あなたの読書人生の原点は?

最近francoise iwaki(@francoiseiwaki)さんからTwitterで「Little Women->Jane Eyre->Wuthering Heightsが私の読書人生の原点かもしれません」というメッセージをいただき、「そういえば私の読書人生の原点は何なのだろう?」と自問したところけっこう悩んでしまいました。

ボケが得意な私のこと、きっとまた後で「その前にあれがあった」と思い出すにちがいないのですが、とりあえず今のところ鮮明にイメージが浮かぶのが、「秘密の花園」、「小公女」、「アルプスの少女ハイジ」、「十二月物語(森は生きている)」、「ロビンソン・クルーソー」、「トム・ソーヤー」などです。

「秘密の花園」では死にかけているはずのColinの食欲が増して花園の秘密がばれないように外の即席オーブンで卵やポテトをローストするシーン、「アルプスの少女ハイジ」ではチーズとヤギのミルクでのランチ、そしてお土産にするためにせっせとためこんだ白パンのことが記憶に焼き付いていて、後に初めてベークドポテトにバターと塩をふりかけて食べたときやスイスでチーズを食べたときに、「ああ、これが例の食べ物なのだ」とおおいに感動しました。それから「ロビンソン・クルーソー」でぶどうをレーズンにすることを学び、あの頃の種入りぶどうの種を庭に植えてみたり干したりしてみたのも覚えています。 そうそう、それから「小公女」での圧巻は、飢えて眠り込んで目覚めたときにサンドイッチやスープ、マフィンが夢のように現れていたシーンですよね。
…あれれ?なんだか私の鮮明なイメージはどれも食べ物(胃)に直結しているみたい。

食べ物ばかりじゃなくて、秘密や冒険(ワンダー)に満ちたこれらの物語は私たち三姉妹にとって「ごっこ」遊びの材料でした。雑草ぼうぼうの裏庭は空想の中で簡単に「秘密の花園」になりますし、中身を放り出して空っぽにした押し入れの上の段はツリーハウスや屋根裏部屋として使えます。それに、モノも場所も使わずにイメージだけで「ごっこ」遊びをする(寝る前のおしゃべり)のも私たち姉妹の得意技でした。 秘密の花園、ジェイン・エア 、シャーロック・ホームズなどの影響を受けたせいか謎めいた英国の古い屋敷にもあこがれ、「大きくなったら百の部屋がある屋敷に住んで秘密の迷路を作り、この屋敷で壮大な『かくれんぼ』をする」というのが私の夢でした。大人になって「百も部屋があったら掃除が大変だ」と気を変えましたが…

スイスが舞台のハイジやロシアの十二月物語を別として、こういう本のおかげで私は変な英国ファンに育ってしまったのかもしれません(そういえば若草物語や赤毛のアンも好きだったのに、米国やカナダファンに育たなかったのは不思議ですね)

でも、娘に The Secret Garden,   A Little Princess, Heidi, Anne of Green Gables
を小学生のときに買ってやったのに、全然読んでくれないのですよ!
もったいないから自分で読み直しましたところ、昔の懐かしい思い出がよみがえるだけでなく、新たに理解できたところがあり、想像したよりも楽しめました。
娘にウケなかったのは、「未知の世界に憧れる」ような環境で育っていないからかもしれません。恵まれた環境はかえって想像力には良くないのかなぁ。

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=006440188X
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=006440188X

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=1593080115
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=1593080115

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0141321121
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0141321121

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0451528646
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0451528646

http://rcm.amazon.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yofaclja-20&o=1&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=10FE9736YVPPT7A0FBG2&asins=0553609416
http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=0553153277

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4001140721

 

これらのクラシックは子供用ですし、あらすじを知っているから英語でも読みやすいと思います(特にAnne of Green Gablesの英語は読みやすいです)。
ぜひぜひお試しください。

多くのクラシック作品はすでに著作権が消滅していますから、Onlineで無料で読むことができます。
以下のサイトなどをご利用ください。

Project Gutenberg

Scribd

読書人生には関係ないのですが、小学生のころわが家にあったこの本(の過去の版)にはまって学校帰りによく道草(ほんとうに道草)し、なかなか家にたどり着けなかったのを思い出しました。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&npa=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=yukariscott-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4832604007

渡辺由佳里 Yukari Watanabe Scott についてhttp://youshofanclub.comエッセイスト、洋書レビュアー、翻訳家、マーケティング・ストラテジー会社共同経営者。兵庫県生まれ。 助産師としてキャリアをスタート。日本語学校のコーディネーター、外資系企業のプロダクトマネージャーなどを経て、 1995年よりアメリカに移住。 2001年に小説『ノーティアーズ』で小説新潮長篇新人賞受賞。翌年『神たちの誤算』(共に 新潮社刊)を発表。他の著書に『ゆるく、自由に、そして有意義に』(朝日出版社)、 『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)など。 最新刊『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社) ニューズウィーク日本版とケイクスで連載。 翻訳には、糸井重里氏監修の訳書『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社)、『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)など。 連載 Cakes(ケイクス)|ニューズウィーク 日本版 洋書を紹介するブログ『洋書ファンクラブ』主催者 Author, translator, and English book reviewer for Japan Market. Author of "500 best books written in English" for the Japanese market. English book reviewer for Newsweek Japan. Amazon.co.jp Top 500 reviewer.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中