しないとただバイオレンスになってしまうので、中学生以上がおすすめです。

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

The Hunger Gamesのエキサイティングな第二巻ーCatching Fire」への3件のフィードバック

  1. はじめまして。
    “Catching Fire”を検索していてこちらに辿り着きました。
    恐る恐る読み始めた“Hunger Games”ですが、
    疑問がたくさん残り続編を求めた次第です。
    これはもう第3作を読まずにはいられません。
    “Graceling”もつい最近読み終わりました。
    YAファンタジーが好きなので、何か面白いものがないか
    探しております。
    “Siver”に興味を惹かれました。
    またおもしろそうな作品を求めてお邪魔いたします。

    いいね

  2. きゃろるさん、こんにちは。
    YAファンタジーがお好きとのこと。
    お好きな作品からは私と趣味が似ているようですね[E:happy01]
    実はもうじきGracelingの続編ではなく、関連作品のFireが発売されます。私は5月にAdvanced Readers’ Copyを入手して読みましたので、近いうちにご紹介するつもりです。
    けっこう気に入った作品です。
    他にも、10月2日発売のYAファンタジー、The Maze Runnerなど山積みにしたままのARCがありますので、異なる分野の作品を挟んでぼちぼち読んでゆこうと思います。
    これからもどうぞよろしくお願いいたします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中